FC2ブログ
Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
【ゲームレポート】第30回全日本女子サッカー選手権 準々決勝 浦和レッズレディース vs TASAKIペルーレFC
第30回全日本女子サッカー選手権 準々決勝

浦和レッズレディース 0×1 TASAKIペルーレFC
得点者: [TASAKI]大石沙弥香(25分)
場所:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場 KO 14:00
天候:晴 中風

午後になりアウェー側のメインスタンドは日陰になり非常に寒く感じる中ゲームは開始されました。このゲームは浦和がホーム扱いなので、ペルーレはアウェーユニフォームかなと思ったのですが、いつものロゼでの戦いになりました。ホームユニは浦和が譲ってくれたのでしょうか。
ペルーレは、GKに齋田選手。DFは左から佐野選手、下小鶴選手、池田選手、甲斐選手のいつもの4バック、MFは、ボランチの位置に白鳥選手と田中選手、左SHに山本選手、右SHに阪口選手が入ります。FWは大石選手と大谷選手が入ります。今日は、大谷選手が先発で出場しました。
対する浦和は、GKに山郷選手、DFは左から森本選手、矢野選手、百武選手、土橋選手の4バックで臨みます。MFは、ボランチの位置に高橋選手と保坂選手が入り、左サイドに若林選手、右サイドに柳田選手が入ります。そして、FWは、安藤選手と北本選手がツートップを組みます。
7分に浦和がビッグチャンスを得ます。DFの裏へ抜けた土橋選手がフリーでシュートを放ちます。ボールはGK齋田選手の脇を抜けてゴールへ飛び込もうとする寸前に、池田選手がゴールライン寸前でボールを掻き出します。あわやと言うシーンでしたがここは池田選手のスーパープレーで事なきを得ました。
その直後にペルーレは大谷選手がゴール前の混戦のこぼれ玉を拾ってシュートを放ちますがこれはGK山郷選手がパンチングで防ぎます。
17分に浦和は左サイドのスローインからのクロスを安藤選手がヘディングシュートを放ちますがゴールの右へはずれます。
19分に今度はペルーレが左45度の場所でフリーキックのチャンスを得ます。山本選手のフェイクのあと阪口選手が直接狙いますが、これはGK山郷選手の正面でした。
25分に中央で受けた白鳥選手が右サイドへはたき、阪口選手が受けます。阪口選手がDFを抜ききらない絶妙のタイミングでゴール前へボールを入れます。これを、DFを引き連れながらニアに飛び込んできた大石選手があわせるとGKの山郷選手も届かずボールはゴールネットを揺らします。大石選手の値千金のゴールでペルーレが先制します。
その直後の26分にペルーレは左サイドの佐野選手がドリブルで突破してクロスを入れると大谷選手が頭で合わせます。しかし、シュートは枠をとらえられませんでした。
41分にペルーレは中央でパスカットした阪口選手が遠目からシュートを放ちますがGKの正面でした。
両チームとも積極的にプレスをかけてボールを奪い合う一進一退の展開はこのままペルーレの1点リードで前半を終わります。
後半の立ち上がりはペルーレがチャンスを作ります。
53分に左サイドを突破した佐野選手からのクロスを大石選手が頭で合わせますがゴールの上へはずれます。直後の55分には山本選手のスルーパスに抜けた大谷選手がシュートを放ちますがゴールの右へはずれます。
57分に浦和が動きます。保坂選手に代えて松田選手を投入します。
64分に浦和はフリーキックのチャンスを得ますが得点になりません。
68分には浦和がFWの北本選手に代えて窪田選手を投入します。
69分にはペルーレはスルーパスに抜けた大谷選手がシュートを放ちますがこれはGK山郷選手の好セーブに防がれます。
71分に浦和が左45度の位置でフリーキックのチャンスを得ます。これを高橋選手が直接狙います。ボールは、クロスバーを叩いて跳ね返ります。跳ね返りが混戦になりましたがGK齋田選手が抑えます。
73分にペルーレは左サイドのスローインを受けた大谷選手が内へ切れ込んでシュートを放ちますがゴールの右へはずれます。
76分にペルーレは大石選手に代えて坂井選手を投入します。
79分に浦和はコーナーキックのチャンスを得ます。ゴール前へ挙げたボールをペルーレの選手がヘディングでクリアしますが。うまくクリアしきれずクロスバーに当たってしまいます。危うくオウンゴールになる所でした。
84分にペルーレは田中選手に代えて中岡選手、89分に大谷選手に代えて澤田選手を投入します。
そして、程なくしてゲームセットのホイッスルがなります。
今日のゲームは、ペルーレの選手の気迫が伝わってくるようなゲームでした。中盤の厳しいプレスからボールを奪って縦に早い攻撃を仕掛けるペルーレ本来のゲームができていたようでした。
これでペルーレの神戸での最後のゲームは見事に勝利を飾って、いよいよ東京に乗り込むことになります。
 
スポンサーサイト



テーマ:★☆女子サッカー☆★ - ジャンル:スポーツ

【ゲームレポート】第30回全日本女子サッカー選手権 3回戦 スペランツァFC高槻 vs TASAKIペルーレFC
第30回全日本女子サッカー選手権 3回戦

スペランツァFC高槻 0×2 TASAKIペルーレFC
得点者: [TASAKI]山本絵美(4分)、坂井優紀(31分)
場所:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場 KO 11:00
天候:晴時々雨 弱風
冬の寒さが厳しい中も晴れ間がのぞくような天気の中ゲームが行われました。ゲーム前のウォーミングアップからペルーレの選手がロゼの羽根ユニのユニフォームを着ていたのでまさかと皆が思っていたところそのまさかのロゼの羽根ユニでゲームに臨みます。
ペルーレは、GKに齋田選手。DFは左から佐野選手、下小鶴選手、池田選手、甲斐選手のいつもの4バック、MFは、ボランチの位置に白鳥選手と田中選手、左SHに山本選手、右SHに阪口選手が入ります。FWは大石選手と坂井選手が入ります。エース大谷選手はベンチからのスタートになります。
対する高槻は、GKに元ペルーレの鈴木理沙選手、DFは左から平野選手、奥田選手、中江選手、中鍋選手の4バックで臨みます。MFは、ボランチの位置に元ペルーレの新甫選手と鈴木舞子選手が入り、左サイドに相澤選手、右サイドに小野村選手が入ります。そして、FWは、虎尾選手と伊丹選手がツートップを組みます。GKの鈴木理沙選手とMFの新甫選手は、自分が所属したチームがなくなる最後の大会での対戦は、心の思うところがあったことでしょう。
立ち上がり早々の2分に、ペルーレの大石選手がゴール前でドリブルで仕掛けてシュートを放ちますが、これはGKの鈴木選手が好セーブで防ぎます。ペルーレがボールを支配して立ち上りから高槻ゴールを脅かします。
そして、その直後の4分にペルーレが右サイドから甲斐選手がクロスをゴール前へ入れるとゴール前の坂井選手に渡ろうとしますが、これを坂井選手がスルー(シュートできなかっただけかもしれませんが)すると、ファーサイドで山本選手がフリーで受けます。これを、冷静にゴールへ流し込みます。ペルーレが立ち上がりの勢いに乗って先制点を挙げます。
その後もペルーレが攻め立てます。7分に左サイドを坂井選手が深くえぐってゴール前へ折り返します、これは一旦クリアされますが、これを拾った佐野選手がミドルシュートを放ちますがゴールの左へはずれます。
16分にペルーレは、左サイドのコーナーキックを得ます。白鳥選手がファーサイドに蹴ると、これを阪口選手がドンピシャのヘディングシュートを放ちます。しかしこれをGKの鈴木選手がスーパーセーブで防ぎますが、ボールがこぼれます。こぼれ玉を再び阪口選手がシュートを放ちますがこれはゴールの左へはずれます。
23分に、高槻のフリーキックをペルーレがクリアすると、それがそのままDFの裏へ抜けた坂井選手に渡ります。坂井選手がGKと1対1になりますが、これもGK鈴木選手がスーパーセーブで防ぎます。
高槻は24分に再三破られる左サイドのてこ入れに、中鍋選手に代えて井上選手を投入します。
33分にペルーレは、右サイドの阪口選手からのスルーパスに抜けた坂井選手が追いすがるDFを振り切ってシュートを放ちます。ボールはゴール左へ突き刺さります。坂井選手の見事なシュートで追加点を挙げます。
39分にペルーレは右サイドの甲斐選手からのアーリークロスを受けた山本選手がシュートを放ちますがゴールの上へはずれます。
ペルーレが押し気味でこのまま前半を終了します。
高槻も相澤選手の惜しいシュートなどもありましたが、決定的なチャンスを作ることが出来ませんでした。また、前半途中から雨が降り出して、肌寒い中でのゲームになりました。
後半も開始早々からペルーレがチャンスを作ります。
51分にペルーレの坂井選手がゴール前のこぼれ玉を拾ってフリーでシュートを放ちますがゴール上へはずれます。
54分にペルーレは坂井選手のポストプレーから山本選手がシュートを放ちますがGK鈴木選手が好セーブで防ぎます。
56分にペルーレは大石選手に代えて澤田選手が入ります。
69分に高槻は、相澤選手が左サイドをドリブルで破ってクロスを入れます、これをファーサイドで待っていた伊丹選手がフリーで受けてシュートを放ちますが、これはGK齋田選手が好セーブで防ぎます。
その直後にペルーレは、白鳥選手に代えて中岡選手を投入します。このとき、交代ボードの番号がINの中岡選手の番号になっていて誰との交代か最初分かりませんでした。中岡選手が直接指摘して第4審が慌てて直す一幕もありました。
76分にペルーレは坂井選手のポストプレーから中岡選手が遠目から思いっきり放ちます。ボールはクロスバーを激しく叩いて跳ね返ります。
78分にペルーレは佐野選手に代えて河上選手を投入します。
その後もペルーレが押しながらも追加点を奪えないままゲームセットのホイッスルがなります。
ペルーレ最後の大会の初戦は、しっかりと勝利を挙げました。
このゲームでは、坂井選手が再三チャンスメイクをしていい活躍をしていたと思います。