Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ゲームレポート】なでしこリーグ Div1 第15節 TASAKIペルーレFCvs伊賀FCくノ一
なでしこリーグ Div1 第15節
TASAKIペルーレFC 3×0 伊賀FCくノ一     
得点者:[TASAKI]鈴木智子(31分)、大石沙弥香(56分)、大谷未央(63分)
場所:五色台運動公園(アスパ五色) KO 13:00
天候:晴 弱風

快晴のアスパ五色で少し暑いくらいかなといった気候の中、くノ一が風下をとって、ペルーレのキックオフでゲームが開始されました。
ペルーレは、前節の先発からGKが佐々木選手に代わった以外は同じメンバーで挑みます。
くノ一は、CBに宮本選手と吉泉選手が入り、左SBに庄子選手、右SBに攻撃力のある鈴木選手、ボランチに清原選手と堤選手、右SHに四宮選手、左SHに大歯選手、FWツートップに小野選手と村岡選手が入ります。
ゲーム開始直後から、ペルーレがボールを支配してゲームを組み立てます。そして開始早々の2分に、遠目の位置から山本選手がオープニングシュートを放ちます。
6分にペルーレは、左サイドの相手スローインをカットした大石選手が中へ切れ込んでシュートを放ちますがゴールの右へはずれます。
ペルーレは、いつものように縦へ速い展開でボールを入れますが、風上にたった影響で、DFの裏を越えたボールがGKまで届いてしまってFWになかなか収まりません。
対するくノ一は、8分に右サイドを突破してあげたクロスがDFに当たってコーナーキックのチャンスを得ます。しかし、このコーナーキックはペルーレがクリアして、そのまま、カウンター攻撃に出ます。大谷選手がドリブルで突き進んで、クロスを入れますがDFがクリアします。
ペルーレは、サイドを基点に攻撃を組み立てて、左右のSBが再三駆け上がってクロスを入れます。
21分には、ペルーレは、右SBの甲斐選手が少し中へ切れ込んで阪口選手へスルーパスを出し、突破した阪口選手が中央へ折り返し、鈴木選手が飛び込んできますが一歩とどきません。
このあたりで、ペルーレのフォーメーションがいつもと違うことに気づきました。大谷選手が右サイドに張っていて、1トップ(左から、大石選手、鈴木選手、大谷選手の3トップとも見えます)気味の布陣になっていました。
23分にペルーレはその右サイドでチャンスを作ります。右サイドを大谷選手が突破してクロスを入れるとファーサイドで大石選手がヘディングシュートを放ちます。しかし、ゴール枠には飛びませんでした。
くノ一は、右サイドを中心に時折攻めに出ますがゴールには至りません。
26分にペルーレの佐野選手が左サイドをドリブルで駆け上がってDFを抜いてシュートを放ちますが、わずかにゴール右へはずれます。
31分に中央で相手ボールをカットしたペルーレは、阪口選手がタイミングを見計らって綺麗なスルーパスを出し、それに反応して飛び出した鈴木選手が右足を一閃すると、ものすごいスピードでゴールネットへ突き刺さります。阪口選手の見事なパスと鈴木選手の「らしい」シュートで待望の先制点を挙げます。
35分にペルーレは右サイドのスローインから大谷選手がクロスを入れるとファーサイドの大石選手がヘディングシュートを放ちますがGK小林選手が好セーブで防ぎます。今日の大谷選手は、右サイドから再三チャンスメイクします。
その直後、ペルーレは決定的なチャンスを得ます。ゴール前で相手のパスをカットした鈴木選手が、DFをかわしてGKと1対1でシュートを放ちますが。これは惜しくもクロスバーを叩いてゴールになりませんでした。
前半終了間際には、くノ一がコーナーキックのチャンスを得ますが、ペルーレがクリアしたところで前半終了のホイッスルが鳴ります。
後半は、立ち上がりはくノ一が積極的に出ますが、そんなに長くは続かずすぐさまペルーレが押し返します。
49分にペルーレは、またまた大谷選手が右サイドを切り裂いて中央へ折り返し、相手DFに当たってこぼれたところを鈴木選手が詰めますがGK小林選手がキャッチします。
52分には、ペルーレの阪口選手が中央からのノールックで右サイドの大谷選手へスルーパスを出し、大谷選手が中央へ折り返したところに大石選手が飛び込んで押し込みますが、左ゴールポストに当たり跳ね返ります。そこに、山本選手が詰めますがわずかに届かずゴールになりませんでした。前節に続いて今節もゴール枠に嫌われます。それにしても、阪口選手のノールックパスはかっこよかったです。わざとらしい首を振ってのノールックパスではなく、本当に内を見たまま外へパスを出しました。見ていた我々もだまされました。
56分にペルーレは左サイドを鈴木選手が強引なドリブルで突破して中央へ切れ込んでゴール前へパスを出します、ゴール前でフリーの大谷選手がパスを受けますがシュートできる体制で無くどうするのかと思ったら、ポストプレーで後ろへボールを落とします、そこへ大石選手が飛び込んできて冷静にDFをかわして、GKの位置を良く見てシュートを放つとボールはゴールネットを揺らします。FW陣の見事な連係プレーで追加点を奪います。
勢いに乗ったペルーレは、63分に、中央でボールを受けた阪口選手が、鈴木選手とのワンツーで前へ出ると右サイドの大谷選手へ丁寧なパスを出します。フリーで受けた大谷選手が、中央へ切れ込んでDFをかわして左足を振り抜くとボールはGKの頭上を越えてゴール左へ飛び込みます。阪口選手の見事なパスと大谷選手の「らしい」ゴールで、くノ一を突き放します。それにしても、阪口選手の視野の広さはいつ見ても驚きます。
67分にペルーレは、またまた阪口選手から右サイドの甲斐選手にパスが出て、甲斐選手のクロスに山本選手が飛び込んできて合わせますがGKがキャッチします。
くノ一もその直後に右サイドのスローインからゴール前へボールを入れて、こぼれたところを四宮選手がシュートを放ちますが、ゴールの上へ大きくはずれます。
69分にペルーレは、佐野選手に代わり河上選手が投入されます。河上選手はそのまま左SBへ入ります。
72分にくノ一は、SBの庄子選手に代えてFWの井坂選手を投入して反撃に出ます。
その直後の73分にくノ一は右サイドからのアーリークロスに、大歯選手が頭からと飛び込みますがゴール枠には飛びませんでした。
74分にペルーレは左サイドを鈴木選手がドリブルで突破して中央へ折り返すと阪口選手がシュートを放ちますが、GKの正面に飛びゴールになりませんでした。
76分にペルーレは、左サイドの大石選手に代えて清原選手を投入しますが、直後にそのサイドをくノ一に突破されます。右SBの鈴木選手がドリブルで駆け上がってゴール前へ入れると、井坂選手が受けますがトラップが流れてGKに抑えられてしまいます。
80分にペルーレは、大谷選手が代えて坂井選手を投入し前線を活性化し追加点を狙いに行きます。
85分には、ペルーレは中央でパスカットした鈴木選手がドリブルでDFを振り切ってシュートを放ちます、辛うじてGK小林選手が弾きますが、そこに清原選手が飛び込んできてシュートを放ちます。しかし、これもGKに当たりゴールになりません。
最後までペルーレは追加点を狙って攻めますが、ロスタイムの2分が過ぎてゲームセットのホイッスルが鳴ります。
あと2・3点取れそうな展開でしたが、とにかく、勝点3取ることが大事です。失点するゲームが多かった今シーズンですが、これで2試合続けての完封です。この調子で、次節も戦って欲しいと思います。
それにしても今日は、阪口選手が光っていました。何度も意外なプレーやそのテクニックで脅かせてくれました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。