Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なでしこオールスター2008 観戦記 その2

なでしこオールスター2008の観戦記ですが、今日はゲームの前後について書きたいと思います。
ゲーム前に各チームサポーターが集まって例年のとおり、メッセージ横断幕を作成しました。私が到着したときはすでに出来上がって終わっておりそのメッセージはゲームセット後に確認することになります。
14:00に開門でその時間からなでしこ縁日が開催されていました。縁日については明日以降たっぷりと書きたいと思います。
15:00からJリーグ日本代表OB・OGチーム対JFA福島アカデミー女子チームとのエキシビジョンマッチが行なわれました。(30分ハーフ)最初は、そんなに興味も無かったのですが、JFAアカデミーの選手達を見ていて思わず応援をしてしまいました。OB・OGチームが余裕を持った攻めをJFAアカデミーの選手達が一生懸命守るといった図式でゲームが進みます。会場全体がJFAアカデミーを応援する中、あるサポは「北京よりきついな」とたとえていました。
そんな中、JFAアカデミーでひときわ目立ったのが、U-20日本代表候補でもあるGKの山根恵里奈選手です。身長が187cmと元Jリーガより大きく本当にびっくりしました。山根選手は大きいだけでなくGKとしてのスキルも高く、コーチングなども的確にこなしていました。前半はちょうどアウェー側ゴールで守ったのでわれわれの声援も良く聞こえたようで、よく笑顔で返してくれました。
ゲームは前半だけ見て後半はなでしこ縁日へと出かけましたので、ラモスが出場した後半は見ませんでした。ゲームセットのタイミングでスタンドに戻ったのですが、JFAアカデミーの選手がスタンドにあいさつに廻っていてウェアーゴール裏では、先ほどのGK山根選手への声援が多く、山根選手も笑顔で手を振ってくれました。サポータの中には「卒業したらうちへ来てくれ!」と声をかけるものまでいました。本当に進路が気になってしまう選手でしょう。
17:00からオールスターゲームが始まりましたが、このレポートは昨日書いているので割愛します。
ハーフタイムには、JEFレディースの石田美穂子選手が歌手の石田ミホコとしてミニライブをやってくれました。初めて生イッシーをこの目で見ましたが駆け足でスタジアムを一周したのでカメラに収めることは出来ませんでした。(泣)
後半終了間際には、雨が降り出し終了後は本降り(大雨です)になってきました。そんな中、サポータのメッセージ横断幕を掲げたのですが、内容はEAST側が「なでしこの歴史を」、WEST側が「共に創っていこう」でした。とりあえずどこかのメディアで取り上げてもらえれば成功といったところです。
ゲーム終了後にWESTの選手達がアウェーゴール裏にあいさつに来てくれたとき、「プレッタ」コールをしたら、プレチーニャ選手が笑顔で手を振ってくれました。そして「かわすみ」コールをすると。川澄選手が少しはにかむような笑顔であいさつをしてくれました。すごく初々しかったのですが、今度は日本代表のユニフォームを着て戦う姿を見てみたいものです。大学時代のプレーを見ていてすごい選手で将来が楽しみだな思っていた選手なので少し入れ込んでしまっていることは否定しません(笑)
そんなこんななよもやま話でした。
明日以降は、なでしこ縁日などを書きたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。