Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-17女子W杯 グループリーグ 日本vsアメリカ

U-17女子W杯 2008ニュージーランド
グループC
日本 3-2 アメリカ
得点者:[日本]岩渕 真奈 31'、亀岡 夏美 68'、吉岡 圭 74'[アメリカ]Vicki DiMARTINO 3'、Mandy LADDISH 51'

若き日本女子代表がやってくれました。
CSフジで生中継していましたので録画していておいて観ましたが、立ち上がりは硬い感じで、先制点を奪われたときは、やっぱりアメリカには勝てないのかなぁといった感じでした。身長170cm以上がたくさん居るアメリカと150cm台が多くいる日本の戦いは、大人と子供のような感じでした。
しかし、先制点を取られた後は、日本の小気味の良いボール回しでアメリカを圧倒して何度と無くチャンスを作りました。前半、岩渕真奈選手(日テレ・メニーナ)のゴールで追いつきました。岩渕選手はなでしこリーグのペルーレ戦で観ましたが、得点も挙げていて何かベレーザらしい選手がまた出てきたなと言う印象でした。ニュージーランドでの戦いは本当に頼もしい存在に映ります。
後半リードされながらも、亀岡夏美選手(JFA福島アカデミー)の超ロングシュートが決まって同点に追いつきます。それにしても亀岡選手の思いっきりはすばらしかったです。アメリカの選手達もまさかあそこから打ってくるとは思っていなかったのでしょう。
そして、勝ち越して点は途中出場の吉岡圭選手(FC VICTORIES)がすばらしいシュートであげます。胸とラップからのボレーシュートでゴールを決めた姿本当にかっこよかったです。
日本選手たちは、のびのびと戦って体格差を感じさせないような戦いでした。アメリカは確かに体格に恵まれた選手が多くいたしたが、技術的には日本の選手達が格段上のように見えました。
TV解説の野田朱美さんが言っていましたが、この年代で世界大会でアメリカに勝っておくということは非常に価値があることだと思います。フル代表であるなでしこジャパンはアメリカに勝ったことはありません。しかし、この年代で勝ったということは今後のフル代表への影響も少なからずあると思います。
本当にすばらしいゲームだったと思います。この勢いでグループリーグ突破はもちろん、決勝トーナメントで上位へ進出していって欲しいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:★☆女子サッカー☆★ - ジャンル:スポーツ

U-20日本女子代表メンバー発表
FIFA U-20女子ワールドカップ チリ2008に出場する、U-20日本女子代表メンバーが発表されました。

GK 小林 詩織  日テレ・ベレーザ
   菅原 未紗  吉備国際大学
   山根 恵里奈 JFAアカデミー福島
DF 磯金 みどり 吉備国際大学
   柳井 里奈  INACレオネッサ
   長船 加奈  東京電力女子サッカー部マリーゼ
   小林 海咲  日テレ・メニーナ
   櫻本 尚子  常盤木学園高校
   熊谷 紗希  常盤木学園高校
MF 田中 明日菜 TASAKIペルーレFC
   有町 紗央里 岡山湯郷Belle
   小山 季絵  早稲田大学
   宇津木 瑠美 日テレ・ベレーザ
   川村 真理  福岡J・アンクラス
   原 菜摘子  日テレ・ベレーザ
   與山 このみ アルビレックス新潟レディース
   加戸 由佳  岡山湯郷Belle
FW 中出 ひかり 吉備国際大学
   坂井 優紀  TASAKIペルーレFC
   永里 亜紗乃 日テレ・ベレーザ
   後藤 三知  常盤木学園高校

このメンバーで11月19日から始まるU-20女子W杯を戦います。
ペルーレからは、田中明日菜選手と坂井優紀選手が選ばれています。リーグ戦の最中にこの2人が抜けるのはチームにとっては大変ですけれども、2人が世界で戦って何かを掴んで帰ってくれればと思います。
この大会の模様はCSフジで生放送をやるようなので楽しみです。
現在、妹分はU-17女子W杯がニュージーランドで行なわれていて、日本はグループリーグで強豪アメリカに勝ったようです。
湯郷・福元選手の怪我
福元選手の怪我のニュースが出ていました。
なでしこ1部湯郷ベル GK福元、今季絶望 左アキレス腱断裂(山陽新聞
ペルーレとのゲームで負傷しましたが、接触プレーもないところでの怪我でしたので、気になっていたのですが、最悪の結果でした。全治6ヶ月と言うことですので、しっかり直して来シーズン元気な姿を見せてほしいと思います。
plenusなでしこリーグ Div2 第18節結果
<<penusなでしこリーグDiv2第18節 結果>>
アサヒナ 1-4 福岡AN
大原学園 0-6 JEFL
清水第八 0-2 AS狭山
R熊本  1-5 FC高槻

順位表
       勝点 残り試合
1 JEFL 41  1  
2 FC高槻 39  1
3 AS狭山 32  0
4 大原学園 25  0
5 福岡AN 23  0
6 バニーズ 13  0
7 清水第八 11  0
8 アサヒナ 10  0
9 R熊本   9  0

Div2の最終の第18節が終わりました。ただし、雷雨順延試合を1試合残しています。神様のいたずらか、この、順延試合が優勝決定戦になりました。
11月15日行なわれるFC高槻とJEFレディースのゲームですが、JEFLは、勝つか引き分ければDiv2優勝と自動昇格が決定します。FC高槻は勝利すると優勝となります。
両チームとも死力を尽くした激しい戦いになることは間違いないでしょう。
【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第17節(2008.10.26) アスパ五色
17節のアスパ五色ですが小雨が降る中非常に寒い気候でした。
ゲームは、前半ペルーレがおしていたのですが、ここで得点を取りたかったところです。
後半は両チームとも少ないチャンスの中、きっちりと決めた湯郷が勝利をおさめました。
ただ、後半ロスタイムに交代した湯郷の福元選手の状態が気にかかります。
あと、五色FCの皆さんが、手作りの横断幕でペルーレを惜しんでくれました。
plenusなでしこリーグ Div1 第17節結果
<<penusなでしこリーグDiv1第17節 結果>>
日テレ・ベレーザ   3×0 アルビレックス新潟
TASAKIペルーレ 0×2 岡山湯郷ベル   
浦和レッズレディース 0×3 INACレオネッサ
東京電力マリーゼ   2×1 伊賀FCくノ一  


首位のベレーザは、大野選手の2ゴールなどで快勝し首位をがっちりキープしました。
4位と5位の対決は、湯郷が後半の2得点で勝利しました。
浦和とINACの2位と3位の対決は、プレチーニャ選手の2ゴールなどでINACが勝利し2位に浮上しました。浦和が優勝争いから一歩後退しました。
マリーゼとくノ一の対戦は、マリーゼが前半のリードを守りきって勝利しました。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第17節終了)】
 

 

勝点

得点

失点

得失点差

1

日テレベレーザ

43

14

1

2

61

20

41

2

INACレオネッサ

39

12

3

2

43

20

23

3

浦和レッズレディース

36

11

3

3

41

15

26

4

岡山湯郷ベル

29

9

2

6

26

20

6

5

TASAKIペルーレ

28

9

1

7

38

31

7

6

東京電力マリーゼ

13

4

1

12

20

39

-19

7

アルビレックス新潟L

5

1

2

14

15

43

-28

8

伊賀FCくノ一

4

1

1

15

12

70

-58


plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報試合終了
TASAKIペルーレ 0×2 岡山湯郷ベル
得点者
加戸(69分)
田中(80分)
plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報前半終了
TASAKIペルーレ 0×0 岡山湯郷ベル
得点者
plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報
TASAKIペルーレ × 岡山湯郷ベル
TASAKIペルーレ先発メンバー
GK 齋田
DF 甲斐、池田、下小鶴、佐野
MF 阪口、山本、田中
FW 大石、大谷、坂井
【プレビュー】plenusなでしこリーグ2008 Div1 第17節

enusなでしこリーグ2008 Div1 第17節 プレビュー
開催日:2008年10月26日(日)
日テレ・ベレーザ   vs アルビレックス新潟 13:00 平塚市競技場
TASAKIペルーレ vs 岡山湯郷ベル    14:00 アスパ五色
浦和レッズレディース vs INACレオネッサ 13:00 鴻巣市陸上競技場
東京電力マリーゼ   vs 伊賀FCくノ一   13:00 ニッパツ三ツ沢球技場


首位のベレーザは、平塚で新潟と戦います。着々と優勝に向かって勝利を重ねているベレーザですがこのゲームもしっかり勝点3を取らなければいけません。対する新潟は、ベレーザ相手に良いゲームをするものの勝点を取れないのが現状です。新潟は1でも勝点を取りたいところでしょう。
ペルーレと湯郷は4位と5位の戦いになります。ペルーレは、今シーズン湯郷に勝てていません。このまま終わるわけには行かないと思います。好調の阪口選手に注目です。対する湯郷は、前節順位をひっくり返されましたが、ここで勝って再び4位へ浮上したいところです。
浦和とINACは、勝点で並ぶ2位と3位の戦いです。浦和はここ2試合を1-0で粘り強い戦いで勝ってきています。対するINACは自慢の攻撃陣の活躍でここ2試合3点ずつとって勝ってきています。両チームとも優勝を狙うためには負けられませんので熱い戦いになりそうです。
マリーゼとくノ一のゲームは、ニッパツ三ツ沢で行なわれます。マリーゼ恒例の首都圏ゲームです。マリーゼは勝って残留をグッと引き寄せたいところです。対するくノ一は、最下位にならなければ残留できる条件になったので、ここは勝点3を積んで優位に立ちたいところでしょう。このゲームも熱い戦いになりそうです。
今節は、順位の近いチーム同士の戦いがあり熱き節になりそうです。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第16節終了)】

  

勝点

得点

失点

得失点差

1

日テレベレーザ

40

13

1

2

58

20

38

2

浦和レッズレディース

36

11

3

2

41

12

29

3

INACレオネッサ

36

11

3

2

41

20

21

4

TASAKIペルーレ

28

9

1

6

38

29

9

5

岡山湯郷ベル

26

8

2

6

24

20

4

6

東京電力マリーゼ

10

3

1

12

18

38

-20

7

アルビレックス新潟L

5

1

2

13

15

40

-25

8

伊賀FCくノ一

4

1

1

14

11

68

-57

なでしこリーグ Div2の優勝争いが佳境

<<penusなでしこリーグDiv2第17節 結果>>
福岡   0-1 大原
高槻  11-1 アサヒナ
京都   2-2 清水第八
AS狭山 8-0 熊本

順位表
       勝点 残り試合
1 JEFL 38  2  
2 FC高槻 36  2
3 AS狭山 29  1
4 大原学園 25  1
5 福岡AN 23  0
6 バニーズ 13  0
7 清水第八 11  1
8 アサヒナ 10  0
9 R熊本   9  1

いよいよ残り1節となったDiv2ですが、順延試合を残している高槻とJEFが勝点差2で競っています。
最終節は、高槻は熊本と戦い、JEFは大原と戦います。このゲームでJEFが勝って、高槻が引き分けか負けでJEFの優勝と自動昇格が決まりますが、おそらく高槻が熊本に負けることは無いと思います。逆に、高槻が勝ってJEFが負けたりすると順位が入れ替わります。最終節も目が離せません。
そして、順延されていたゲームが優勝決定戦になりそうです。
Div2も熱い戦いが続きます。

【観戦記】アウェー紀行 新潟県新発田市

一昨日にエントリーしたのですが、今回の遠征は新発田市に前泊しました。昨年の新発田でのゲームのときにも前泊したのですが、このときはJR新発田駅前のホテルにしました。しかし、駅前がなかなか静かで少し寂しい思いをしてしまいました。今回は、少し賑やかなインターチェンジ近くに投宿しました。
ホテルに着いたのは夕方だったのですが、この時ロビーにジャージを着たスポーツマンらしき人が数人いたので「どこかのサッカーチームかな」と思ってしまった自分が少しサッカー中毒だなと自虐的になってしまいました。
夕食をとるためにホテルを出たときに駐車場に停まっていたバスに「AC NAGANO PERCEIRO」と書いてありました。「えーしー ながの ぱーせいろ?」とだけつぶやいて、食事に出かけました。
食事から帰ってホテルにある大浴場(と言っても所詮ビジネスホテルの風呂ですから)に入ったのですが、そこにいた先客の若者2人が喋っていた声が聞こえてきて、どうもサッカーのポストプレーに対して熱く語っていたようでした。「サッカー選手?」と思って、お風呂から上がってビールを飲んでいるとふと思い出しました「AC長野パルセイロ」だ。北信越リーグ1部に所属するチームで将来Jリーグ入りを目指していて、たくさんの元Jリーガーが所属するチームです。北信越リーグのゲームで来ていたのかなとそのときは思っていました。
翌日、本来の目的のゲーム終了後、帰宅途中の高速道路のサービスエリアで揃いのジャージを着た一団に出会いました。胸のエンブレムに「YSCC」と刺繍がしてあり、横浜のサッカークラブのYSCCのようでした。で、ふと思いました。ひょっとして「全社?」
帰宅後さっそく調べてみたら、新潟県で「全社」こと全国社会人サッカー選手権をちょうど行なっていたようです。
長野パルセイロは勝ち進んでいて、YSCCCは2回戦で敗れて横浜へ帰るところだったようです。
その後の「全社」の結果が気にしていたのですが、最終的にAC長野パルセイロが優勝しました。ただ一緒のホテルに泊まっただけのことですが、なんか非常に嬉しくなりました。
こんな経験も出来るのが、アウェー遠征の楽しみの一つかもしれません。

【Happy Birthday】 福場也実選手
本日、10月22日は、福場也実選手のお誕生日です。
福場選手、お誕生日おめでとうございます。

福場選手といえば、今シーズン新加入した選手です。リーグ戦では、グッズ販売や出場する選手のお手伝いなどしている姿が多く、なかなかピッチの上で見ることがありませんでした。しかし、滋賀で行なわれた国体予選でその姿を始めてピッチの上で見ることができました。若手主体のメンバーとはいえ、そこはやはり新人です、周りの先輩から色々とアドバイスか飛び交い、そんな中一生懸命にプレーする姿を見られました。
今後もトップリーグで活躍できるように頑張っていって欲しいと思います。
【観戦記】アウェー紀行 新潟県胎内市

今日は、16節の新潟戦のゲーム以外の観戦記を書きたいと思います。
今回も、新潟遠征は前泊で行きました。ただ、ネットで検索しても胎内市内でヒットする物件が無かったので隣の新発田市に投宿しました。
で、当日は、早めに胎内市総合グランドへ赴きましたが、子供達のサッカー教室などがあり朝早くから非常ににぎやかな雰囲気でした。
事前に、新潟サポさんから聞いていたのが、胎内市であるときに出る屋台の食べ物はおいしいという情報があったので、これは食べるしかないと思い、ゲーム前に屋台へ走りました。
豚汁や新潟牛串焼き、胎内市名物黒豚のフランクフルトなどがありました。
特に、牛串焼きやフランクフルトがおいしそうだったので二つとも食べようと思ったのですが、牛串焼きが思った以上に焼けるのに時間がかかりそうだったので、フランクフルトのみ買って食べることにしました。
こんな感じです。¥300也↓↓↓↓↓↓↓
20081021_01 

肉汁がじゅわっと出てきてなかなか美味しくいただきました。
で、別のサポ仲間が豚汁をゲットしましたのでそちらもアップします。
↓↓↓↓↓↓↓(奥にあるのは一つ食べてしまったおにぎりです)
20081021_02 

サポ仲間から聞くところによるとお肉が非常に柔らかく美味だったそうです。
残念ながら、グルメBlogではないので気の聞いたコメントは出ません。(笑)
あと、東への遠征では選手のご家族から良く差し入れをいただくことがあります。今回も、選手のご家族の方から、お菓子をいただきました。日持ちするお菓子だったので次節の五色へ持って行き多くのサポでご馳走になります。この場を借りましてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

【観戦記】plenusなでしこリーグ Div1 第16節(2008.10.19) 胎内市総合グラウンド陸上競技場

第16節のゲームを少し振り返りたいと思います。
ペルーレのゲームを観るのは約1ヶ月ぶりでしたがいろいろある中、選手達はゲームに集中して良いパフォーマンスを魅せてくれたと思います。
前半は、甲斐選手からのボールを良いポジショニングしていた田中選手が密集をぬうようなシュートで先制点を挙げます。新潟は、時折カウンターを見せるものの齋田選手の攻守などでなかなかゴールをこじ開けられません。
後半に、途中出場の清原選手が追加点を上げ。最後は、ゴール正面で得たフリーキックを阪口選手が見事にゴールへ叩き込んでゲームを決めました。
若い選手達が挙げたゴールは必ず今後身になることと思います。
最後に、ゲーム終了後、ペルーレの選手達が新潟サポータの前であいさつをして、新潟サポータから大きなペルーレコールをいただきました。我々サポータからもあらためてお礼を申し上げます。感動しました。

plenusなでしこリーグ Div1 第16節結果

<<penusなでしこリーグDiv1第16節 結果>>
INACレオネッサ 3×0 東京電力マリーゼ
岡山湯郷ベル    0×1 浦和レッズレディース
アルビレックス新潟 0×3 TASAKIペルーレ
伊賀FCくノ一   0×6 日テレ・ベレーザ   

INACが米津選手、原選手、鈴木選手のゴールで快勝しました。
浦和が前半挙げたゴールを守りきって勝点3を手にしました。
新潟のホームに乗り込んだペルーレが、田中選手、清原選手、阪口選手の若い3選手のゴールによって快勝しました。阪口選手の直接ゴールに叩き込んだフリーキックは見事でした。
ベレーザがゴールラッシュでくノ一を粉砕しました。それにしても相変わらず派手なスコアです。
上位3チームの順位と勝点差は変わりませんが、ペルーレが湯郷を抜いて4位に浮上しました。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第16節終了)】

  

勝点

得点

失点

得失点差

1

日テレベレーザ

40

13

1

2

58

20

38

2

浦和レッズレディース

36

11

3

2

41

12

29

3

INACレオネッサ

36

11

3

2

41

20

21

4

TASAKIペルーレ

28

9

1

6

38

29

9

5

岡山湯郷ベル

26

8

2

6

24

20

4

6

東京電力マリーゼ

10

3

1

12

18

38

-20

7

アルビレックス新潟L

5

1

2

13

15

40

-25

8

伊賀FCくノ一

4

1

1

14

11

68

-57

plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報試合終了
アルビレックス新潟 0×3 TASAKIペルーレ
得点者
田中(35分)
清原(77分)
阪口(83分)
plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報前半終了
アルビレックス新潟 0×1 TASAKIペルーレ
得点者
田中(35分)
plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報
アルビレックス新潟 × TASAKIペルーレ
TASAKIペルーレ先発メンバー
GK 齋田
DF 甲斐、池田、下小鶴佐野
MF 阪口、山本、白鳥、田中
FW 大石、大谷
【プレビュー】plenusなでしこリーグ2008 Div1 第16節

enusなでしこリーグ2008 Div1 第16節 プレビュー
開催日:2008年10月19日(日)
INACレオネッサ vs 東京電力マリーゼ   13:00 ホームズスタジアム神戸
岡山湯郷ベル    vs 浦和レッズレディース 13:00 美作ラグビーサッカー場
アルビレックス新潟 vs TASAKIペルーレ 12:00 胎内市総合グラウンド
伊賀FCくノ一   vs 日テレ・ベレーザ   12:00 上野運動公園競技場


前節湯郷を降したINACはマリーゼをホームに迎えます。IANCは優勝を狙うためには取りこぼしは出来ません。前節は、攻撃陣がそろい踏みで得点を挙げていますのでマリーゼも難しいゲームになるでしょう。
湯郷はホームに浦和を迎えます。湯郷からすると上位を狙うにはどうしても浦和を倒さないといけません。対する浦和は優勝を狙うためにも負けられません。
新潟は胎内にペルーレを迎えます。残留のためにも少しでも勝点を積み上げたい新潟ですが、ペルーレ相手にどこまで粘れるでしょうか。国体では、延長戦にもつれ込む接戦を演じています。新潟は、勝点を挙げられるでしょうか。
くノ一はホームにベレーザを迎えます。最下位と首位の対戦ですが、くノ一は一矢報いることは出来るでしょうか。ベレーザは首位固めのためにしっかり勝点3を取りたいところです。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第15節終了)】

  勝点得点失点得失点差
1日テレベレーザ371212522032
2浦和レッズレディース331032401228
3INACレオネッサ331032382018
4岡山湯郷ベル2682524195
5TASAKIペルーレ2581635296
6東京電力マリーゼ1031111835-17
7アルビレックス新潟L512121537-22
8伊賀FCくノ一411131162-51

【スタジアム探訪記】Vol.14 姫路市立陸上競技場
スタジアム探訪記第14回目
★ 姫路市立陸上競技場 ★

姫路市立陸上競技場ですが、姫路市自体が岡山県に近いため、滋賀県から行くとなるとホームといえども結構遠いところになります。ただ、JR姫路駅には新幹線が止まるため公共交通機関で行くには便利です。過去3回観戦に訪れていますがいずれも新幹線で行っています。
陸上競技場の周辺は、一帯が手柄山公園になっていて、体育館やプール、野球場などがあります。
陸上競技場はこんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓
姫路01 

バックスタンド側が、てがらやま遊園地になっていて、メインスタンドからピッチを見ていると、その背景に観覧車やジェットコースターなどが目に飛び込んできます。
↓↓↓↓↓↓↓
姫路02 

ただ、いつも感心させられるのが姫路市サッカー協会の準備です。おそらく広報活動をしっかりやられているからだと思うのですが、姫路でゲームを行なうときは結構多くのお客さんが入ります。
【スタジアム探訪記】Vol.13 高槻市萩谷総合運動公園サッカー場
スタジアム探訪記第13回目
★ 高槻市萩谷総合運動公園サッカー場 ★

今回は、FC高槻のホームスタジアムとも言える萩谷です。FC高槻のサポータにとっては聖地です。
ただ、実は私が観戦したゲームは、ペルーレのホーム扱いで行われたゲームでした。
あまり、たいした写真が撮れていませんが、スコアボードです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
萩谷01 

萩谷総合運動公園は、普通の公園があり、野球場とサッカー場があるというすばらしい環境なんですが、とにかく山奥でした。公共交通機関で行くことは、まず難しいところで、私も自家用車で行きました。山道をどんどん登って行って、いったいどこに「総合運動公園」があるんだと思わず叫んでしまいました。
施設としては、サッカー場のスタンドはメインのみでこじんまりしたものです。バック、ゴール裏は芝生席があります。のんびりとサッカー観戦するにはいいところかもしれません。事実、私もペルーレのゲームの後にあった2試合目は本当にのんびりとサッカー観戦をしてしまいました。
ここは、11月15日にはDiv2最後の優勝決定ゲームが行われるところになりそうです。

チームがこんな状況のときに何をのんびりとこんなエントリーをしているのかとお叱りを受けそうですが、私が応援し続けた5年間を残しておくのに、あまり時間が無いのでなりふり構わず突っ走ります。
【Happy Birthday】 阪口夢穂選手
本日、10月15日は、阪口夢穂選手のお誕生日です。
阪口選手、お誕生日おめでとうございます。

阪口選手といえば、2006年の誕生日のベレーザ戦では、バースデーゴールを挙げてチームを勝利に導きました。とにかくこの印象が強烈だったのですが、今や、押しも押されぬ日本代表の中心選手に成長しています。
北京五輪では全試合に出場し日本のベスト4に貢献しました。日本代表でボランチを経験したことによりチームでも一皮も二皮も向けたプレーを披露してくれています。
ゲームで見ていても、「パスミスか!?」と思ってしまうパスが実は見事な裏へのパスだったり、逆サイドのフリーの選手にぴたっと合うロングパスを出したり、見ていて楽しい選手です。そして、ヘディングも強くゴール前でのセットプレーでは期待を持たせてくれますし、逆にセットプレーのキッカーとしてもすばらしいものを持っています。
これからも日本代表に定着して、今度は世界をあっと言わせるプレーを魅せて欲しいと思います。
TASAKIペルーレFCの退会承認
ペルーレのなでしこリーグからの退会が承認されたようです。(スポナビ
ペルーレは、11月23日までにチームの移管先が決まれば(チーム丸ごとどこかに引き受けてもらえれば)来季は2部から再出発することになります。移管先が決まらなければチームが消滅します。
厳しい内容ですがこれが現実です。我々は最後まで応援あるのみです。
これに伴って、1部と2部の入れ替えは、1部最下位チームと2部2位チームとの入替戦が実施されることになります。(2部1位チームは自動昇格)
なでしこリーグ Div2の優勝争い

<<penusなでしこリーグDiv2第16節 結果>>
熊本   0-4 バニーズ
大原   1-3 高槻
アサヒナ 0-7 狭山
JEF  4-0 福岡

順位表
       勝点 残り試合
1 JEFL 38  2  
2 FC高槻 33  3
3 AS狭山 26  2
4 福岡AN 23  1
5 大原学園 22  2
6 バニーズ 12  1
7 清水第八 10  2
8 アサヒナ 10  1
9 R熊本   9  2

この結果優勝争いはJEFレディースとFC高槻に絞られました。
JEFレディースと高槻は15節の雷雨中止ゲームの再試合を最後に残しています。最後まで目が離せない戦いになりそうです。

plenusなでしこリーグ Div1 第15節結果
<<penusなでしこリーグDiv1第15節 結果>>
日テレ・ベレーザ   4×0 東京電力マリーゼ  
TASAKIペルーレ 3×1 伊賀FCくノ一   
INACレオネッサ  3×1 岡山湯郷ベル    
浦和レッズレディース 1×0 アルビレックス新潟 


ベレーザが岩渕選手の2ゴールなどでマリーゼに快勝しています。
ペルーレが大石選手、阪口選手、甲斐選手のゴールでくノ一に快勝しています。
INACが湯郷に先制されましたが、逆転勝ちをおさめています。
浦和が窪田選手が挙げた先制点を守りきって勝利をおさめています。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第15節終了)】

  勝点得点失点得失点差
1日テレベレーザ371212522032
2浦和レッズレディース331032401228
3INACレオネッサ331032382018
4岡山湯郷ベル2682524195
5TASAKIペルーレ2581635296
6東京電力マリーゼ1031111835-17
7アルビレックス新潟L512121537-22
8伊賀FCくノ一411131162-51


plenusなでしこリーグ速報
plenusなでしこリーグ速報試合終了
TASAKIペルーレ 3×1 伊賀FCくノ一
【プレビュー】plenusなでしこリーグ2008 Div1 第15節

enusなでしこリーグ2008 Div1 第15節 プレビュー
開催日:2008年10月12日(日)
日テレ・ベレーザ   vs 東京電力マリーゼ  13:00 ひたちなか市総合運動公園
TASAKIペルーレ vs 伊賀FCくノ一   11:30 ホームズスタジアム神戸
INACレオネッサ  vs 岡山湯郷ベル    14:00 ホームズスタジアム神戸
浦和レッズレディース vs アルビレックス新潟 13:00 さいたま市駒場スタジアム


国体の中断期間も空け、いよいよ最後の一回りが始まります。
首位ベレーザはホームにマリーゼを迎えます。国体に参加していないベレーザはしっかりとトレーニングを積んできたことでしょう。マリーゼをしっかりと叩いて良いラストスパートをきりたいところでしょう。マリーゼは、何とか勝点をひとつでも取りたいところですが、ベレーザの攻撃陣をどこまで押さえきれるか注目です。
ホームズスタジアム神戸では2ゲーム行われます。
1試合目は、ペルーレがくノ一を迎えます。国体で準優勝したペルーレですが、なかなかすっきりした戦いが出来ていなかったようです。くノ一も国体では結果が出せませんでした。お互いに、再スタートで何かを掴みたいところだと思います。ペルーレの、田中選手と坂井選手にはフランスで成長した姿を見せてほしいと思います。
ホムスタの2試合目は、INACが湯郷と戦います。両チームとも後半戦開始後も好調をキープしています。INACは優勝戦線に残るためにも負けられない1戦です。湯郷は上位をうかがうためにもINACを叩いておきたいところです。
2位の浦和はホーム駒場に新潟を迎えます。INAC同様優勝戦線に残るためにもしっかり勝点3を取りたいところです。新潟は、いよいよ残留争いが佳境に入ってきます。上位からの勝点がそのまま残留につながってきますので一つでも勝点を取りたいところです。
さぁ、どのチームもラストスパートです。目を離せない戦いが続きます。

【penusなでしこリーグDiv1順位(第14節終了)】

  勝点得点失点得失点差

1

日テレベレーザ

34

11

1

2

48

20

28

2

浦和レッズレディース

30

9

3

2

39

12

27

3

INACレオネッサ

30

9

3

2

35

19

16

4

岡山湯郷ベル

26

8

2

4

23

16

7

5

TASAKIペルーレ

22

7

1

6

32

28

4

6

東京電力マリーゼ

10

3

1

10

18

31

-13

7

アルビレックス新潟L

5

1

2

11

15

36

-21

8

伊賀FCくノ一

4

1

1

12

10

59

-49

TASAKIペルーレFC 休部およびリーグから退会
TASAKIペルーレFCの休部及び日本女子サッカーリーグからの大会が発表されました。(TASAKI公式

田崎真珠本体の経営に関して本Blogでは触れてきませんでしたが、これが企業チームの実態なんだと思います。
本当なら、Blogもエントリーせずにひたすら落ち込んでいるところだと思います。しかし、そんな時間はありません。こうなった以上は残りのTASAKIペルーレFCの姿をしっかりと目に焼き付けていかなければなりません。

そして、チームがなくなるということはこのBlogも終わらなければならないということです。
最後までこのBlogも頑張りたいと思います。
【スタジアム探訪記】Vol.12 西が丘サッカー場

スタジアム探訪記第12回目
★ 国立西が丘サッカー場 ★
予告無しに「スタジアム探訪記」を復活します。
今回は、女子サッカーの聖地とも言われる西が丘サッカー場です。
初めて訪れたのが忘れもしない2004年12月29日の全日本女子選手権の準決勝です。
この日の東京は折からの大雪でピッチは真っ白でとてもサッカーできるような状態ではありませんでした。
今でも、女子サッカーサポの間では伝説となっている「大雪の西が丘」です。

当日はこんな感じでした↓↓↓↓↓
 20081009_西が丘_02

それ以外では全女の準決勝やオールスターそしてリーグ戦などで合計5回訪れています。最近はオールスターで行くのみです。
サッカー専用スタジアムで非常にピッチが近く選手のプレーを間近で見られるスタジアムです。

天気がいいときのメインスタジアム↓↓↓↓↓
20081009_西が丘_01

今年も全女の準決勝は西が丘で行なわれるようです。次は、そのときに行ける様になればと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。