Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFC女子アジアカップ2006 5日目

AFC女子アジアカップ2006 第5日目結果
チャイニーズタイペイ 1×11 日本
ヴェトナム 0×2 中国

日本代表は大勝をかざりました。しかし、また何とも11点とは...調整にもならないのではと思ってしまいます。ただ、1失点が気になりますが、これは、また映像で確認したいと思います。と言っても、まだ先の話ですが(笑)
中国も勝ったことにより、日本と中国が準決勝進出が決まりました。

【公式記録】
チャイニーズタイペイ 1×11日本
チャイニーズタイペイ:I.L.HSIEH(35分)
日本:大野(9分)、永里(29分、33分、46分、71分、92分+)、澤(38分、80分)、阪口(48分、89分)、柳田(68分)
日本メンバー
GK 福元
DF 磯崎、下小鶴、矢野(74分→四方)、安藤
MF 酒井(62分→中岡)、柳田、澤、宮間(46分→阪口)、大野
FW 永里

永里選手は5点ですか...いやぁ、すごいですね。澤選手も2得点、そして、そして、前のゲームでA代表デビュー2ゴールを成し遂げた阪口選手がまた2得点です。豪快な勝ち方をしましたが、少し気になることが...素人の戯言としてきいてください。
気になったのは、1失点のことではありません。私はてっきり、ターンオーバーを使ってくると思っていたのですが、大きくメンバーをいじることなく第2戦を戦いました。大橋監督が、あくまで準決勝にピークを持っていく戦いをしていくのでれば、逆算してターンオーバーを使って、選手を休ませるだけでなく、出番の少ない選手に経験を積む場を作ってもよいのでないかと思います。それと...いや、言いたいことはまだありますが、ここは、代表が勝ち進むことだけを信じて声援を送ることにします。
次の中国戦は、怪我することなく乗り切って、そして、準決勝で最高のパフォーマンスを見せて欲しいと思います。
がんばれ!なでしこジャパン!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■TAMAさんへ
ターンオーバーの件ですが、ひょっとすると、中国戦で主力を休ませて、流すなどという大胆な作戦だとすると、大橋監督を尊敬します!
2006/07/22(土) 21:58:35 | URL | はっしー #-[ 編集]
自分もターンオーバーを使わなかったことは気になってました。コンディションもそうですし、タイペイ戦での楽勝感覚で中国に臨んで痛い目にあって、それを引きづったまま準決勝に。。なんてことにならないよう祈ってます。
2006/07/22(土) 00:02:48 | URL | TAMA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 永里優季選手曰く、「あの瞬間はとりあえずシュートだと思って。入るか入らないかはわからなかったけど、『シュート』という意識だけであの選択になりました」とのことです。その一方、「シュートだけがFWの役目じゃない」と主張した挙げ句、クロアチア戦のゴール前フリ
2006/07/22(土) 22:04:14 | 関東佐藤組
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。