Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】全日本女子サッカー選手権1回戦(2008.11.29)上野運動公園競技場

全女の1回戦は。、もっとも近場の上野運動公園競技場へ出向きました。
全女の楽しみは、普段のなでしこリーグでは見られないチームを見ることが出来て、なおかつ、違ったカテゴリーの対戦が観られるというところにあります。
この日の上野は、2試合とも地域リーグのチーム対大学チームでした。
ゲーム開始前に、お約束の大会公式プログラム(ガイドブック)を購入しました。今大会は30回大会と言うことからだと思いますが、過去の歴史や懐かしい写真などがページを飾っています。これから購入される方のためにこれ以上詳しくは書きませんので、皆さんの目でお確かめください。ガイドブックは、普段見ていないカテゴリーを見るためには必要不可欠なアイテムです。
ゲームのほうは、第1試合は、名古屋FCと大阪体育大学の対戦になりました。名古屋は、ほとんどホームと言って良い場所なので多くの関係者やサポータが駆けつけていました。対する大体大は、いつものとおりベンチ外の選手によるユニークな応援を繰り広げていました。私は、大体大の応援を間近で見たいと思って、大体大側のスタンドで観戦しました。
ゲームは緊迫した展開で、1対1のまま延長戦へ突入し、延長戦後半残り時間わずかのところで、大体大がセットプレーから決勝点を挙げて2-1で名古屋を振り切りました。とてもいいゲームだったと思います。
ところで、大体大の応援ですが、間近で見たおかげでこういう雰囲気でやっているのかと言うのでずいぶん楽しめました。
第2試合目は、四国代表のブッチギリと早稲田大学との戦いになりましたが、いかんせん力の差がはっきり出たゲームになりました。前半で6-0と大差がついて最終的には8-0で早大が勝ちました。後半は早大が結構攻め疲れかなといった感じでした。普段の早大のゲームを見ていないのでなんとも言えませんが。
このゲームで、早大のFW大滝麻未選手がハットトリックを達成したのですが、長身(172cm)でなかなかいいものを持っている選手かなと思いました。(あくまで素人の意見ですので)楽しみです。こういう選手を見つけることが出来るのも全女の楽しみの一つです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。