Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ2008 Div1 第2節 アルビレックス新潟レディース vs TASAKIペルーレFC
enusなでしこリーグ Div1 第2節
アルビレックス新潟レディース 1×2 TASAKIペルーレFC
得点者:[TASAKI]大石沙弥香(3分)、阪口夢穂(53分)、大谷未央(79分)
場所:東北電力ビッグスワンスタジアム KO 12:00
天候:晴 微風

屋根に覆われているスタンドでは少し肌寒いような気候でしたが、日の当たるピッチはそうでもなさそうな気候の中、正午にペルーレのキックオフでゲームが開始されました。
ペルーレは、GK佐々木選手、DFラインは甲斐選手、磯崎選手、佐野選手、白鳥選手、MFには山本選手、阪口選手、清原選手、田中選手、FWは大石選手、大谷選手のツートップで臨みます。前節のスタメンから中岡選手がはずれて清原選手が入っています。
対する新潟は、GK諏訪選手、DFラインは左から江橋選手、山本選手、田中選手、井上選手、中盤の中央に上尾野辺選手と河村選手、左に東山選手、右に吉田選手、ツートップに牧野選手と中島選手の布陣で挑みます。(このフォーメーションはあくまで素人の私の見た目で本当は違っていたかもしれません)立ち上がり早々にペルーレがチャンスを迎えます。中央の田中選手が右へはたいて、右サイドで受けた甲斐選手がふわっと浮き玉でDFの裏へボールを入れるとそこに大石選手が飛び込んできてGKと1対1になります。大石選手は飛び出してきたGK諏訪選手の頭上を抜くループシュートを放ちます。ボールはふわぁっとゴールに吸い込まれます。大石選手の今シーズン初ゴールで、ペルーレが先制点を挙げます。
12分にペルーレは中央の阪口選手が右に出すとそれを受けた甲斐選手がアーリー気味に入れたクロスをファーサイドに飛び込んできた大谷選手が頭で合わせますがシュートはゴールの左へはずれます。
新潟は、再三DFラインの裏を中島選手や牧野選手が狙いますがことごとくオフサイドとなりなかなかチャンスを作れません。
19分にペルーレはまたまた阪口選手が起点になってチャンスを作ります。阪口選手から右サイドの山本選手にボールが渡ると、山本選手がクロスを入れると大谷選手がヘディングであわせますがゴール枠をはずれます。
26分にペルーレは大谷選手がペナルティエリアの少し外でファールをもらいます。大谷選手が自らフリーキックを蹴りますがボールはゴールの上へはずれます。
前半は、ペルーレがチャンスを多く作りますが新潟は粘って1点に押さえました。新潟の攻撃もなかなか決定的なチャンスを作れません。
後半は立ち上がりに新潟がチャンスを作ります。48分、新潟は右サイドから突破してきた上尾野辺選手がシュートを放ちますがゴールのわずかに右へはずれます。場内から大きなため息が漏れます。
そのすぐ後の53分にペルーレは左サイドでボールを受けた山本選手が中央へクロスを入れるとペナルティエリア少し外で待ち構えていた阪口選手がワントラップして右足でボレーシュートを放ちます。ボールは強烈なドライブがかかってGKの頭上を越えてゴールへ吸い込まれます。阪口選手の今シーズン初ゴールでペルーレはようやく追加点を上げます。
57分に新潟は、中島選手が左サイドをドルブルで切り裂きペナルティエリア内へ進入しDFをかわして至近距離からシュートを放ちますが、これはGK佐々木選手が好セーブを見せます。場内が大きく沸いた場面でした。
その直後の58分にペルーレは左サイドの佐野選手からのクロスに大谷選手がヘディングで飛び込みますがこれはDFが辛うじてクリアします。
60分にペルーレの大石選手がゴール前のこぼれ玉を拾ってGKの頭越しを狙ったループシュートを放ちますがこれはGK諏訪選手が辛うじてはじき出します。今日の大石選手は非常に積極的にゴールを狙う姿勢が見られました。
66分に新潟は中盤からのパスワークで攻め込み最後に牧野選手がシュートを放ちますがゴール右へわずかにはずれます。
ペルーレは69分に田中選手に代えて中岡選手を、76分に清原選手に代えて澤田選手を投入します。
その澤田選手が追加点のチャンスを作ります。79分に阪口選手から右サイドで受けた澤田選手がゴール前へグラウンダーで入れるとニアにDFを引き連れて大石選手が飛び込んできます。しかし、大石選手がそのままスルーするとゴール正面で大谷選手にどフリーで渡ります。これをゴール右へ大谷選手が冷静に決めます。大谷選手の2試合連続ゴールでペルーレはダメ押し点を入れます。得点を入れた大谷選手だけではなく、アシストした澤田選手がチームメイトから称えられていました。(「頭なでなで」ですが(笑))
その直後の81分に新潟は川村選手がGKと1対1になるチャンスを得て強烈なシュートを放ちますがGK佐々木選手が好セーブで防ぎます。
終了間際にペルーレが左サイドの山本選手のクロスから大谷選手ヘディングシュートを放ちますがGK諏訪選手が好セーブで防ぎます。
程なくしてロスタイムも過ぎゲームセットのホイッスルが鳴ります。
ペルーレが危なげなく新潟をくだしたゲームでした。ペルーレの澤田選手がリーグ戦で初のアシストを決めています。次回は是非ともリーグ戦初ゴールをあげて欲しいと思います。そしてこのゲームは大石選手が非常に積極的にゴールを狙って行っていて今後のゴールも大いに期待できそうでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。