Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ2008 Div1 第8節 伊賀FCくノ一 vs TASAKIペルーレFC
enusなでしこリーグ Div1 第8節
伊賀FCくノ一 2×5 TASAKIペルーレFC
得点者:[伊賀]宮本ともみ(44分)、大歯裕子(63分)[TASAKI]大石沙弥香(60分)下小鶴綾(76分)、大谷未央(78分)、山本絵美(83分)、田中明日菜(88分)
場所:上野運動公園競技場 KO 12:00
天候:曇り 微風

朝からの雨で、ゲーム開始前には大粒の雨が降り選手にとっては大変なゲームになるなと思っていましたが、キックオフの時間には雨も上がり、ピッチ状態もそんな悪くなく多少スリッピーな状況でした。
ペルーレは、GKに今シーズン2回目のスタメンの齋田選手が入ります。DFは甲斐選手、池田選手、佐野選手、下小鶴選手、MFに山本選手、阪口選手、中岡選手、白鳥選手、FWに大石選手、大谷選手が入ります。ちなみに、ベンチにがGK佐々木選手は入っておらず、サブにGK無しで挑みます。
くノ一は、GKに大野選手、DFラインは左から、村上選手、清原選手、池内選手、庄子選手が入ります。MFはボランチに宮本選手と堤選手、右SHに永留選手、左SHに吉泉選手が入ります。FWは、村岡選手と大歯選手のツートップで臨みます。開幕戦でびっくりのCBに入った小野選手はベンチ外でした。
立ち上りからペルーレがボールを支配してくノ一を攻め立てます。
6分にペルーレは大谷選手が左サイドをドリブルで攻め上がりペナルティエリア内まで侵入してゴール前へ折り返しますがそこには合わせる選手が無くGKにクリアされます。
20分に右コーナーキックで甲斐選手が蹴ろうとたっていた後、山本選手近寄って代わって蹴るのかなと思ったらそのまま山本選手がドリブルでペナルティエリアまで侵入して中央へクロスを入れます。それに阪口選手が頭で合わせますが、これはGK大野選手がファインセーブで防ぎます。コーナーキックは甲斐選手がちょこんと蹴っていたようです。一番遠いところから観ていたので良く分かりませんでした。
その後もペルーレがボールを支配して攻め込みますがなかなかシュートまで持っていけません。
そんな中、前半終了間際にペルーレのパスミスからくノ一のシュートが飛んできてGK齋田選手が辛うじて外へはじき出します。
そのコーナーキックを大歯選手があげるとファーサイドで待っていた宮本選手が頭で合わせてゴールネットが揺れます。GOOOOOOOAL!前半ロスタイムにやってはいけないゴールを奪われてしまいました。そのまま、再開されること無く前半終了のホイッスルが鳴ります。なんとも悔やまれる失点です。前半はくノ一がリードして終わります。
後半も立ち上りからペルーレが攻め立てます。
ペルーレは47分に得たフリーキックを阪口選手がゴール前へあげるとボールはそのままゴール枠へ向かって飛んでいきます。GKが慌ててはじき出し反対側のコーナーキックに変わります。このコーナーキックを中岡選手が入れて、下小鶴選手が頭で合わせますが枠を捉えられません。
60分に、サブの坂井選手が呼ばれて交代の準備をしているハーフウェイライン付近で池田選手が前線へフィードした後アフター気味の激しいタックルで倒されます。ベンチやスタンドが色めき立ちますが、ボールを受けた大谷選手がかまわずドリブルで右サイドを突破して中央へ折り返します。それを受けた山本選手が冷静にファーサイドへ送るとそこにフリーの大石選手が待ち構えていました。大石選手がGKの位置をよく見て冷静にゴールへ流し込みます。ペルーレが同点に追いつきますが、喜びもつかの間、ゴール前のプレーで倒された池田選手のところへ選手が歩み寄ります。池田選手は何とか立ち上がりますが危ないプレーだったような気がします。ゴールをあげた大石選手はそのまま坂井選手と交代します。大石選手は交代前のワンプレーでしっかりゴールをあげたことになります。
得点直後は集中したかったペルーレですが、63分にDFのクリアミスを拾った大歯選手が飛び出してきたGK齋田選手の頭上を抜くループシュートでゴールネットを揺らします。GOOOOOOOAL!追いつかれたくノ一がすぐさま突き放します。
65分意くノ一は吉泉選手に代えて鈴木選手を投入します。
66分にペルーレは中岡選手に代えて前節初ゴールを上げた澤田選手を投入します。
その直後にペルーレはゴール正面の絶好のポジションでフリーキックのチャンスを得ます。これを大谷選手が思いっきり狙いますがボールはゴールの上へ外れます。
そのすぐ後の67分にくノ一がゴール近くの絶好の場所でフリーキックのチャンスを得ます。これを大歯選手が直接狙いますが、これもゴールの上へはずれます。
残り時間15分を切ったころから動きの鈍くなったくノ一をペルーレが攻め立て始めます。
そして76分に右コーナーキックのチャンスを得ます。阪口選手がゴール前へ入れるとファーサイドで下小鶴選手がドンピシャのヘディングでゴールへ叩き込みます。下小鶴選手の豪快なヘディングで追いつきました。
直後の77分に白鳥選手に代えて田中選手を投入します。ここからペルーレの怒涛ゴールラッシュが始まります。
そして直後の78分にペルーレは阪口選手が右サイドの甲斐選手に絶妙のパスを出します。これを甲斐選手がクロスを入れるとファーサイドの大谷選手がヘディングでゴールネットを揺らします。エースの得点で逆転します。久しぶりに甲斐選手の綺麗なクロスを観られたような気がします。
83分にペルーレは澤田選手から右サイドへ流れた大谷選手に渡り、ゴール前へクロスを入れます。ペルーレの選手がゴール前へ飛び込んできますがそれを飛び越してファーサイドにフリーで待ち構えていた山本選手に渡ります。山本選手がGKの動きを見て冷静にゴールへ流し込みます。大谷選手の絶妙のクロスと山本選手の冷静なプレーで突き放します。
そして、終了間際の88分にペルーレはゴール正面でフリーキックのチャンスを得ます。今度は、阪口選手がボールの前に立ちます。阪口選手が蹴ったボールは強烈なカーブがかかってゴール左へ飛び込もうとしましたが、これをGK大野選手が辛うじて手に当て、左ポストに跳ね返ります。これを詰めてきた田中選手がプッシュしてゴールへ流し込みます。田中選手のリーグ戦初ゴールをあげます。他の選手達が次から次へと田中選手を称えます。これで、ゴールラッシュも打ち止めになります。ロスタイム2分が経過してゲームセットのホイッスルが鳴ります。
今シーズンのくノ一は後半動きが止まって大量失点するパターンが多いと思いますが、このゲームもやはりそのようになりました。
しかし、今日のペルーレはそれぞれ役者が得点を奪ってしっかり勝ちました。それにしても今シーズンの大谷選手はキレキレです。頼もしい限りです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■ゆうきさんへ
ペルーレも、試合の入り方が良くなく苦戦する今シーズンの典型的なパターンのようだったと思います。
2009/01/07(水) 21:32:54 | URL | はっしー #-[ 編集]
この試合、あともう少し頑張ればTASAKIに勝てる、と伊賀のファンは思っていたのですが、ダメでした。今季の伊賀の象徴的な試合展開でした。
2009/01/07(水) 00:12:43 | URL | ゆうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。