Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第12節 TASAKIペルーレFCvs浦和レッズレディース
なでしこリーグ Div1 第12節
TASAKIペルーレFC 1×1 浦和レッズレディース    
得点者:鈴木智子(52分)堀田えり子(60分)
場所:三木総合防災公園陸上競技場 KO 11:30
天候:雨 弱風

朝から雨が降り続きピッチも非常にスリッピーな状態の中、ペルーレが風上を取って浦和のキックオフでゲームが始まりました。
ペルーレは、開幕戦と同じメンバー・ポジションでゲームに挑みます。浦和は、柳田選手をボランチの位置に入れて、高橋選手とのWボランチを形成、安藤選手を右サイドに入れて、窪田選手と北本選手の2トップで挑みます。
立ち上りから浦和が左サイドを中心に攻め込みます。開始早々に左サイドからのクロスに北本選手が飛び込みヘディングでネットを揺らしますがこれはオフサイドでした。
ペルーレも、3分にファーストシュートを山本選手が遠目の距離から撃ちますが力なくGKがキャッチします。
15分過ぎまでは両チームとも遠目の位置からのシュートで決定的なチャンスが作れません。浦和は、とにかく左サイドから攻め込みます。裏を返すと、浦和の右サイドの安藤選手、土橋選手が、ペルーレの左サイドの清原選手と佐野選手に自由にさせてもらえなかったということなのかもしれません。
17分に、浦和は、北本選手が遠目の位置からシュートを放つと、これがゴール枠を捉えていてGK佐々木選手が辛うじてはじき出します。これで得たコーナーキックで北本選手がヘディングシュートを放ちますがこれはゴールの左にはずれます。
22分にペルーレが左サイド遠目からのフリーキックをゴール前に上げると、混戦になりこぼれ玉を阪口選手がオーバーヘッドでシュートを放ちますが惜しくもゴール枠を捉えられませんでした。阪口選手が魅せてくれました。
27分にペルーレがDFの裏へボールを出しますが、これはDFの田代選手が抑えて何事も起こらないかな、と思われたところ、ペナルティエリア内で滑って転んで詰めていた山本選手にボールを奪われ、山本選手が阪口選手にボールを戻し、阪口選手がGKの飛び出しを見て無人のゴールへロングシュートを放ちます。しかし、惜しくもゴール枠に飛びませんでした。前半唯一のビッグチャンスだったような気がします。
その直後の28分に浦和が右コーナーキックを得ますが、これはGK佐々木選手がパンチで逃れます。38分にも浦和の右コーナーキックから、こぼれ玉を高橋選手が遠目からシュートを放ちますが、GKががっちりキャッチします。
42分に、ペルーレは左サイド奥深くでフリーキックを得て、山本選手がゴール前に上げると阪口選手が頭で合わせます。しかし、これもゴール枠に飛びませんでした。
程なくして前半終了のホイッスルが鳴ります。前半は、両チームとも中盤でしのぎあい、ゴール前ではFWに仕事をさせない守りで締まったゲームになります。浦和の選手がピッチに足をを取られる場面が何回かみられましたが、雨の中ピッチコンディションが刻一刻と変わっているようです。
後半になると雨も小降りになりはじめます。後半立ち上がりはペルーレが攻勢に出ます。
51分にペルーレの鈴木選手がDFと競り合いながらシュートを放ちますがGK正面でした。
続く52分に、ペルーレが右コーナーキックのチャンスを得ます。阪口選手がコーナーキックを入れますが、浦和DFに弾かれますが、これを拾ったペルーレが再びゴール前に入れると、中央で受けた下小鶴選手が左サイドへ流すとそれを受けた山本選手がファーサイドにボールをあげます。そこに鈴木選手が飛び込んでヘディングシュートを放ちます。ボールは左ポストに当たって跳ね返りDFがクリアします。しかし、副審がゼスチャーでゴールをアピールします。鈴木選手の執念のゴールで先制点を挙げます。
反撃に出たい浦和は、56分に松田選手に代えて堀田選手を投入します。この采配があたります。
60分に浦和は、封じ込められていた右サイドを安藤選手が突破してクロスを入れると、DFと競り合いながら飛び込んできた堀田選手が合わせてゴールネットを揺らします。GOOOOOOOAL!浦和はドンピシャの采配ですぐさま同点に追いつきます。
ここからゲームが動き、両チームとも当たりが激しくなってきます。
70分に浦和は、遠目の位置で得たフリーキックを高橋選手がゴール前に入れるとこれが混戦になりこぼれ玉を拾った北本選手が強烈なシュートを放ちますが、これはGK佐々木選手が横っ飛びの好セーブでゴールマウスを守ります。
75分に浦和は西口選手に代えて岩倉選手を投入しサイドを活性化します。
ペルーレは、77分に鈴木選手に代えて坂井選手を投入し前線を活性化します。
84分には、ペルーレは清原選手に代えて澤田選手を入れます。澤田選手はリーグ戦デビューとなります。
両チームとも、中盤でボールホルダーに襲い掛かり相手に攻撃の形をなかなか作らせない戦いになり、決め手を欠いたままタイムアップのホイッスルが鳴ります。
ペルーレの開幕からの連勝が11で止まった瞬間でしたが、連勝が止まったという気持ちより、良いゲームだったなと言う気持ちが強かったと思います。
これでペルーレの連勝は止まりましたが、強豪浦和に勝点3を与えなかったことは大きかったと思います。
次節は、ベレーザとの天王山になります。会場もホームズスタジアム神戸です。良いゲームを期待したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■ゆうきさんへ
確かにレポートを良く見ると阪口選手の名前が良く出ていますね。気が付きませんでした。
次節は、阪口選手は10代最後のゲームになりますね。(ベレーザ戦の翌日に20歳の誕生日です)
2007/10/10(水) 00:09:02 | URL | はっしー #-[ 編集]
雨の中お疲れさまでしたね。連勝ストップは残念ですが、ぐっさん(阪口選手)なかなかのいい活躍の様子だったようで。
次はベレーザ戦ですか。次も大変ですね。
2007/10/08(月) 23:20:00 | URL | ゆうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。