Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国体 準々決勝の結果
晴れの国おかやま国体成年女子サッカー準々決勝の結果

☆ 埼玉 0×2 大阪
得点:大阪(相沢34分、島村60分)
2連覇を目指す埼玉が敗れました。ユニバシアード帰りの選手が両チームに何人か居ますが、大阪が接戦を制しました。シュート数では、埼玉12本対大阪4本と埼玉が圧倒していますが、サッカーとはこんなものなのですね。

☆ 東京 7×0 北海道
得点:東京(荒川7分40分69分、大野24分、田村33分、永里51分56分)
コメントはなしですね。さすがに強い!荒川選手はハットトリックを達成しています。

☆ 岡山 1×2 鹿児島(延長)
得点:岡山(田中0分)鹿児島(井出上32分、有吉79分)
地元で優勝を目指した岡山ですが、伏兵・鹿児島に延長戦の末敗れてしまいました。鹿児島は、U-19代表候補の井出上、有吉(ともに神村学園)の活躍で、ベスト4へ進出です。これは侮れない!

☆ 三重 0×1 兵庫
得点:鈴木(8分)
L1チーム同士の対決は、リーグ戦同様熱戦でした。鈴木智子選手の虎の子の1点を兵庫が守りきり勝利を収めています。

準決勝の組み合わせ
☆ 大阪 vs 東京
☆ 鹿児島 vs 兵庫


大阪がどこまで東京に食い下がれるかが見所です。実力的には東京が優勢に思われます。
鹿児島が、準々決勝に続いてサプライズを起こせるか。U-19代表候補FWコンビがどこまで兵庫の牙城を崩せるかがポイントだと思います。ただ、油断が無ければ、兵庫が優勢だとは思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。