Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第9節(2008.6.29) 神戸ユニバ記念競技場
梅雨真っ只中の開催で天気予報も雨の予報でしたが、やっぱり雨でした。そして湿度が高くて選手にとってはなかなかタフなコンディションでした。ただ、ゲームが始まる頃には雨も小降りとなりピッチコンディションはまずまずでした。
ゲームは前半からペルーレがボールを支配して攻め込み、山本選手の先制ゴールと大石選手のゴールで2点リードして折り返します。
ペルーレは、後半の立ち上りにも山本選手のゴールで突き放しゲームが決まったに見えましたが、諦めない新潟の粘りに遭い、川村選手、菅澤選手のゴールで1点差まで追い上げられます。
ゲームの行方が分からなくなってきたところで大石選手がこの試合2ゴール目を挙げて突き放します。
このままスコアは動かずペルーレが勝利を挙げました。
なかなかすっきり勝てないゲームが続きますが、次節は前回の戦いでドローに持ち込まれた湯郷です。取るべきは勝点3です!優勝争いに残るためにも是非とも勝利を!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。