Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ2008 Div1 第21節 日テレ・ベレーザ vs TASAKIペルーレFC
enusなでしこリーグ Div1 第21節
日テレ・ベレーザ 4×1 TASAKIペルーレFC
得点者:[日テレ]小林弥生(11分)、大野忍(51分)、豊田奈夕葉(55分)、須藤亜紀子(70分)[TASAKI]大谷未央(35分)
場所:駒沢オリンピック公園陸上競技場 KO 13:00
天候:晴 弱風

日のあたる場所ではぽかぽかするような小春日和の中ゲームが行われました。とにかく、今日は報道陣の数が多くて、当然ながらいつもと違った雰囲気をかもし出す中キックオフされました。
ペルーレは、GKに佐々木選手。DFは佐野選手、下小鶴選手、池田選手、甲斐選手、MFは、ボランチの位置に白鳥選手と山本選手、左SHに阪口選手、右SHに澤田選手が入ります。FWは大石選手と大谷選手が入ります。U-20W杯で田中選手が抜けたボランチには山本選手が廻っています。
対するベレーザは、GKに引退を発表した小野寺選手、DFは4バックで左から南山選手、須藤選手、豊田選手、近賀選手が入ります。中盤は、ボランチの位置に引退を発表した加藤選手が入り、右SHに小林選手が入っているところまでは分かりますが、それ以外はいまひとつ良く分かりませんでした。澤選手はボランチっぽいポジション、大野選手はワントップで縦関係でFWの位置に木龍選手、永里優季選手が左のWG的ポジションに見えました。あくまで素人目ですのでありからず。
立ち上がりは、ペルーレが前からプレッシャーをかけてチャンスを作ります。
2分に左コーナーキックのチャンスを得ます。阪口選手が入れたボールをファーサイドで大谷選手がヘッドで合わせますが、これはゴールの右へはずれます。
その直後にも、澤田選手のスルーパスに抜けた大石選手が右45度からシュートを放ちますがこれもゴールの右へはずれます。
立ち上りのペルーレの攻勢をやり過ごしたベレーザはいつものように徐々に自分達のペースに持っていきます。
そんななか、11分にベレーザに先制点が入ります。ハーフウェーあたりから入れられたロングボールがペルーレDFの裏へこぼれます。DFとGKが少し譲った形になったところを小林選手が掻っ攫ってゴールを決めます。GOOOOOOOAL!ペルーレとしてはやらなくて済んだような先制点を与えてしまいます。
その後もベレーザがボールポゼッションを高くして攻め立てます。
13分にベレーザは小林選手がゴール前で落としたボールを後方から飛び出てきた加藤選手がミドルシュートを放ちますがこれはGKの正面でした。
ベレーザが攻勢をかける中、ペルーレが個人技で打開します。
35分に、ペルーレの大石選手がセンタサークル付近からドリブルで突っかけてペナルティエリア付近でDFをひきつけて大谷選手にパスを出します。これを受けた大谷選手が、シュートフェイントでDFをかわして、GKの位置をよく見てゴールの右端へ流し込みます。エースの得点でペルーレが追いつきます。これで、大谷選手は前人未到のリーグ通算150ゴールを記録しました。
その後は、ベレーザが優位にゲームを進めますが、このままスコアは動かずハーフタイムを迎えます。
前半は、ベレーザの攻勢をペルーレが何とかいなしながら進んだような感じでした。
後半もベレーザが攻勢に出ます。
そんな中、51分に、ベレーザはDFの裏へ抜けた大野選手がペナルティアリア内でDFに競り負けて倒れます。これがPKの判定となり、これを倒された大野選手がPKをきっちり決めます。GOOOOOOOAL!ベレーザが勝ち越し点を挙げます。
その直後の55分にベレーザが右コーナーキックのチャンスにファーサイドにこぼれたところを豊田選手が決めます。GOOOOOOOAL!ベレーザが追加点を挙げます。
57分にベレーザは、右サイドからの小林選手の折り返しを大野選手が合わせますがGK佐々木選手ががっちりキャッチします。
59分にはベレーザが大野選手のスルーパスに抜けた永里選手がGKと1対1となり、GKをかわしてシュートを放ちますが、これはゴールの右へはずれます。
62分に、珍事が発生します。主審の高橋早織さんが突然ピッチに倒れこみます。ペルーレの白鳥選手が足を伸ばしていたので、どうも足がつったようでした。このまま主審が交代します。副審をしていた千葉恵美さんが主審にまわり、第4の審判の藤原美穂さんが副審にまわりました。私のサッカー観戦歴で初めての出来事でした。
65分にペルーレは白鳥選手からのパスを受けた大石選手がうまいトラップでDFをかわしてシュートを放ちますがゴールの上へはずれます。その直後に、澤田選手に代わって中岡選手が登場します。中岡選手は久しぶりの出場になります。
70分にベレーザが左コーナーキックからファーサイドで須藤選手がドンピシャヘッドでゴールネットを揺らします。GOOOOOOOAL!ベレーザがとどめを刺す得点を挙げます。
77分にペルーレはドリブルで大谷選手が中へ切れ込んで山本選手にパスを出します。山本選手のトラップが流れたところを大石選手が拾ってシュートを放ちます。ボールはゴールネットを揺らしますが惜しくもオフサイドの判定でした。
ペルーレは、1点を挙げるため懸命に攻めますが、余裕を持ったベレーザには歯が立たず、このままタイムアップとなり、ペルーレのリーグ戦での戦いの終わりを告げるホイッスルが鳴ります。
終わってみれば、やはりベレーザにはかなわなかったのかなと言う感じでした。
これで、ペルーレのなでしこリーグでの戦いが終わりました。あと残すは、全日本選手権のみとなります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。