Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第13節 TASAKIペルーレFCvs日テレ・ベレーザ

なでしこリーグ Div1 第13節
TASAKIペルーレFC 0×6 日テレ・ベレーザ    
得点者:大野忍(20分、89分)永里優季(43分、89分)伊藤香菜子(57分)澤穂希(62分)
場所:ホームズスタジアム神戸 KO 13:00
天候:曇 微風

ペルーレにとって、今シーズン最初で最後のベレーザとのホームでの戦いは、ピッチもすばらしく整備されたホームズスタジアム神戸で行われました。
ペルーレの先発は、阪口選手がはずれて右SHに清原選手、左SHに大石選手が入る布陣で臨みます。
対するベレーザは、荒川選手がW杯で負った怪我ではずれてはいるものの、日本代表選手がずらりと並ぶほとんどベストメンバーで臨みます。
立ち上りからベレーザが玉際に厳しく中盤でボールを奪って早い攻撃を仕掛ける展開になります。
ベレーザは、中盤からのパスで再三DFの裏へFWは抜け出ますが、ペルーレのGK佐々木選手の判断の良い飛び出しで何度となくピンチを救います。
ペルーレは、中盤からなかなかゲームを組み立てられない状況が続きます。
11分に、ベレーザは、小林選手が遠目からロングシュートを放ちますがこれはクロスバーに当たってゴールになりませんでした。ベレーザの選手が遠目からどんどんシュートを撃ってくるのでペルーレGK佐々木選手も安易に前へ出ることが出来ません。
18分にペルーレは中盤で前を向いた山本選手から絶妙のスルーパスが大谷選手に渡り、強烈なシュートを放ちますがGK松林選手がよく弾いてゴールを割らせません。
20分にベレーザはコーナーキックのチャンスからこぼれ玉を酒井選手が遠目のシュートを放ちます、GK佐々木選手が何とか弾きますがそこに大野選手が詰めていてゴールを陥れます。GOOOOOOOAL!ベレーザが先制します。
24分にベレーザの右サイド近賀選手からのクロスにファーサイドで待っていた永里選手がシュートを放ちますが、これはGK佐々木選手が好セーブで防ぎます。
29分にベレーザは、フリーキックからのこぼれ玉のシュートをゴール前で頭でコースかえる絶妙のシュートを放ちますがゴールポストに弾かれます。混戦で誰のヘディンかは分かりませんでした。
43分にベレーザは、中盤でボールを奪った大野選手がドリブルで持ち込み永里選手へ絶妙のパスを出して、ボールを受けた永里選手が切り替えしからシュートを放つとボールがゴールマウス右へ飛び込みます。GOOOOOOOAL!前半終了間際に貴重な追加点を挙げます。
ペルーレは中盤でボールを奪われるシーンが目立ちます。ベレーザのこのゲームにかける意気込みも感じられます。
後半頭から、ペルーレは、清原選手に代えて阪口選手を投入し、中盤での落ち着きどころを作ります。
後半立ち上がりはペルーレが攻める場面も見られましたが、55分にあったプレーでゲームの趨勢が決してしまいました。
55分に、DFの裏へ抜けた澤選手と飛び出してきたGK佐々木選手がペナルティエリア内で接触し、澤選手が転倒しボールはゴールマウスをはずれます。しかし、このプレーにホイッスルが鳴り、高橋主審がポケットからイエローカードを出しかけます。イエローならシュミレーションかなと思ったのですが、そのイエローカードを引っ込めてレッドカードが提示されます。GKの佐々木選手が得点機会阻止で一発レッドカードで退場になります。反対側のゴール前での出来事だったので遠くてよく見えませんでしたが微妙なプレーだったような気がします。GK佐々木選手が退場となり、急遽、サブGKの齋田選手が大石選手との交代で投入されます。齋田選手にとっては出場してすぐさまPKというなんともいえない状況でのリーグ戦デビューとなってしまいました。
これで得たPKをベレーザは、伊藤選手が慎重に決めます。GOOOOOOOAL!これでゲームを趨勢が決してしまったような感じになります。いきなりPKのGK齋田選手も同じ方向に反応していましたが届きませんでした。
一人少なくなったペルーレは、ボランチを一人にして中盤3人のフォーメーションで戦いますがベレーザの攻勢は衰えません。
そんな中、62分に何気ないゴールキックをGK齋田選手がミスキックしてしまい、それを拾った澤選手が難なくゴールを決めます。GOOOOOOOAL!とうとう4点目が入ってしまいます。
73分にペルーレは鈴木選手に代えて坂井選手を投入します。
しかしベレーザの攻撃は緩まず、立て続けにチャンスを作ります。ペルーレも何とか持ちこたえて反撃に出ようとしますが人数が少ない分前線での枚数が足りません。
ベレーザは、77分に豊田選手OUT→須藤選手IN、83分に伊藤選手OUT→四方選手IN、88分に小林選手OUT→井関選手と次々に交代カードを切ってゲームを決めにかかります。
そしてロスタイムに、大野選手永里選手が立て続けのゴールを奪ってゲームを終わらせます。
今日は、ベレーザの選手達のこのゲームに絶対負けられないという強い思いが出ていたような気がします。
ここまでやられたのでペルーレの選手達はすっきりと切り替えて欲しいと思います。まだ勝点3のアドバンテージがあります。次節から気を取り直して再び勝ち続けて欲しいと思います。
齋田選手には思いもかけない状況でのデビューとなってしまいましたが、次節は佐々木選手が出場停止になるので、GKは齋田選手のみとなりますのでしっかりと準備して欲しいと思います。(阪口選手もGKをできますが...)今日の齋田選手の出場で、今シーズンの新加入選手全員がリーグ戦出場を果たしたことになります。
とにかく今日のことはすっきり忘れましょう!次です次!アウェー厳しい新潟へ乗り込んで勝つぞ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■りんさんへ、玉井さんへ
中盤での選手の動きの違いが歴然だったと思います。
ここは、しっかり建て直しが必要だと思います。
2007/10/15(月) 22:34:24 | URL | はっしー #-[ 編集]
中盤中央部が笊っすかね
2007/10/15(月) 17:51:22 | URL | 玉井 #-[ 編集]
残念なゲームでしたね。トップへのパスの正確性、中盤の集散でベレーザに上回られたからかなあ。佐々木選手はフェアにセービングにいってたのでないでしょうか。ペナルティエリア内であるし、あえて赤をださねばならない状況ではなく、試合が壊れてしまったかと思います。
2007/10/14(日) 23:40:40 | URL | りん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。