Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なでしこリーグ 改革について
なでしこリーグ改革についてリーグ公式サイトで発表されています。(リーグ公式サイト
先週の金曜日に発表されていたのですが、週末のゲームが終わってからエントリーしようと考えていました。
5か年計画で、三本柱は次のとおりです。
■女子サッカーの競技力向上
■リーグ運営力強化
■女子サッカーの普及活動
この中で、女子サッカーの競技力向上でリーグの再編成があげられていました。
リーグ再編の概要
<2009年>
なでしこリーグ Div1:8チーム(3回戦)  
なでしこリーグ Div2:8チーム(2回戦)
<2010年>
なでしこリーグ:10チーム(2回戦+カップ戦) 
チャレンジリーグ:12チーム(東西リーグ+決勝リーグ)
<2011年>
なでしこリーグ:10チーム(2回戦+カップ戦) 
チャレンジリーグ:12チーム(東西リーグ+決勝リーグ)
<2012年>
なでしこリーグ:10チーム(2回戦+カップ戦) 
チャレンジリーグ:12チーム(東西リーグ+決勝リーグ)
<2013年>
なでしこリーグ:12チーム(2回戦) 
チャレンジリーグ:16チーム(東西リーグ+決勝リーグ)

5年後には、トップリーグ(なでしこリーグ)を12チームにして、2部は東西に分けてチャレンジリーグとして16チームにする予定です。
チーム数を増やすことは書いているのですが、肝心の競技力向上はどうなるのでしょうか?
現在の8チームでも、上位と下位で明らかに力の差があります。Div1下位3チームは、上位5チームに全く勝てていません。新潟が辛うじて2つの引き分けで勝点を上げているだけです。
Div1の中でもこれだけ実力差があると思われる中、チーム数を増やすことが果たして競技力の向上になるのでしょうか、疑問です。そして、Div1は4年連続でベレーザが優勝を飾っていて、これに関しても他チームは考えなければならないと思います。
チャレンジリーグでチーム数を増やすことに関しては、地域のチームが全国の色々なチームと戦えるというメリットはあると思いますが、財政上の問題は棚上げのような気がします。本当にリーグの各チームの現状を分かっているのでしょうか。しっかりと、リーグなり協会がバックアップしないと、チームの維持が出来なくなってしまう恐れもあると思います。(考えておられると信じますが)
ただ、改革がないと発展はありえませんので、この改革が成功することを祈るだけです。

※2009年度のDiv2が8チームとしているということは、ペルーレのチーム移管によるDiv2からの参加はありえないということでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■ゆうきさんへ
Jリーグチームに女子チームを持つようしていくということと関連が無いとは言えませんね
おっしゃるとおりまずは足元をしっかりと見つめて、現在リーグに所属しているチームの支援からだと思います。
2008/11/12(水) 22:40:46 | URL | はっしー #-[ 編集]
これも北京オリンピックでの女子代表の活躍の成果でしょうか?。
チーム数が増えるということは、なでしこリーグへの参加の機会を増やすというのにつながるのでいいと思いますが、現実はどうでしょうか?。協会的にはネガティブな目標をかかげるわけにもいかんのかもしれませんが、こんなに右肩あがりに増えるわけ無い。アホちゃうかというのが正直な感想です。また、1部、2部関係無しにカップ戦やってみるのは見る方としては新たな楽しみになるかと思います。ですが、今回のペルーレの受け入れ先が見つからない場合、協会としての支援が選手の移籍先の斡旋程度という、支援の薄さ(受け入れ先探しに努力してるのか良くわからない。)や現状の市民クラブの選手達の環境や財政基盤、1部リーグの上位と下位の実力差(2部でも)を考えると、ほかにもというか、土台づくりに力を入れて欲しい気がします。
さらに、もっと地道な普及活動も大事かなと思います。
ユメ先生もいいんですけど。どうもイメージ先行のような気がします。
2008/11/11(火) 23:53:45 | URL | ゆうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。