Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第3節 TASAKIペルーレvs岡山湯郷ベル

なでしこリーグ Div1 第3節
TASAKIペルーレFC 3×1 岡山湯郷ベル  
得点者:加戸由佳(32分)、大谷未央(44分)、坂井優紀(61分)、山本絵美(67分)
場所:神戸ユニバー記念競技場 KO 13:00
天候:雨 微風


前2節とは打って変わって五月雨そぼ降る神戸ユニバでした。ゲーム前の練習を見ていると、まだピッチに水が浮くというところまでいってなく、どちらかと言うとスリッピーなピッチ状態でした。そんな中、13:00にペルーレのキックオフでゲームが開始されました。
ペルーレは、前2節と同様の布陣でゲームに臨みます。対する湯郷は、GKに日本代表・福元選手、ディフェンスは3バックで左から、杉山選手、城地選手、INACから新加入の保手濱選手の3人、ボランチの位置に松田選手と中野選手という新加入コンビ、右サイドに田端選手、左サイドに安田選手、トップ下に日本代表・宮間選手、ツートップに加戸選手と中田選手という布陣で臨みます。
立ち上がりから、湯郷は、いつもの宮間選手を起点としたサッカーではなく、雨を意識してか、前方へ放り込み裏を取るか加戸選手のポストプレーで前線でためを作るような戦法で主導権を握ります。
そんな湯郷は、3分、前方への長いパスを受けて右サイドを突破した中田選手がシュートを放ちますが、これはGK佐々木選手ががっちりキャッチします。
ペルーレは、8分にパス一本で抜け出た阪口選手がDFと競り合いながらシュートを放ちますがこれはGK福元選手が片手一本で好セーブを見せます。
19分に湯郷が決定的なチャンスを掴みます。右サイドのスローインからセンタリングがあがり、最後は加戸選手がヘディングシュートを放つと、ボールはクロスバーを叩いて跳ね返ります。ペルーレは、クロスバーに救われます。
ゴールキックや、クリアボールなどを湯郷が拾って攻撃を仕掛ける時間帯が続きペルーレにとっては耐える時間が続きます。
そんなペルーレは、相手陣内でフリーキックを得て、早いリスタートを仕掛けて、山本選手のアーリークロスに鈴木選手が頭で合わせますがこれはゴールの右へはずれます。
31分に、湯郷は中盤でボールを持った宮間選手がドリブルで仕掛け、ゴール前で磯崎選手に倒されてフリーキックを得ます。このプレーで磯崎選手にイエローカードが出ます。そして、ここで当然、宮間選手がフリーキックを蹴ります。息を呑んで見守りますが、宮間選手のフリーキックはゴールの上へはずれます。ペルーレサポがほっとしたのもつかの間、32分に中盤の宮間選手からのスルーパスを右サイドで受けた田端選手が深くえぐってクロスを入れると、ファーサイドで加戸選手が高い打点のヘディングでゴールへ叩き込みます。GOOOOOOOAL!湯郷が、先制点を挙げます。
その後は、ペルーレも反撃に転じます。40分に山本選手のスルーパスに抜けた大谷選手がマイナスの折り返しを入れるとそこにDFと競り合って鈴木選手が飛び込みます。決定的なチャンス!と思われましたが、シュートはゴール枠をとらえられませんでした。
このまま前半終了かと思われたロスタイム、左サイドに回っていた阪口選手がスルーパスを出すと裏へ抜けた山本選手がフリーで深くえぐり、ゴール前で清原選手が二アサイドに走りこみDFをつり出して空いたスペースにマイナスのクロスを入れるとそこに大谷選手が飛び込みダイレクトでシュートを放ちます。ボールが鮮やかにゴールネットの雨粒を弾きます。大谷選手の2試合連続ゴールでペルーレは前半のうちに追いつきます。そして、程なくして前半終了のホイッスルが鳴ります。
ペルーレにとっては、前半で追いつけてよかった展開でした。湯郷にとっては、リードして折り返したかっただけに痛恨の失点でした。
ただ、前半のペルーレは両SBの上がりを封じられなかなか前節までのようなサイドからの攻撃がなかなか機能しませんでした。
前半に比べ雨足が強くなってきた後半は、湯郷のキックオフで開始されます。
ハーフタイムで、ペルーレは、鈴木選手に代わり田頭選手が投入されます。今日は、早い時間での投入になった田頭選手の活躍(噂のキャノンシュート)に期待したいところです。後半開始すぐの49分に湯郷は、保手濱選手が接触プレーで故障し赤井選手と変わります。ベンチメンバーに余裕の無い湯郷にとっては痛い交代枠だったと思います。
この頃から雨足が強くなり、土砂降りになってきます。ピッチにも水溜りが浮き出し、特にバックスタンド側中央あたりではボールが止まってしまうようになってきました。
そんな厳しい状況の中、60分に清原選手に代わり前節デビューを果たした坂井選手が投入され、FWの位置ではなく右サイドに入ります。その直後の61分、左サイドで山本選手が粘って出したパスを阪口選手が受けて中央へセンタリングをあげます、そこにDFの間を抜けて坂井選手が飛び込んできて胸トラップしてボレーシュートを放ちます。放たれたボールは、豪快にゴールネットへ突き刺さります。坂井選手が投入されてからのファーストタッチでリーグ戦初ゴールを決めました!いやぁ、びっくりしました。なんと強運を持っている選手でしょうか。
このゴールで勢いに乗ってきたペルーレは、67分、左サイドでドリブルで仕掛けた大谷選手がゴール近くで倒されフリーキックを得ます。このフリーキックを山本選手が蹴ります。山本選手の右足から放たれたボールは、見事な弾道を描いてゴールへ突き刺さります。山本選手の今シーズン初ゴールは得意のフリーキックから生まれました。今年も華麗なフリーキックを見せてくれそうです。視察に訪れていた大橋浩司代表監督は見ていてくれたでしょうか。
その後は、水溜りがそこかしこに出来始めたピッチにボールコントロールがうまく行かない場面が見受けられ、両チームとも思うように攻撃が出来ません。その後は、決定的なチャンスがほとんど無く、87分にペルーレは、大谷選手に変えて田中選手を投入します。そして、ロスタイム2分が経過しゲームセットのホイッスルが鳴ります。
両チームとも豪雨の中懸命に戦い本当に大変だったと思います。両チーム選手に拍手送りたいと思います。
ペルーレは、今日は何といっても坂井選手の初ゴールに尽きるでしょう!次節も期待しましょう!後輩に先を越された田頭選手も負けじとゴールを狙ってください!


これでペルーレは、開幕GW3連戦を3連勝を飾りました。とにかく、浦和と戦うまでは負けずに行きたいところです。


※本当は、ゲーム当日にゲームレポートをアップするところですが、所用により今日になってしまいました。お許しください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。