Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第6節 日テレ・ベレーザvsTASAKIペルーレ

なでしこリーグ Div1 第6節
日テレ・ベレーザ 2×3 TASAKIペルーレFC  
得点者:佐野弘子(7分)、永里優季(17分)、大谷未央(54分)、荒川恵理子(55分)、阪口夢穂(63分)
場所:ひたちなか総合運動公園陸上競技場 KO 13:00
天候:晴 やや強風


快晴ながらさほど暑くなく日陰に入るとバックスタンドからメインスタンドに向けてやや強く吹く風が心地よく感じる気候の中、ペルーレのキックオフでゲームが開始されます。
ベレーザは、GK小野寺選手、DFラインは、右から近賀選手、岩清水選手、豊田選手、中地選手と並びます。中盤に酒井選手と伊藤選手、トップ下に澤選手、スリートップに永里選手、大野選手、荒川選手が入ります。永里選手が左に、荒川選手が右にワイドに開いてウイングのようなポジションをとります。
対するペルーレは、開幕戦以来不動だった先発メンバーを変えてきて、清原選手に代わって大石選手が今シーズン初先発します。ポジションはそのまま左SHに入ります。
立ち上がりは、ペルーレが前からプレスをかけて、積極的に攻撃を仕掛けます。2分にペルーレの大石選手がペナルティエリアの少し外からファーストシュートを放ちますが、ゴールの枠を捕らえられません。しかし、このゲームへの意気込みを感じられました。
6分にペルーレは、鈴木選手のポストプレーで落として大谷選手がシュートを放ち、そのこぼれ玉を拾った白鳥選手がシュートを放ちますが、DFに当ってゴールラインをわりコーナーキックを得ます。
7分、そのコーナーキックを山本選手がショートコーナーで佐野選手に渡し、ペナルティエリア付近の左45度から佐野選手が思い切り良くシュートを放つと、ボールはそのままゴールマウスに飛び込みます。立ち上がりから積極的に攻めていたペルーレが先制点を挙げます。
先制してゲームを少し落ち着かせたいペルーレでしたが、ベレーザがそうはさせず、ワイドに張った両FWを起点に攻撃を仕掛けます。
17分、ベレーザは、右サイドをかけ上がった近賀選手がゴール前にクロスを入れますが、そこにはベレーザの選手が居ず、DFのクリアかと思われましたが、GKと一瞬見合うかたちになってしまい、その隙を逃さなかった永里選手がDFともつれながらシュートを放つとボールがゴールに転がり込みます。GOOOOOOOAL!相手のミスを逃さなかったベレーザが同点に追いつきます。
その後は、ベレーザがどんどん攻撃を仕掛けます。
22分にベレーザは右コーナーキックのチャンスを得て、伊藤選手がゴール前に挙げたボールを澤選手がヘディングするとボールがゴールへ向かいます。これをラインを超えるぎりぎりのところで佐野選手がクリアします。佐野選手のビッグプレーで逆転を阻止します。
24分に続けてベレーザがコーナーキックを得て、こぼれ玉を岩清水選手がシュートしますがゴールの上へ大きくはずれます。
27分には、ベレーザ得意のゴール前の細かいパスワークから、左サイドのフリーの永里選手に渡ります。永里選手が余裕を持ってシュートを放ちましたが、これは、GK佐々木選手がスーパーセーブではじき出します。見事なセービングでした。これで得たコーナーキックのこぼれ玉を澤選手がシュートを放ちますが、これはゴールの上へ大きくはずれます。
28分にもベレーザが決定的なチャンスを得ます。右サイドを抜けた近賀選手がフリーでシュートを放ちますが、これはゴールポストに当たり外に出ます。ペルーレは、ポストに救われます。
ベレーザの荒川選手が右サイドで突破をはかりますが、そこは、佐野選手が良く頑張って決定的なチャンスを作らせません。ペルーレは高い位置から守備をして、最後の一線で踏ん張って同点のままハーフタイムを迎えます。ベレーザは、最後のシュートの精度を欠いて逆転することが出来ませんでした。
後半は、立ち上りからペルーレが積極的に出ます。
54分に、ペルーレは阪口選手のスルーパスに反応して右サイドを突破した大谷選手がシュートを放ちます。GK小野寺選手が辛うじて弾きますが、こぼれ玉を大谷選手が再びシュートを放ち、ゴールネット天井へ突き刺します。大谷選手のさすがのゴールで、再びリードします。
しかし、その直後の55分、ベレーザの荒川選手が右サイドをドリブルで仕掛けて、前半良く頑張っていたDF佐野選手を振り切りシュートを放つと、ボールがゴールに左へ突き刺さります。GOOOOOOOAL!荒川選手の個人技による意地のゴールですぐさま追いつきます。
58分にベレーザは、ゴール前にボールを挙げると、裏へ抜けていた澤選手がフリーで受けます。GKと1対1かとヒヤッとしましたが、ここは澤選手のトラップミスに助けられてGK佐々木選手が抑えます。
59分にペルーレが1枚目の交代を使い、大石選手に代わって清原選手を投入します。大石選手は、本職のFWではなくSHの位置でよく頑張ったと思います。しかし、その直後の60分に、ベレーザは、右サイドでボールを受けた近賀選手が狙いすましてシュートを放ちますが、これはクロスバーを叩いてゴールなりませんでした。ペルーレは、これで2回バーに助けられます。
ペルーレも反撃に出て、61分に阪口選手から右サイドの甲斐選手に出て、右サイドを深くえぐった甲斐選手からグラウンダーのクロスが入ると、ニアにDFを連れて飛び込んできた大谷選手がスルーすると後ろに居た清原選手がDFともつれながらシュートを放ちますが、これは、惜しくもゴール右へはずれます。しかし、甲斐選手が右サイドを突破すると何かが起こる予感がします。
そして、63分にペルーレがコーナーキックのチャンスを得ます。山本選手がショートコーナーで清原選手へ渡し、清原選手がバックパスをするとDFラインから甲斐選手が駆け上がり、ゴール前へアーリークロスを入れると、上がっていた下小鶴選手がヘッドで落とし、最後は阪口選手がゴールへ突き刺します。阪口選手の値千金のゴールでペルーレが勝ち越します。阪口選手は、昨年のベレーザ戦のバースデーゴールに続き、今年もベレーザ戦でゴールを挙げてくれました。
1点ビハインドのベレーザは、攻撃をどんどん仕掛けてきます。70分にベレーザは、右サイドから細かいパスワークでまわし、最後は大野選手がシュートを放ちますが、ゴール左へはずれます。その直後に、左サイドの中地選手に代わって宇津木選手が投入され、サイドの活性化を図ります。
76分に、ペルーレは、前線から守備で頑張っていた大谷選手に代わって坂井選手を投入します。
その直後の77分に、ベレーザは混戦からのこぼれ玉を、伊藤選手がシュートを放ちますが、またまたクロスバーを叩きます。ペルーレは、これで3度バーに救われます。
86分に、ペルーレは、鈴木選手に代わって田中選手を投入し逃げ切りを図ります。ペルーレは、ゴール前に守備のブロックを作って最後の一線でゴールを死守します。ロスタイムには、ペルーレがカウンターで田中選手が持ち込み坂井選手とのワンツーで抜けてシュートを放ちますが、うまくヒットせずゴールをはずれます。本当は、この時間帯では、時間を使いにコーナーへドリブルするのですが、ここは、若さゆえということで多めにみてあげましょう。
そして、ロスタイムの2分、ベレーザの猛攻をしのぎペルーレが勝利のホイッスルを聞きます。
全体的に、ベレーザ選手のシュートやパスに精度(精彩)を欠いていたように見えました。やはり、日本代表戦の疲れがあったのでしょうか。
ペルーレは、スローインが相手選手に渡ってしまったときに、磯崎選手が最後尾からFWの坂井選手へ大きな声で指示を出したり、交代で入ってきた田中選手に、キャプテンの山本選手が肩に手をかけて話しかけたりとか、チーム全体がまとまっていたように思います。おそらくこれが、快進撃の要因かなと思います。


ペルーレは、浦和、ベレーザと撃破して開幕からの連勝を6へ伸ばし、快進撃が続いています。次の新潟戦で一回りしますが、こうなったら第1クール全勝で行ってしまいましょう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■六甲びとさんへ
前夜は、新横浜のスタジアムでナイトゲームを観戦しての前泊遠征でした。
ひたちなかは行って良かったですが、やっぱり、まだまだ守備陣の安定感が必要ですね。でも、ベレーザ相手に打ち勝つあたりは、なかなかたくましいものを見たような気がします。
2007/06/18(月) 23:28:16 | URL | はっしー #-[ 編集]
■玉井真吾さんへ
DFラインの安定感は、まだまだといった感じはありますね。
2007/06/18(月) 23:23:38 | URL | はっしー #-[ 編集]
■まことさんへ
ペルーレは、楽な勝ち方は無いのですが、気が付けば6連勝といった感じです。まだまだ、安定感が必要な感じです。
ちなみに、私はJのチームは横浜FCを応援しているのでまことさん以上に悲喜交々です(笑)
2007/06/18(月) 23:21:47 | URL | はっしー #-[ 編集]
ひたちなか遠征っすかぁ?
うわっ!
はっしーさん、ひたちなかへ遠征されていたんですかぁ?
すばらしい。
うらやましい。

いやぁ、苦しい得点経過、試合内容にも、かかわらず、
ほんまよく全勝を守っていますよね。
これは、「今年は、優勝しなさい」と言われているような
もんです。
このまんま、いっちゃいましょ~!!
2007/06/18(月) 22:18:51 | URL | 六甲びと #-[ 編集]
んー苦言
現実的に見ても失点数が示すように堅守・堅実さとは言えませんな!やられるなと思ったときにやられるという相変わらず守備網に穴が開く感はいかんともしがたい。なんでだろう?この辺が下小鶴選手の代表落ちにつながってるのはご覧の皆様もご存知の通り・・・・あえて苦言を呈させていただきました。
2007/06/18(月) 12:30:44 | URL | 玉井真吾 #nLnvUwLc[ 編集]
最高です
佐野・大谷選手の活躍で、アウェイ戦・ペレーザからの勝点3ーおめでとうございます、今期、華やかさは感じなかったので不安だったけど、堅守・堅実さと
運も味方しての快進撃、嬉しい限りです、私が応援するJ1-VF甲府は16位(降格圏)、ペルーレはダントツー悲喜交々です
2007/06/18(月) 10:31:20 | URL | まことさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。