Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第19節 浦和レッズレディース vs TASAKIペルーレFC
なでしこリーグ Div1 第19節
浦和レッズレディース 1×0 TASAKIペルーレFC    
得点者:[浦和]庭田亜樹子(13分)
場所:さいたま市駒場スタジアム KO 13:00
天候:晴 弱風

快晴で風もない穏やかな小春日和の中、ゲームが行われました。
ペルーレは、中盤を山本選手、阪口選手、清原選手、白鳥選手で構成しそれ以外のメンバーはいつもの通りで臨みます。
対する浦和は、北本選手と安藤選手の二人がツートップ気味、中盤には木原選手、柳田選手、高橋選手、庭田選手が入ります。最終ラインは左から岩倉選手、矢野選手、森本選手、土橋選手で構成し山郷選手がゴールマウスを守ります。キックオフは何故か13:04という微妙な時間でした。
立ち上がりから浦和が押し込み再三DFの裏をついてペルーレゴールに迫ります。
5分に浦和の安藤選手がDFの裏をついてシュートを放ちますが、ゴール枠に飛びませんでした。
ペルーレは浦和の攻撃を跳ね返しても、セカンドボールをことごとく拾われ攻撃の形が作れません。
そんな中、13分に浦和は左サイドを柳田選手が突破して中央へクロスを入れると、庭田選手が二列目から飛び出してドンピシャヘディングでゴールネットを揺らします。GOOOOOOOAL!柳田選手の正確なクロスが浦和に貴重な先制点をもたらします。
その後も浦和が中盤で厳しくプレスをかけてペルーレのチャンスの芽を潰して行きます。
17分に浦和は安藤選手がDFの裏へぬけでてチャンスを作りますが、GK佐々木選手が勇気を持って飛び出して防ぎます。
その後両チームともなかなかチャンスを作れない時間が続きます。
前半終了間際の42分、ペルーレの大谷選手がゴール正面からシュートを放ちますがGK山郷選手ががっちりキャッチします。
程なくして前半終了のホイッスルが鳴ります。結局ペルーレの前半のシュートはこの1本のみでした。
ペルーレは浦和の中盤の厳しいプレスで思うようなサッカーができていなかったように見えました。
ペルーレは後半頭から清原選手に代えて大石選手を投入します。後半開始早々、その大石選手がゴール正面からシュートを放ちますがDFに当たってGKが難なくキャッチします。
63分にもペルーレは右サイドの阪口選手から中央の大谷選手へボールが渡りますますが、トラップが流れて左サイドに転がったところに大石選手がぽっかりとフリーでいて絶好のチャンスになりますがシュートが枠に飛びませんでした。
69分には阪口選手から中央でボールを受けた鈴木選手が自分でシュートコース作って右足を一閃しますが、GK山郷選手が横っ飛びでキャッチします。
73分には大谷選手が右サイドをドリブルで突破してクロスを入れるとFW鈴木選手が飛び込んできますがこれはGK山郷選手と接触してキーパーチャージを採られます。
80分には浦和がゴール前でフリーキックのチャンスを得ます。これをFKの名手・高橋選手が狙いますが、これはペルーレのGK佐々木選手が横っ飛びの好セーブで防ぎます。
その後は、攻めるペルーレ、守ってカウンターで攻める浦和の構図でゲームが進み、ロスタイムには浦和がカウンターからの独走で決定的なチャンスを得ますがGK佐々木選手がファインセーブで防ぎます。程なくしてゲームセットのホイッスルが鳴ります。浦和が粘り強い戦いでペルーレを下しました。
このゲームでは、中盤での厳しさで浦和の方が上回っていたような気がします。セカンドボールの支配も浦和が多くペルーレはなかなか連続攻撃が仕掛けられませんでした。とにかく切り替えて次へ進まないといけません。
これで、ペルーレは勝点でベレーザと並び得失点差で2位に後退しました。しかし、まだ同じ勝点です。
次節はそのベレーザとの直接対決です。勝った方が優勝へ限りなく近づきます。まさしく最終決戦になります。
こんなしびれるようなゲームを楽しみにしながら一週間をすごしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。