Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーグ前半戦を振り返って(リーグ全般)

リーグ戦も前半戦が終わって中断期間に入りました。
前半戦を少し振り返ってみたいと思います。

enusなでしこリーグDiv1順位(第11節終了)】
              勝点 勝 分 負 得点 失点 得失点差
1.日テレベレーザ     28 9 1 1 40 18  22
2.浦和レッズレディース  24 7 3 1 28  9  19
3.INACレオネッサ   24 7 3 1 31 17  14
4.岡山湯郷ベル      17 5 2 4 18 16   2
5.TASAKIペルーレ  16 5 1 5 28 22   6
6.東京電力マリーゼ     7 2 1 8 16 27 -11
7.アルビレックス新潟    5 1 2 8 14 29 -15
8.伊賀FCくノ一      4 1 1 9 10 48 -38

順位表を出してみました。
ベレーザは、苦戦しながらもしっかり首位をキープしています。攻撃力は相変わらずなんですが失点が非常に多いような気がします。敗れた浦和戦では4失点喫していてベレーザらしくないゲームでした。最近のゲームでも勝っていても必ず失点しているようで調子はいまひとつなのか(もしくは何か新しいことをやろうとしているのか)分かりませんがダントツのぶっちぎりと言う感じではありません。
一時は首位に立った浦和ですが、INACに敗れるなどして2位につけています。攻撃陣は、北本選手、安藤選手など好調ですが、得点、失点とも少なく、どちらかと言うと失点を抑えて勝点を積み上げて行っているようです。
3位のINACですが、上位陣から勝点を奪って上位につけています。敗れたのは開幕戦の湯郷戦のみでそれ以降はベレーザ、浦和などを相手に敗れていません。こつこつと補強してきた成果が出てきた感じです。今年のINACはもう優勝候補と言っていいでしょう。
湯郷は、上位陣からなかなか勝点を取れませんがペルーレに1勝1分としてAクラスに入っています。あとは上位陣からどれだけ勝点を取れるかが上位をうかがう鍵でしょう。
ペルーレは、上位4チームから勝利が奪えず5位に甘んじています。レギュラーFWが抜けて得点力が心配されましたが、得点は28得点挙げて(1試合平均2.5点)います。しかし、失点が多く22失点(1試合平均2.0点)喫しています。守備の建て直しが後半戦躍進の鍵でしょう。
今シーズン昇格してきたマリーゼですが上位陣とはいいゲームをしながらもなかなか勝利をあげることが出来ません。下位チーム相手に勝利を挙げているので現在のところ降格圏外ですが、これからは上位陣からどれだけ勝点を取れるかが注目です。あの攻撃陣はやはり魅力的だと思います。
新潟は、なかなか勝点を上げられませんでしたが第2クールでは、上位から勝点をあげるなどして少しずつ上向いてきました。くノ一との直接対決に勝って順位をひとつ上げてきましたので今後の戦いに注目です。
最下位のくノ一ですが、とにかく失点が多いです。取られても取られても点を取りに行く姿勢はすばらしいと思うのですがなにせ勝点を上げないとDiv1に残れません。中断期間明けにはどのような戦い方を見せてくれるか注目です。
後半戦は、中断明けと国体明けの戦いが一つの山だと思います。ベレーザがこのまま首位を走るか、そのほかのチームの躍進があるか、下位チームでは残留争いがどうなるか、それぞれ注目の後半になると思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。