FC2ブログ
Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
【観戦記】全日本女子サッカー選手権決勝戦 岡山湯郷ベルvsTASAKIペルーレ
昨年同様、大晦日の夜出発の夜行バスで東京へ移動しました。
バスで品川に到着後浜松町へ移動し、芝大神宮へ必勝祈願にお参りしてから、国立競技場へ向かいました。
地下鉄大江戸線の国立競技場駅到着し、地上へ出ると、居るわ居るわ赤と黒の人々...
この風景は昨年も見ているので今年は落ち着いてこの行列を見やりながらアウェー側の代々木門方面へ向かいました。
代々木門へ向かっている途中に、湯郷ベルサポータの方とお会いして、新年のご挨拶とお互いの健闘を誓い合いましたが、聞くところによるとホームゴール裏への突入を試みるとのこと、その直後、大会運営のスタッフと話をされていましたが、心配しつつも代々木門へ向かいました。
さぁ、行列に加わってガンバサポとお話でもしようかと思っていたところ「行列がない!」スタジアムの外には行列はなく、代々木門の観客導入路にこじんまりとした塊があるのみでした。昨年の清水エスパルスの行列に比べると少ないものでした。ペルーレのサポータ仲間もすぐに見つかり合流したためガンバサポとお話しすることはありませんでした。
9:30に開門されて、入場をしましたが、事前にガンバサポータグループと話しができていて昨年と近い場所を空けていただきました。この後も書きますが、ガンバサポには感謝いたします。
今年は、アウェー側ゴール裏は、半分だけガンバサポエリアになっており、後はすべてレッズサポ用のようでした。昨年のように、女子サッカーのサポータをアウェー側の一角に収容するような対応はありませんでしたが、今年のJFAの対応は昨年以上に厳しいものでした。これは、改めてエントリーしたいと思います。
で、場内を見渡して気になったのは、ホームゴール裏へ突入した湯郷サポの姿が見当たりません。心配になっていたら、選手のウォームアップの時にホームゴール裏バックスタンド側上段から湯郷コールが起こってきました。これはすごいことです。大挙して入場しているレッズサポの中、よくエリアを確保できたものだと思います。湯郷サポの頑張りには敬意を表したいと思います。
選手のウォームアップ時に、ペルーレコールや選手名のコールをしましたが、この時ガンバサポータから手拍子をしていただき昨年と少し違った雰囲気を味わいました。ペルーレサポも相談して、複雑なチャント(応援歌)はやらずに、手拍子を合わせもらいやすいチャントをやっていこうと言う相談もしました。(実は別の理由もありましたがこれは内緒にしておきます)
試合が始まってもゲームに集中している観客は少なく全体的にざわついた雰囲気の中でゲームは進みます。途中で、湯郷サポのチャントに合わせてレッズサポの手拍子も入ったりして、湯郷サポのホーム側強行突入も功を奏したようでした。
ゲーム内容は昨日のゲームレポートで書きましたので割愛します。
ゲーム後の表彰式ですが、本当は、ペルーレの表彰のときに感動すべきところですが、湯郷ベルの表彰のときに感慨深いものを感じました。これは何かなと自問自答してみましたが、ここ4年間、決勝戦に進出したチームは現在の3強と呼ばれる、ベレーザ・ペルーレ・浦和の3チームのみです。そう考えると、新しいチームが決勝の舞台を経験したことが今後の女子サッカーの発展につながるとうれしいなと言う気持ちだったと思います。
ペルーレの選手達は昨年の悔し涙を、今年は笑顔に変えて表彰式にのぞみ、表彰式後にサポータのところまで報告に来てくれました。本当にみんな嬉しそうな笑顔でした。たぶん、うれし涙は準決勝で流してきたのでしょう。そういう私も、準決勝に勝った後はあれだけ感涙にくれていたのですが、決勝戦に勝った後は感涙ではなく嬉しさのこみ上げる笑顔になっていました。
表彰式が終わると、ペルーレサポは、ガンバサポのために場所を明け渡しました。その時、ペルーレサポからガンバサポへお礼の挨拶をしたのですが、大きな拍手をいただいて「おめでとう」の言葉をそこらここらでかけていただきました。そして、場所を引き払うときに、ガンバサポの中スタンドの階段を上がっていったのですが、両側から「おめでとう」と声をかけていただき握手をしていただいた方もいらっしゃいました。勝って花道をひきあげるお相撲さんの気分でした。改めてガンバサポータの皆さんにお礼を申し上げたいと思います。
場所を引き上げ後は、男子天皇杯の決勝に見向きもせずに国立競技場を後にしました。

今年の元日は、充実感あふれる新年でした。選手の皆さんに改めてお祝いと感謝をしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
■怒菌ちゃんさんへ
決勝戦の運営だけは考えて欲しいですね。
2007/01/03(水) 21:50:46 | URL | はっしー #-[ 編集]
JFAやえらいさんに怒り心頭
今年のJFAの対応は昨年以上に厳しいものでした。ってか?どいいうことや?JFAは?ガンバサポと事前に話がついてるじゃねーよ!結局また隅においやられてんの!なんで天皇杯決勝の前座に全女の決勝を持つてきたのかわからんが、TV放映が有る訳じゃないだろ、協会は馬鹿ばっかや!今後Lのサポが一致団結して正式に川渕キャプテン当たりに上申書(講義文)を送るなりすべきでは?それと湯郷とか公式に応援ツアーと組んでたみたいだが、ペルーレはだめだろうな(涙)個人の所有物やから・・・JFAやえらいさんは、サポこけにしまくりや・・怒り心頭・・すんません
2007/01/03(水) 18:39:13 | URL | 怒菌ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック