Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第7節(2008.6.15) ホームズスタジアム神戸

観戦記で、今日のゲームの感想を書きたいと思います。
代表戦明けで両チームの選手の動きなどがどうなのかなと思っていましたが、ベレーザは、永里優希選手と近賀選手が先発からはずれていました。
ペルーレは、キャプテン佐野選手がベンチ外で代わりにDFに河上選手が入りました。
立ち上がりはベレーザがほとんどボールを支配していましたが、ペルーレにとっては1点目は本当に事故のような失点でした。2失点目はしっかりと崩されてしまいました。
後半開始早々の3失点目はPKで取られてしまいましたが、大谷選手のすばらしいゴールで追い上げムードになりましたが、またまたPKを取られて突き放されてしまいました。
途中出場の澤田選手がリーグ戦初ゴールで追い上げますが届かず、ホムスタベレーザ戦3連敗となってしまいました。
これで、ペルーレは第1クールを3勝1分3敗の5位で終わりました。次節から第2クールですが切り替えて勝点を積み上げていきましょう。
それにしても、澤田選手のゴールはGKとの1対1を落ち着いて決めました。敗れたゲームとはいえ、リーグ戦初ゴールをベレーザから挙げられたので忘れられないゲームになったことでしょう。ゲーム終了後チーム横断幕を片付けて戻ってきた澤田選手に「ナイスゴール!」と声をかけたら笑顔で応えてくれました。次のゲームもゴールを頼むぞ!由佳べぇ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。