Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジア女子サッカー大会を終えて Vol.3
Vol.2に続いて、各選手への一言コメントを続けたいと思います。
 
【MF】
 6.酒井選手 : 中盤の底で守備に攻撃に八面六臂の活躍でした。危険なエリアをすばやくつぶす動きなどはさすがでした。
 
 7.安藤選手 : 不慣れな(だと思います)右サイドや左サイドで精力的に動き、相手DFを混乱に陥れる動きや、すきあらばシュートは放ったりするところは、改めて能力の高さを感じさせられました。
 
 8.柳田選手 : どちらかと言うと攻撃型のボランチでしょうが、北朝鮮戦は守備に追われてなかなか前を向いて有効なパスを出すことができませんでした。しかし、中国戦、韓国戦では、ファンタジスタとして活躍してくれたと思います。
 
10.澤選手 : やっぱり、なでしこジャパンの大黒柱です。攻撃に守備に大活躍でした。あとは、シュートが枠に飛べば...というところです。
 
17.宮間選手 : 体格のハンデを華麗なテクニックで補って、負けじ魂で大きな相手に立ち向かう姿はすがすがしいものがあります。北朝鮮戦の最後のゴール前のFKはわくわくして見守りました。
 
20.原選手 : 今大会は出番がありませんでしたが、中盤であれば底から前までこなせるユーティリティーさを活かすときが来ると思います。
 
【FW】
 9.永里選手 : 3試合とも先発出場し、ポストプレーヤーとしてがんばったと思います。残念ながら結果は出ませんでしたが、まだまだこれからです。前を向いて進んでいって欲しいと思います。
 
11.大谷選手 : 1戦目は、サブからの出場でしたが、2戦目以降は先発出場。なでしこジャパンには不可欠な存在でした。韓国戦は積極的にシュートを放ったりして存在感を示しましたが、やっぱりゴールが見たかったです。
 
16.丸山選手 : いずれもスーパーサブとしての投入でした。あのDFを引きずるようなドリブルで何度も仕掛けましたが、ゴールを奪うことはできませんでした。でも、あのドリブルは世界でも通用すると思います。
 
18.大野選手 : 1戦目は先発で、2戦目以降はサブからの出場でしたが、大野選手の持ち味であるドリブルをいかんなく発揮してくれたと思います。韓国戦最後のGKとの1対1は惜しかった..
 
19.北本選手 : 今大会は出番がありませんでしたが、次は、ユニバーシアードで、恵まれた体格を活かしたプレーで世界をあっと言わして欲しいと思います。
 
以上、結構、生意気なコメントをしてしまいましたがお許しください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。