Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】アウェー紀行 新潟県新発田市

一昨日にエントリーしたのですが、今回の遠征は新発田市に前泊しました。昨年の新発田でのゲームのときにも前泊したのですが、このときはJR新発田駅前のホテルにしました。しかし、駅前がなかなか静かで少し寂しい思いをしてしまいました。今回は、少し賑やかなインターチェンジ近くに投宿しました。
ホテルに着いたのは夕方だったのですが、この時ロビーにジャージを着たスポーツマンらしき人が数人いたので「どこかのサッカーチームかな」と思ってしまった自分が少しサッカー中毒だなと自虐的になってしまいました。
夕食をとるためにホテルを出たときに駐車場に停まっていたバスに「AC NAGANO PERCEIRO」と書いてありました。「えーしー ながの ぱーせいろ?」とだけつぶやいて、食事に出かけました。
食事から帰ってホテルにある大浴場(と言っても所詮ビジネスホテルの風呂ですから)に入ったのですが、そこにいた先客の若者2人が喋っていた声が聞こえてきて、どうもサッカーのポストプレーに対して熱く語っていたようでした。「サッカー選手?」と思って、お風呂から上がってビールを飲んでいるとふと思い出しました「AC長野パルセイロ」だ。北信越リーグ1部に所属するチームで将来Jリーグ入りを目指していて、たくさんの元Jリーガーが所属するチームです。北信越リーグのゲームで来ていたのかなとそのときは思っていました。
翌日、本来の目的のゲーム終了後、帰宅途中の高速道路のサービスエリアで揃いのジャージを着た一団に出会いました。胸のエンブレムに「YSCC」と刺繍がしてあり、横浜のサッカークラブのYSCCのようでした。で、ふと思いました。ひょっとして「全社?」
帰宅後さっそく調べてみたら、新潟県で「全社」こと全国社会人サッカー選手権をちょうど行なっていたようです。
長野パルセイロは勝ち進んでいて、YSCCCは2回戦で敗れて横浜へ帰るところだったようです。
その後の「全社」の結果が気にしていたのですが、最終的にAC長野パルセイロが優勝しました。ただ一緒のホテルに泊まっただけのことですが、なんか非常に嬉しくなりました。
こんな経験も出来るのが、アウェー遠征の楽しみの一つかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。