Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【探訪記】 Vol.4 東京・稲城
スタジアム探訪記第4回
★ 稲城中央公園総合グランド ★
初の、アウェー遠征となったのは、2004年第7節、日テレベレーザvsTASAKIペルーレのゲームでした。
アウェー遠征と言っても、6ヶ月前まで横浜に住んでいて、東京の会社で営業の仕事をやっていたので、現地へ赴くことに関してはさほど違和感がありませんでした。電車やバスでの移動はお手のものと言うことで、たどり着いた稲城の地は結構のんびりしたところという印象でした。でも、熱い!夏真っ只中!
稲城01当時は、なでしこブームの走りで、アテネ五輪前の最後のゲームと言うこともあって、TV局はたくさん来ているし、観客は多いし、TV中継(CS放送Gora)はあるし、結構華やかな雰囲気でした。
スタジアムは、地方の陸上陸上競技場という感じでしたが、稲城市がこのゲームに力を入れていたようで、この競技場をリニューアル(芝の張替えなど)をしていたようです。でも..音響設備がよくなく、放送がとびとびで選手紹介は、ウグイス嬢がすこしかわいそうなほどでした。このゲームで、関東のペルーレサポとも知り合いになることができました。
ゲームのほうは、ペルーレには悔しい結果になりましたが、ゲーム終了後には、アテネ五輪の壮行セレモニーがあり、ペルーレの選手も敗戦の悔しさの中、気丈に振舞っていたことを覚えています。
とにかく、稲城の印象は、気温もゲームも「熱かった!」の一言です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。