Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lリーグ 第21節(最終節) 結果

Lリーグ(L1) 第20節(最終節) 結果
浦和レッズレディース 0×0 日テレベレーザ
東京電力マリーゼ   3×0 宝塚バニーズ
岡山湯郷ベル     1×8 TASAKIペルーレ
伊賀FCくノ一    0×0 スペレランツァFC高槻


最終節、奇跡のドラマが生まれました!詳しくは後ほど
浦和は最終節に前年度女王の意地を見せました。ベレーザとスコアレスドローと健闘しました。そして、浦和と熾烈な4位争いを演じていたマリーゼがバニーズを下して、逆転で4位になりました。くノ一は、高槻を相手にスコアレスドローで、得点力が少し気になります。そして、湯郷ベルと対戦したペルーレは、怒涛のゴールラッシュで、今シーズン最多得点となる8点を挙げました。後ほどゲームレポートを書き込みます。

☆順位表(2005シーズン最終順位)☆
             勝点
1.日テレベレーザ    57
2.TASAKIペルーレ 51
3.伊賀FCくノ一    39
4.東京電力マリーゼ   34
5.浦和レッズレディース 33
6.岡山湯郷ベル     15
7.スペランツァFC高槻 10
8.宝塚バニーズ      4

優勝のベレーザは3年ぶりの優勝となります。バニーズは、来シーズンL2で戦うこととなりました。今シーズン、チーム移管の2チームは明暗を分けました。優勝からBクラスへ転落した浦和、そして、見事にAクラスを確保したマリーゼは、地元の後押しもあり上位陣を苦しめたりして、来シーズンは注目です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。