Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍びの里レディーストーナメント 2日目

今日も、伊賀上野へ行ってきました。
例のごとく、朝早い第1試合はパスして第2試合から観戦しました。
まずは、競技場で行われた、吉備国際大vsバニーズ京都戦を観戦しました。
バニーズ京都SC 3×0 吉備国際大
今シーズン、ペルーレから移籍した薬師寺選手が先発出場して、先制ゴールを挙げる活躍をしました。一応、格の違いを見せてバニーズが勝利をおさめました。
このゲームですが、なんと、TASAKIペルーレの選手(代表&学生選抜組を除く)が観戦に訪れていました。先着のサポ仲間に聞いたところ第1試合のFC高槻戦も観戦していたそうです。そりゃそうですよね、開幕戦の相手はFC高槻ですからね。でも、今大会の高槻はちょっと精細を欠いているかな、と言う雰囲気です。今日の順位決定トーナメントでDiv2の福岡にも負けてしまいました。
で、第3試合は、本日のお目当てである、名古屋FCvs日本学生選抜戦を観戦しました。
日本学生選抜 4×0 名古屋FC
名古屋FCの健闘もむなしく、学生選抜が勝利しました。
学生選抜は、前半と後半で選手をごっそり入れ替えて、まだまだ試行錯誤状態(テスト状態)と言う感じでした。ペルーレの清原選手は、4バックの左SBで先発し、ゲーム途中からフォーメーションが3バックになってからは左SHに移りましたが、なかなか前線まで顔を出すことはできませんでした。ペルーレのもう1人の河上選手が後半から登場し、4バックの左SBで出場し、こちらは、果敢にオーバーラップを仕掛けゴール前まで顔を出す場面もありました。
学生選抜のゲームも2試合目になり、選手の背番号と名前がけっこう分かってきました。ゲーム中、良く声を出して、選手の名前を読んでボールを要求したり、フォーメーションの指示を出したりしていたので、分かるたびにメモをしてチェックをしていました。
今日のゲームを見て気になった選手を挙げたりしてみます。(しろうとの勝手な印象なのであしからず)
№13のMF、川澄奈穂美選手。スピード豊かなドリブルで相手を抜き去る姿は颯爽としていました。
№7のDF、島田知佳選手。高さのあるセンターバックで、なかなか頼もしいDFリーダのようでした。
№23のFW、佐藤依里子選手。これぞフォワードと言うような力強さとスピードを兼ね備えたレフティストライカーです。とあるサポは、女子サッカー界のサトエリと呼んでいました。(笑)
で、この第3試合観戦後、帰ろうと野球場から出たところで、「くノ一と大体大戦がPKになったぞ」の声を聞いて、えっと思いつつ、競技場へ向かい、終盤に差し掛かったPK戦をバックスタンド横の金網越しに見ていました。途中からだったのでどっちがリードしているかサッパリ分からなかったのですが、私の隣で、学生選抜の選手達も何人か見に来ていて、「どっちが勝っているんだろう」などと話をしていたので、おじさん(私のことです)が、「決勝はどっちと戦いたい?」て聞いたところ「やっぱりくノ一です」って答えが返ってきました。その願いが通じたのか、PK戦で、辛うじてくノ一が勝利を挙げて、決勝戦は、伊賀FCくノ一vs日本学生選抜戦となりました。
明日のお目当てゲームは決勝戦となりました。非常に楽しみです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。