Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ2008 Div1 第14節 日テレベレーザ vs TASAKIペルーレFC
enusなでしこリーグ Div1 第14節
日テレ・ベレーザ 5×0 TASAKIペルーレFC
得点者:[日テレ]岩渕真奈(20分)、大野忍(36分)、澤穂希(46分、64分)、加藤與惠(47分)
場所:夢の島陸上競技場 KO 13:00
天候:雨 弱風

試合開始前はどんよりと曇った天気で、選手がアップのためにピッチに出てきたころから雨が降り始め、ゲーム開始時には本降りとなった中ペルーレのキックオフでゲームが開始されます。
ペルーレは、GKに齋田選手。DFは甲斐選手、池田選手、佐野選手、下小鶴選手、MFに阪口選手、中岡選手、白鳥選手、田中選手。FWに大石選手を大谷選手が入ります。中岡選手が右SBの位置に入り甲斐選手が左SBに入る4バックで臨みます。中盤のフォーメーションは、佐野選手が左SHに入り、真ん中に田中選手が入って、阪口選手と白鳥選手が右サイドと中央を担います。最近のペルーレの中盤は結構流動的に構成しているようです。
対するベレーザは、GKに小野寺選手、DFラインは左から、宇津木選手、豊田選手、岩清水選手、近賀選手が入ります。中盤はボランチに加藤選手、トップ下に澤選手、右SHに南山選手、左SHに永里亜紗乃選手。FWのポジションに大野選手と岩渕選手が入ります。(中盤から前の選手は結構入れ替わるので定かではありません)日本代表の永里優季選手はベンチスタートでした。
立ち上がりはペルーレが積極的に前からチェイスしてベレーザのボールホルダーの襲い掛かりチャンスを作ります。4分にペルーレは、右サイドでボールを受けた大谷選手がドリブルでペナルティエリア内へ侵入してシュートを放ちますがこれはクロスバーを激しく叩いて跳ね返ります。いきなりのビッグチャンスでしたが惜しくもゴールなりませんでした。
その直後にもペルーレは、右サイドで裏へ抜けた大谷選手がゴールライン際からゴール前へマイナスのクロスを入れるとDFに当たってこぼれ、ファーサイドに居た佐野選手がGKの目の前からフリーでシュートを放ちますがこれは惜しくもGKに当たってしまいます。GKのセーブと言うよりたまたま当たってしまったといった感じで非常に惜しかったです。
この押し込んだ立ち上りの時間帯に得点が欲しかったペルーレですが、次第にベレーザがボールを保持して攻撃を組み立てるようになってきます。
16分にベレーザはDFラインの裏へ抜けた宇津木選手がシュートを放ちますがこれはゴールの右へはずれます。このプレーは、我々の目の前であったのですが、結構オフサイド(気味)でした。前半の立ち上がりからオフサイド(気味)のプレーをメイン側タッチラインの副審が取らないので、後から大きくプレーに影響しなければと思ってみていました。
20分にベレーザは左サイドから右へサイドチェンジして、右サイドから大野選手がフリーでクロスを入れます。GKの齋田選手が飛び出してパンチングしてクリアしますがこぼれ玉を拾った岩渕選手がシュートを放つと選手の間を抜けてゴールへゴロで転がり込みます。岩渕選手のリーグ戦初ゴールで先制します。
その後は、ベレーザが押し込みペルーレは防戦一方となります。
23分には岩渕選手がドルブルでペルーレDF陣を切り裂いてシュートを放ちますがゴールの上へはずれます。岩渕選手のドリブルは浮上に危険でなかなか止めることが出来ませんでした。
その直後も今度は大野選手がドリブル突破してDFを抜いてシュートを放ちますがこれはGK齋田選手が好セーブで防ぎます。
36分にベレーザは左サイドで相手ボールを奪った宇津木選手が大きく右へ展開するとDFの裏へ抜けた大野選手がボールを受けます。そして飛び出してきたGKの頭上を越えるループシュートでゴールへ流し込みます。大野選手のスピードとテクニックが活きたプレーで追加点を挙げます。
このまま、ベレーザが押し込んだまま前半は終了します。
後半は開始直後にベレーザが立て続けの得点を奪います。
46分に澤選手が、南山選手が粘ってあげたクロスを中央であわせてゴールを挙げます。
47分に加藤選手が右サイドの近賀選手からのクロスに飛び込んできてゴールを決めます。
これでゲーム趨勢が決まったように見えましたがペルーレの選手達やベンチは諦めていませんでした。
ペルーレは52分に、大石選手、田中選手に代えて田頭選手と坂井選手という攻撃的な選手を投入します。この2選手に大谷選手を加えた3トップで得点を奪いに行きます。
当然こうなると失点リスクも高くなりますが、ここはGKの齋田選手が再三決定的なチャンスを好セーブで防ぎます。今日の齋田選手は本当に良く頑張っていたと思います。
しかし、64分に右サイドで相手ボールを奪った加藤選手が早いクロスをゴール前に入れると澤選手がニアで合わせてゴールネットを揺らします。
決定的な得点が入りますが、ペルーレの選手はとにかく得点を奪いに前へ前へと出ます。
81分にはペルーレの坂井選手がDFの裏へ抜けてGKと1対1になりかけますがこれはオフサイドを取られてしまいます。このプレーも我々の目の前でしたが、出ていたようには見えませんでした。
残り5分はお互いに点を取りに行くアグレッシブな戦いを見せて詰め掛けた観客を沸かせる場面が何回かありましたが、結局ペルーレはベレーザのゴールを割る事は出来ませんでした。
ゲーム開始直後のチャンスに得点できていればもう少しゲーム展開は違ったと思いますが、現在のペルーレではここまでが精一杯なのでしょうか。
ただ、最後まで諦めないプレーには選手達の気持ちを感じられました。初めて女子サッカーを見に来たお客さんも多いと思いますが、何かを感じてもらえればと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。