Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ2008 Div1 第17節 TASAKIペルーレFC vs 岡山湯郷ベル
enusなでしこリーグ Div1 第17節
TASAKIペルーレFC 0×2 岡山湯郷ベル
得点者:[湯郷]加戸由佳(69分)、田中静佳(81分)
場所:アスパ五色 KO 14:00
天候:くもり 無風

小雨が降り肌寒い中ゲームは開始されました。
ペルーレは、GKに齋田選手。DFは左から佐野選手、下小鶴選手、池田選手、甲斐選手、MFは、真ん中の位置に阪口選手と田中選手、左に山本選手、右SHの位置に大谷選手が入ります。FWに大石選手と坂井選手が入ります。FWの2人と大谷選手が時折入れ替わるようにポジションをチェンジして流動的でした。
対する湯郷は、GKに代表の守護神・福元選手、DFラインは左から、津波古選手、武者選手、城地選手、保手濱選手が入ります。中盤はボランチの位置に松田選手、トップ下に宮間選手、右SHに田畑選手、左SHに有町選手。FWのポジションに田中選手と中野選手が入ります。
開始早々ペルーレは坂井選手がDFに倒されていい位置でフリーキックのチャンスを得ます。これを山本選手が直接狙いますがゴールの上へはずれます。
9分には大谷選手が遠目から弾丸シュートを放ちますがこれはGK福元選手がパンチングでクリアします。これで得たコーナーキックを阪口選手がゴール前へあげるとこれが直接ゴールマウスへ飛びます。GKの福元選手がパンチでクリアします。
その直後、湯郷は右45度少し遠めの位置から宮間選手がゴール前へ入れます。混戦になってGKがこぼしますが再び掴んで事なきを得ます。
19分にペルーレは阪口選手のスルーパスに抜け出した坂井選手がシュートを放ちますがこれはゴール左へはずれます。
23分にペルーレは左へ大きく展開して山本選手がクロスを入れるとゴール前で田中選手がドンピシャのヘディングで合わせますがこれは惜しくもGK正面でした。
29分に湯郷はオーバーラップしてきた保手濱選手のアーリークロスを田中選手が頭で合わせますがこれもGK正面でした。
30分にペルーレは相手のパスをカットした大石選手がペナルティエリア内に侵入してシュートを放ちますがゴールの左へはずれます。
34分に湯郷はゴール前の混戦からこぼれた玉を宮間選手が遠目から直接シュートを放ちます。これが、激しくクロスバーを叩いて跳ね返ります。宮間選手は隙あらばゴールを狙ってきます。
35分にはペルーレが左サイド山本選手からのクロスに大谷選手が飛び込んで来てGKの至近距離からシュートを放ちますがこれもGK福元選手の好セーブに阻まれます。
そのまま、前半終了のホイッスルが鳴ります。
ペルーレは、前半は押し気味で何回か決定的なチャンスを作りましたがここで点を取っておきたかったところです。
後半に入りペルーレはスリートップ気味の布陣にして押し込みます。51分に右サイドを抜けた坂井選手のクロスをファーサイドで大谷選手がシュートを放ちますがDFにブロックされます。
その後しばらくはボールがなかなか落ち着かない展開が続きます。
67分にペルーレは大石選手に代わり清原選手が入ります。
そして68分にペルーレが決定的なチャンスを得ます。中央の阪口選手から右サイドの甲斐選手に渡ります。甲斐選手があげたクロスがファーサイドでフリーの山本選手に届き、右足を振りぬきますがこれはGKががっちりキャッチします。
その直後にゲームが動きます。69分に湯郷は、宮間選手がゴール前へクロスを入れます、これが混戦になってこぼれたところ、遠目から加戸選手がシュートを放ちますが。ボールは綺麗な軌道を描いてゴールへ吸い込まれます。GOOOOOOOAL!湯郷が待望の先制点を挙げます。
72分にペルーレは左サイドのスローインから佐野選手がゴール前クロスを入れると、そこにDFとともに坂井選手と清原選手が飛び込んできますが惜しくも合いません。
78分にペルーレは途中出場の清原選手に代えて澤田選手をピッチに送り出します。
81分に決定的な点が入ります。湯郷は、左サイドを中野選手がDFをかわしてドリブルで持ち上がりゴール前へクロスを入れます。これに、逆サイドから飛び込んできた田中選手が合わせてゴールネットを揺らします。GOOOOOOOAL!湯郷がゲームを決定付ける得点を挙げます。
85分に湯郷のGK福元選手が突然倒れこんでゲームが中断します。接触プレーも無かったので何があったのかが分かりませんでしたが、長い治療時間の後福元選手は再びゴール前へ立ちました。プレーが再開されましたが、ロスタイムに入って、ペルーレがゴール前へ入れた何気ないボールを、Gk福元選手が片足のけんけんで辛うじてボールをはじき出します。様子がおかしいです。左足が全く地面につけられない状態でした。湯郷のベンチには控えのGKが居ませんが、急遽、DFの赤井選手が福元選手のキーパーユニフォームを着てゴールマウスを守ることになりました。
程なくしてゲームセットのホイッスルが鳴り、湯郷が勝利しました。
これで、ペルーレは今シーズン湯郷から勝利をあげることが出来ませんでした。
それにしても、福元選手の怪我が非常に心配です。(後日、アキレス腱断裂のニュースが出ていました)
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。