Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第21(最終)節(2008.11.23) 駒沢オリンピック公園陸上競技場
駒沢の観戦記を書きたいと思いますが、今回は色々あって整理がうまく出来ないかもしれませんが時系列で思いつくままに書きたいと思います。
今節は、ペルーレのリーグ最終戦と言うこともあって、普段アウェーの時のサポータは4・5人なんですが、さすがに今日は神戸から多くのサポータがやってきました。スタジアムには選手のご家族をはじめ、田崎真珠の社員さんなど多くの人が詰め掛けました。そして、一番いつもと違ったのが報道陣の数でした。我々サポータのところにカメラを持ってきてインタビューを撮ったり、横断幕張りの模様を撮ったりと、いつもには無い変な緊張感もありました。(笑)
ベレーザのサポータの方も、「The 2000's Japan Women's Fottball Classico」というすばらしい横断幕を出していただきました。
ゲーム前から経験したことの無い異様な雰囲気でしたが、いざゲームが始まればいつものコール、いつもの応援をして選手を鼓舞するしかありません。
ゲームは、ベレーザに力負けしましたが、大谷選手が待望の通算150ゴールを挙げて最終戦にすばらしい贈り物を贈ってもらったような気がしました。大谷選手の通算150ゴールの件は別途エントリーします。
ゲーム終了時に選手達はサポータへのあいさつの後、ベレーザサポータの前へ移動してあいさつしたときは、場内がペルーレコールに包まれて思わず目頭が熱くなりました。選手の皆さんも、感極まっている選手も多く、リーグ最終戦であることをあらためて実感させられました。
ゲーム終了後、選手達を見送るためにペルーレバスの付近で出待ちをしていたのですが、多くのファンがペルーレの選手を待っていました。最後、ペルーレのバスがスタジアムを後にするときには、ペルーレサポータとベレーザサポータが一緒になって横断幕を掲げてペルーレコールで選手を送り出しました。
このゲームの模様は、夜のスポーツニュースでは、NHKのサンデースポーツとフジTVのすぽるとで取り上げられていました。ただ、私の思いとしては、今頃マスコミに取り上げてもらっても...もっと、女子サッカーを普段から取り上げてもらえていたら...などとも思います。特に、NHKなんですけれども、スポーツニュースで、プロ野球やJリーグ、大相撲、ゴルフなどのプロスポーツは取り上げられて当然だとは思いますが、それ以外の団体球技、バレーボールプレミアリーグ男女、ラグビートップリーグ、バスケットボール日本リーグ男子、Wリーグ女子、Bjリーグ、ハンドボール日本リーグ、などを結果だけですが取り上げられています。なぜ、女子サッカーが結果だけでも取り上げられていなかったのかが疑問です。チームに民放TV局名のチームがあるからでしょうか?取材に来ていたディレクターにでも聞いたら良かったかもしれませんね(笑)ちょっと観戦記からはずれてしまいましたがこの際なので思いを書いてしまいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。