Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日韓戦レビュー
昨日行われた、北京五輪女子サッカーアジア最終予選の宇都宮徹壱氏のコラムがスポナビにアップされていました。

アジアと戦い、世界を想う(スポナビ)

選手のコメントを見ると、世界を意識して戦っているのだと思います。磯崎選手は、世界選抜でゲームをしているので余計に感じるところがあるのでしょう。
僭越ながら、私の印象ですが、パスが面白い様に通ってみていて面白かったと思います。
ただ、先発メンバーを見て、やっぱりサイドバックが..と感じました。右SBは、最近先発の座を奪い取った近賀選手でしたが、左SBは今日は柳田選手が入っていました。大橋監督は相手によってSBを使い分けるつもりでしょうか。確かに今日は攻撃的にいけると思えば、柳田選手は適任だと思います。しかし、元々中盤の前目の選手です、失点シーンを見ると守備の面で少し不安になります。そして、相変わらず、自チームでSBをやってない選手をSBで使っていることも気になります。昨日のゲーム、ベンチも含めて自チームでSBをやっているのは、近賀選手だけでした。その近賀選手も、元々中盤の選手で、代表でSBをやるようになってからベレーザでもSBをやるようになりました。代表でずっとSBだった矢野選手も浦和ではCBをやっています。大橋監督にすると、なでしこリーグでSBをやっている選手では物足りないのでしょうか...素人が偉そうなことを言ってしまってすみませんでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。