Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】第14節(2006.10.15)西が丘サッカー場

今回の観戦記は、ベレーザvsペルーレのゲーム内容についてもう少し書きたいと思います。

ゲーム前のペルーレの円陣でのシーンですが、普通なら、気合を入れて掛け声をかけるところ、キャプテン磯崎選手の言葉で、なぜか、選手の間に笑顔がこぼれていました。なんか雰囲気いいぞって思っていましたが、ゲーム前から気負うことなくのぞまたことが良かったのでしょうか。さすが磯崎キャプテンです。
ゲーム内容は、前後半通じて「攻めるベレーザ、守るペルーレ」という構図を皆さん想像していたし、実際そのように見えました。しかし、記録を見ると少し違ったようでした。
シュート数は、ベレーザが前半8本で後半4本、対するペルーレが前半2本で後半7本でした。コーナーキックは、ベレーザが前半7本、後半にいたっては0本、対するペルーレは、前半0本で後半4本でした。後半は、ペルーレが多くのチャンスをつくりシュートを放っていたことがうかがえます。
直接フリーキックの数が、ベレーザの3本に対し、ペルーレが14本で、いかに、ベレーザのファールが多かったということです。
で、ゲーム展開では、ペルーレの4バックのDF陣が辛抱強く守って、最後の一線を守ったという感じでした。第7節のゲームや、元旦の天皇杯の決勝戦などは、DFのミスにより得点を許し、そのままずるずるといってしまういう展開でした。それを思うと、ペルーレにとっては、守備から入っていって、前半の猛攻をしのいだことが勝因だったのではないかと思います。
両チームとも4バックシステをとっていて、両サイドバックのマッチアップは見ごたえがありました。また、高いラインコントロールでコンパクトな展開でした。
また、中盤では、澤選手と阪口選手の10番対決や、ペルーレの代表センターバックとベレーザの代表ツートップのマッチアップも見ごたえがありました。これは、ペルーレのセンターバックコンビが、見事に押さえ込みました。
ペルーレの阪口選手が1ゴール1アシストの活躍ですが、記録上、大谷選手も1ゴール1アシストを挙げています。
そして、ペルーレのGK佐々木選手の落ち着き。本当に19歳のルーキーなのかと思わせました。

何にしても、今回のようなゲームが、ペルーレの勝ちパターンだと思います。
今年から採用したシステムが実を結んで、「ベレーザに勝てるチーム」に進化してきました。
あとは、この力をコンスタントに出せるようにして、プレーオフで奇跡を起こして欲しいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■六甲びとさんへ
今、ベレーザに勝てるチームはペルーレしかいないのですかねぇ。
五色では、是非とも関西での勝利を見たいですね。
2006/10/17(火) 22:13:58 | URL | はっしー #-[ 編集]
■にんにんさんへ
いやいや、これは気の持ち様ですわ(笑)
私は、マリーゼと引き分けた後、次節のくノ一戦からゲーフラを変えたのですが、それ以降全勝です!熊谷へも持っていくっきゃないですね(笑)
2006/10/17(火) 22:08:52 | URL | はっしー #-[ 編集]
いやぁ、ベレーザに勝利した2試合とも見逃してしまっていますよ、
私。
後悔、先に立たずってやつですな。

で、プレーオフ。
ちょっと~!!
浦和戦、熊谷だってよ~っ!

遠っ!
便悪っ!!

でも、ベレーザ戦は、ホームみたいっすね(^^)
今度こそ、目の前でのベレーザ撃破を見たいもの。
2006/10/17(火) 13:52:05 | URL | 六甲びと #pylemRtg[ 編集]
私が観戦すると
DF陣がずるずる...のような気が...
だからきっと観戦に行かないほうがいいのね(T_T)
くっきーさんと逆だわ(トホホ)
2006/10/16(月) 23:06:10 | URL | にんにん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。