Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006 リーグ総括 TASAKIペルーレ編 その2

TASAKIペルーレのリーグ戦の記録から2006年シーズンを振り返ります。
2回目の今回は得点・アシストの記録をまとめてみました。

得点ランキング
1.大谷未央  15点
2.阪口夢穂   4点
3.山本絵美   3点
  大石沙弥香  3点
5.新甫まどか  2点
6.河上恵美子  1点
  白鳥綾    1点
  鈴木智子   1点
  オウンゴール 1点

エースストライカーの大谷選手が全31ゴール中15ゴールと約半数を取っています。開幕から6試合連続ゴールがあったりとかさすがのエースですね。
2位は、ルーキーの阪口選手です。すべてのゴールは9節以降に挙げています。
ペルーレ自体が昨年に比べゴール数が減少しているので、昨年13ゴール挙げている山本選手や、14ゴールを挙げている鈴木選手は激減しています

アシストランキング
1.山本絵美   4
2.大谷未央   3
3.甲斐潤子   2
  鈴木智子   2
  阪口夢穂   2
6.中岡麻衣子  1
  下小鶴綾   1
  大石沙弥香  1
  清原万里江  1
  佐野弘子   1
  新甫まどか  1

アシストの考え方がいろいろあるのであくまで、私の基準でアシスト数を集計しました。
山本選手は昨年に続いてアシスト1位でした。昨年に比べ、得点数が少ないので当然アシスト数も減っています。
甲斐選手と佐野選手の両サイドバックはもっとあるのかなと思ったのですが、おそらく全女の印象が強く残っているような気がします。

数字を挙げてみて、あらためて今年の得点数が少なかったことを実感しました

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。