Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】忍びの里レディーストーナメント 第3日

少し遅くなりましたが、忍びの里レディーストーナメント最終日の観戦記を書きたいと思います。
第1試合は、9:30からという、早い時間の開始だったので大変でしたが早起きをしていきました。
観戦した順番に感想を書きます
☆名古屋FC×三重選抜(前半)
サポータ仲間がいたり、くノ一サポが三重選抜を応援していたりしたのでまずは、このゲームを観ることにしました。
三重選抜が、選抜チームと言うことで連携がなかなかとれずに攻撃を組み立てることができないようでした。そんな中で、気になった選手が居ました。三重選抜で背番号10を背負っていた松岡唯香選手です。身長は154cmと大きくないのですが、テクニックがあってトップ下で攻撃を組み立てていました。選抜チームで、所属がどこかが分からないのが残念です。
☆バニーズ京都×藤枝順心高校(後半)
前半終了時点で1-0でバニーズがリードしていました。しかし、後半だけを見ると、互角の勝負で、バニーズが相手に合わせてしまっているような感じでした。そんな中、藤枝順心は、後半17分にコーナーキックの混戦から同点ゴール。そして31分に同じくコーナーキックから逆転ゴールを挙げます。後が無くなったバニーズは、後半ロスタイムにフリーキックから同点に追いつき何とかPK戦に持ち込みます。PK戦ではバニーズは勝利を挙げましたが、なんともすっきりしないゲームだったと思います。
このゲームで、昨年の全日本女子選手権で注目していた、藤枝順心高校の#6長澤まどか選手が左サイドハーフで出場していました。相変わらず小気味の良いドリブルでバニーズのディフェンス陣を慌てさせていました。ただ、ハーフウェイあたりからペナルティエリア付近までドリブルで突き進んでラストパスの精度が悪く相手にカウンターを喰らったときは、監督から叱られていました。長澤選手がんばんれ!
☆吉備国際大学×神奈川大学(前半)
第1試合終了後、サポータ仲間と話をするために野球場の方へ移動しそのまま、大学生同士のゲームを観戦しました。
昨日に続き、吉備国の#33杉本恵理選手に注目してゲームを観ていましたが、その杉本選手を起点に吉備国が先制点を挙げました。(すみません最後のゴールが誰だったのかが定かではありません)その時、近くで観戦していた湯郷ベルの関係者(だと思います)の「スギエリと○○(選手名)の藤枝順心ホットラインだな」という声が聞こえました。岡山ではすでに「スギエリ」で有名なんですね。
☆神村学園高校×福岡アンクラス(後半)
前半終了時点で1-0で神村学園がリードしていました。後半のゲーム内容は、福岡がボールを支配して攻めるも神村のDFにあいなかなかゴールを割れないばかりか、神村のカウンター攻撃を喰らって立て続けに2失点してしまいます。福岡は、1点返しますが、そのあと神村が1点とって最終的には、4-1で神村学園が勝利を収めました。
このゲームでは、神村が高い位置からプレスをかけてボールを奪うと、サイドを使った素早い攻撃で相手ゴールを脅かすというゲーム運びをしていました。そんな中で、#7山根ひかり選手に注目しました。トップ下で、ボールを受けると、力強いドリブルで突破をはかったり、左右にボールを散らして攻撃を組み立てるなど、司令塔の役割を果たしていました。今後も機会があれば注目したい選手です。

と、ここまででずいぶん長くなってしまいましたので、決勝戦はまたエントリーします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。