Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なでしこリーグ公式サイトのスペシャルトーク

なでしこリーグ公式サイトのスペシャルトークは、オールスター関連でした。(リーグ公式サイト
オールスターの縁日(屋台村)に協力いただいた、北区産業振興課の横尾氏のインタビューでした。
PRブースで選手が売り子をしていたことには驚かれていたようです。選手とファンの距離が近いのも女子サッカーの魅力の一つだと思います。
縁日は、本当の縁日やお祭りのように老若男女誰でも楽しめる催しだったと思います。
私も思いっきり楽しみさせていただきました。

週間サッカーダイジェストになでしこリーグの記事
本日発売の週間サッカーダイジェストに「07年なでしこリーグレポート」が載っていました。
タイトルは「TASAKIの躍進と女王の苦戦」で、ライターの江橋よしのり氏の文です。
今シーズンのペルーレの躍進とその要因、INACの活躍、ベレーザや浦和の出遅れの原因などが書かれていました。
サッカー雑誌にペルーレの記事

現在発売中の、サッカー雑誌「サッカーJ+ 7月号」にTASAKIペルーレの記事が載っています。
連載の”なでしこぱらだいす”のコーナーで紹介されています。カラー見開き2ページです。
仲井監督がチームに加わってからを中心に書かれています。なかなか興味深い内容でもあります。
ひたちなかでのベレーザ戦のサポータの写真が載っていて、私もちぃ~さく端っこに写ってたりします。が、「ぼ~っとせず応援しろっ!」って突っ込まないで下さいね。(笑)

2002World.comの記事
サッカー応援サイトの2002World.comに第8節のレポートがアップされていました。
打ち合いを制した岡山湯郷、開幕戦の借りを返す。(2002World.com)
レポートを読むと、INACの調子がくだり気味で、湯郷が上り調子のように書かれていました。
INACに関しては、外国籍選手が出場しておらず、逆に湯郷は新戦力の外国籍選手が決勝点を挙げました。
INACのゴンサルベス選手は、ブラジル代表に呼ばれていたんですね。
このまま、ブラジル代表で活躍してW杯に出場となると、W杯の楽しみが一つ増えます。
NHKのドキュメントスポーツ大陸
NHKのドキュメント「スポーツ大陸」に女子日本代表が取り上げられます。

ドキュメントスポーツ大陸 7月7日(土)23:10~ BS1
女の意地をこのひと蹴りに ~女子サッカー日本代表~(NHK公式サイト

北京五輪を目指す合宿から韓国戦を中心に取材されているようです。普段、TVに取り上げられることの少ない女子サッカーなので、こういうところから注目されるといいですね。放送が楽しみです。
この番組は、スポーツを中心に団体や個人を取り上げているドキュメンタリー番組です。私も、よく見ています。
2002World.comに第6節のレポート
サッカー応援サイト、2002World.comに先の第6節、日テレ・ベレーザvsTASAKIペルーレのレポートがアップされていました。
TASAKI独走。日テレも撃破し、開幕6連勝。(2002World.com)
このゲーム、両チームの監督とも”気持ち”の面を強調されていたようです。
確かに、今までのペルーレだったら、ベレーザに同点に追いつかれた時点でばたばたしてしまうようなところがあったと思いますが、今思うと、このゲームでは、勝つんだという気持ちが良く出ていたように思います。ゲームレポートでも書きましたが、ベレーザも、らしくないプレーが多く、松田監督は気持ちの面を強調されていました。
このゲームは、勝ちたいという気持ちの強かったチームに、勝利の女神(ゴールポストやクロスバー)が微笑んだのだと思います。
Road to Beijing

サッカー応援サイト2002World.comにおいて、なでしこリーグサポータによるリレーコラムが掲載されています。

Road to Beijing: あの日の感動をふたたび。いざ国立へ!
Road to Beijing: 消えぬように、消さぬように。
Road to Beijing: 選手の想いをスタジアムで
Road to Beijing: 女の子は女子サッカーの夢を見るか
Road to Beijing: それぞれの仕事

Road to Beijing: その先にあるもの
Road to Beijing: 未知の世界に触れて

いつもなでしこリーグで応援している各チームのサポータがそれぞれの思いをつづっています。気持ちのこもった内容ですので、是非とも一読いただければと思います。
また、6月3日に向けて、サポータを中心に3万人プロジェクトも行われています。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。(日韓戦3万人プロジェクト

実は、6月3日の国立へ行くことができません。本当に残念なんですが、幸いにもスカパーに入っているので、TBSチャンネルにて生でTVの前で声援を送りたいと思います。

2002World.comのW杯プレーオフの記事
サッカー応援サイト2002World.comで続いていた、西森氏による日本女子代表のW杯プレーオフ、アウェーでの戦いのレポートがようやく終わりました。

標高2,600mの戦い ~その1
標高2,600mの戦い ~その2
標高2,600mの戦い ~その3
標高2,600mの戦い ~その4
標高2,600mの戦い ~その5
標高2,600mの戦い ~その6

なかなか長い連載でしたが、次はいつだろうと思いながら楽しみにしていました。
いよいよ次は、五輪予選ですね。と言うわけで、今、2002World.comでは、女子サッカーのサポータによる連載コラムがつづられています。熱い思いが伝わってくると思いますのでぜひご覧下さい。
プレーオフ関連ではないのですが、FIFAが極端な高地での国際試合を禁止することを発表したそうです。(スポナビ
となると、ひょっとして、このW杯プレーオフが極端な高地での最後の国際試合なのかもしれません。(あくまで勝手な想像です)
FMラジオで川上さんのインタビュー
今日、JFN系列のFM局(FM東京やFM大阪、kissFMなど)のコーナーで、川上直子選手のインタビューが放送されました。7:10からの「リポビタンD SPORTS Nonfiction」で、女子サッカーの魅力や今後の課題などをお話されていました。
地道(本当に地味)ですが、このような活動を積み上げることによって女子サッカーに目を向けてもらえるといいですね。

ちなみに、このコーナーは、メジャースポーツから超々マイナースポーツまでいろいろなスポーツシーンを取り上げている番組で、いつも車通勤の車中で聞いています。昨年の、なでしこリーグ開幕前には、田口総務主事もこのコーナーに出ています。
2002World.comの記事

サッカー応援サイト2002World.comになでしこリーグ第2節のレポートがアップされていました。

驚きはピッチ上に、スタンドに。(2002World.com)

アルビレックス新潟Lと日テレ・ベレーザ戦のレポートです。
新潟のゲームプランがものの見事にはまったゲームのようでした。INAC戦で敗れたようにベレーザは、今シーズンはなかなか波に乗れないようです。

J’sサッカー Vol.3
本日発売の、J’sサッカー Vol.3に、不肖わたくしめのインタビュー記事が掲載されました。小さい扱いなので、探してください。
なでしこスーパーカップのときに取材を受けていました。(観戦記に書いていました件です)
2002World.comの記事

2002World.comに、なでしこリーグ第1節の記事がアップされていました。

浦和と新潟、それぞれが手にしたもの
足りないピースは勝者のメンタリティ

西森彰氏による浦和×新潟と湯郷×INACのレポートです。
新潟の中島選手のゴールパフォーマンスは、バック宙ではなくバック転なんですが...
INACは、開幕3連戦をいいサッカーが出来ていたようです。次節のベレーザ戦が非常に楽しみです。

週間サッカーダイジェストの記事

本日発売の週間サッカーダイジェストに女子サッカー関連の記事が載っていました。
連載の倶楽部訪問で、浦和レッドダイヤモンズレディースがピックアップされていました。
カラー3面のレポートで今シーズンに懸ける意気込みなどが書かれていました。
もう一つ、なでしこ特別対談として、ベレーザの荒川恵理子選手と昨年引退した川上直子さんの対談記事が載っていました。カラー3ページ
あと、川上さんがなでしこリーグの注目選手を挙げられていました。ただ、ピックアップされた選手は、「うんそうだろうな」と言う感じの選手でした。もう少し違った目線でのピックアップがあっても面白かったかもしれません。

なでしこリーグ 第1節の記事

スポーツナビに、なでしこリーグ第1節の結果がアップされています。

ベレーザ、浦和が好スタート(スポーツナビ
FC高槻が大勝、マリーゼは思わぬ苦戦(スポーツナビ

ベレーザは、荒川選手が4得点の大爆発だったようです。浦和相手に1点を取った新潟の中島選手は例のバック転のパフォーマンスで観客の度肝を抜いたようでした。
ベレーザが大原び1点取られています。どんなとられ方かは分かりませんが、ちょっと気になりました。
Div2では、高槻が大勝しています。熊本は本当に大丈夫なんでしょうか。マリーゼは、ゴール前に引篭もった清水相手に辛うじて勝利したようです。

週間サッカーダイジェストになでしこリーグの記事
本日発売の、週間サッカーダイジェストになでしこリーグの記事が載っていました。

モックなでしこリーグ2007Div1プレビュー「女王の牙城を崩せるか」 文:西森彰氏

内容は、リーグの展望ですが、W杯や五輪予選の影響や各チームの選手の入れ替わりによる影響などが書かれていました。レッズの補強は当然大きく扱われていますが、ペルーレでは田中明日菜に注目されていました。
各チームの状況をすべてコメントしされていますが、私がBlogで書きたいなと思ったことも書いて居たりしていました。(今後同じようなことが書いていてもパクったいわないで下さいね(笑))

ちなみに、なでしこスーパーカップの記事はありませんでした。もう一つちなみに、サッカーマガジンは女子サッカーの記事も無かったようです。(立ち読みですが)
五輪予選タイ戦 TV放送なし
北京五輪アジア最終予選のアウェー・タイ戦のTV放送は無いようです(JFA)
う~ん、これは残念ですね。でも、これが女子サッカーがおかれた現実だと思います。
仕方ないですね、どこかのサイトでリアル速報かなんかやってないか探してみますか。
五輪予選 第1戦 ベトナム戦のTV放送
4月7日に行われる、日本女子代表の五輪予選初戦、対ベトナム戦のTV放送の予定を見つけました。
TBSチャンネル(CS放送)
地上波ではなかったので、またTV放送無しかと思っていたのですが、CS放送でやるようです。
放送を見られる人は少ないと思いますが、とりあえずは全く無いよりいいです。
W杯プレーオフは全く見られなかったので、今回はスカパー入っていて良かったです。
週間サッカーダイジェストに日本女子代表の記事
本日発売の、週間サッカーダイジェストに、西森氏のレポート「なでしこジャパンの現在地」が載っていました。
内容は、女子サッカーを普段から見ている人なら思っているような内容になっていると思います。
アジアカップでW杯切符を取ることができなかったのは、采配の問題であると明言しています。(まっ、いまさら言ってもしょうがないですけどね)
次は、北京五輪予選が待っています。チームの成熟と共に、更なるステップアップにも期待したいと思います。
プレーオフ第1戦の記事

3月10日のプレーオフ第1戦の記事が、週間サッカーダイジェストとサッカーマガジンに載っていました。まぁ、載っていて当然だとは思いますが、扱いがやっぱり違います。
サッカーダイジェスト:白黒3ページ+カラー1ページ(コラム)
サッカーマガジン:カラー2ページ

サッカー応援サイト2002World.comにもレポートがアップされていました。
神風、吹く。日本、最低限のノルマを果たす。
確かに、後半にクロスバーに当たったメキシコのシュートは、放たれた瞬間「やられた!」と思ってしまいました。確かに風に乗った分クロスバーにあったように思えます。本当に、風も、ホームアドバンテージでした。

プレーオフ間近 なでしこジャパンの情報
いろいろな、ところでなでしこジャパンの情報が出ていますが、J’s GOALでは、合宿のレポートとフォトが載っています。

大橋監督コメント
選手コメント1

選手コメント2
日々野真理さんのレポート1
日々野真理さんのレポート2

日々野真理さんのレポート3

澤選手も代表合宿に合流したようです。

サッカー応援サイト2002World.comでは、前回のプレーオフを振り返ってののコラムがアップされています。
あの状況でアウェーの第1戦を2対2で凌げたことが大きかった
海抜2,200メートルの高地、7万人を超える大観衆・・・アウェーの洗礼が待っていた。
前編、中編となっていたので後編もあると思います。
この頃は、私は女子サッカーに見向きもしていない頃でした。プレーオフを勝ち抜いて出場したW杯本選でのアルゼンチン戦をTV観戦して、ハットトリックを達成した大谷選手にハートを奪われてしまいました。


週間サカダイとサカマガになでしこジャパンの記事

今週発売の、週間サッカーダイジェストとサッカーマガジンになでしこジャパンのレポート記事が載っていました。プレーオフが近づいていることを実感します。
サカダイは、レポートと福元選手と宮間選手の記事、そして、選手名鑑が載っていました。
一方の、サカマガは、川上直子氏のレポート記事のみでした。
いつも思うのですが、サカダイのほうが女子サッカーに力が入っているように思えます。
私は、サカダイ派です。

リーグオフィシャルサイトのコラム
なでしこリーグオフィシャルサイトのコラムが更新されています。
荒川選手のコラムですが...
高槻は、珍しく準備中でないなと思っていたら、いきなり移籍してきた加藤選手が担当していました。
プレーオフに向けてなでしこジャパン合宿
ワールドカップ出場へ、なでしこジャパンが再始動(JFA

日本女子代表の合宿が、28日から始まっています。澤選手は、怪我調整のため遅れて合流のようです。
国立決戦まであと1週間です。選手の皆さんは万全の準備をして欲しいと思います。
08年、米で女子サッカープロリーグ再開

アメリカで女子サッカーのプロリーグが再開されるようです。

08年米で女子サッカープロリーグ再開(ニッカン

澤選手は、また、アメリカでプレーするのでしょうか?
その他の選手で海を渡る選手が出てくるのでしょうか?

2002World.comの全日本女子ユース選手権の記事

サッカー応援サイト2002World.comに全日本女子ユースサッカー選手権の記事が出揃いました。

神村学園、日テレ・メニーナをPKで降し、前年度の雪辱を果たす。
夏の借りは冬に返す。常盤木学園も藤枝順心をPKで破る。
久々の載冠。常盤木学園、第10回全日本女子ユースを制す。

年末年始はサッカー大会目白押しで、このサイトも大変だったようです。やっと、女子ユース大会の記事が出揃いました。
優勝した常盤木学園の與山このみ選手は、アルビレックス新潟への入団が決まっています。なでしこリーグでの活躍を期待したいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。