Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第1節(2008.4.13) 三木総合防災公園陸上競技場

今シーズン第1節の観戦記を書きます。
ゲームレポートにも書きましたが、このゲームで、ペルーレの白鳥選手が100試合出場を達成しました。
ゲーム終了後サポータからの花束贈呈のプレゼントセレモニーをスタンドで行なったのですが、リーダの粋な計らいで、プレゼンターを白鳥選手のおじいさんにお願いしました。おじいさんも喜んでおられて本当に感動的なセレモニーになりました。

話は変わって、この日は2ゲームあり、2試合目はINACと湯郷が開幕戦を戦いました。ただ、このゲームは前半しか見ていませんでしたので、少しだけ感想を書きます。
このゲームは、湯郷が加戸選手のゴールで先制し、前半のうちに追加点を上げて有利にゲームを運びます。後半始まって間もなくINACが1点挙げますが反撃もここまでで、湯郷が昨年の雪辱を果たした形になりました。
このゲームで、私が注目していたのはINACの攻撃陣でした。FW登録選手が4人スタメンに入っていて、この4人が実際に最前線でダイヤモンド型になり、頻繁にポジションチェンジをして見ていて面白い戦い方でした。
ただ、前線へのつなぎがうまく行かなかったり、湯郷DF陣の頑張りなどで、なかなか機能していないようでした。
対する湯郷は、復活した加戸選手の活躍で勝利しましたが、福元選手のパフォーマンスや宮間選手のFKなどは相変わらずすばらしいものでした。

そんなこんなな開幕戦でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。