Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジア女子サッカー大会を終えて Vol.2
昨日、なでしこジャパンが帰国しました。(日刊スポーツ
選手・スタッフの皆さん、そして現地で応援されたサポータの皆さん、お疲れ様でした。
今日は、今大会を通して、各選手ごとに少し感想を述べたいと思います。(お気に召さないときは無視してください)
【GK】
 1.山郷選手 : 3試合フル出場お疲れ様です。日本の守護神として大活躍で、失点はわずかに1でした。
12.福元選手 : 今大会は出番がありませんでしたが、壮行試合など活躍を見ると、今後が楽しみです。
 
【DF】
 2.磯崎選手 : キャプテンとしてディフェンスリーダとして大活躍でした。相変わらず、1対1は強いですね。
 3.下小鶴選手: 磯崎選手同様、最後の一歩を防ぐディフェンスで最小失点に貢献しました。韓国戦のポストに当たるシュート惜しかったです。
 4.山岸選手 : 今大会は出番がありませんでしたがディフェンスの貴重なバックアッパーとして必要不可欠な選手です。
 5.川上選手 : 最終戦に出番があるかと思われましたが、結局、今大会出番なしでしたがまだまだ若い選手に負けない実力を持ってますので持ち前のスピードをみせて欲しいものです。
13.宇津木選手: 今大会の成長株の一人です。貴重なレフティーとしてこれからのなでしこを背負っていけるでしょう。
14.豊田選手 : 第1戦の北朝鮮戦のみの出場でしたが、押される展開で得意のオーバーラップが見られなかったのが残念です。次に期待!
15.矢野選手 : 3試合ともフル出場し大活躍しました。韓国戦で例の長身FW Park EunSun選手をハードマークして押さえ込んだのが印象に残ります。
 
おっと、ここまでで結構、行を使ってしまいました。MFから後は次にします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。