Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルーレの2007シーズンを振り返る その3
今日は、ゴール数とアシスト数をピックアップします。

【ゴール数】
1 大谷未央  10
1 鈴木智子  10
3 阪口夢穂   7
4 山本絵美   6
5 大石沙弥香  3
6 佐野弘子   2
6 坂井優紀   2
8 甲斐潤子   1
8 清原万里江  1
8 下小鶴綾   1
ゴール数は、さすがの2トップが1位になっています。しかし、両選手とも納得のいく数字ではなかったと思います。3位には阪口選手が入っています。右SHの位置にはいることが多かった割には得点数が多かったような気がします。そういう風に考えるとボランチに入ることが多かった山本選手の6ゴールもよく得点を挙げています。
ルーキーの坂井選手が2ゴールを上げています。清原選手は開幕戦で挙げた1ゴールのみでした。

【アシスト数】
1 甲斐潤子  6
2 山本絵美  5
2 阪口夢穂  5
4 佐野弘子  4
4 大谷未央  4
6 大石沙弥香 1
6 鈴木智子  1
6 清原万里江 1
6 田中明日菜 1
最初に断りを。どこまでがアシストなのかいろいろ基準がありますのが、あくまで私の基準でアシストをカウントしています。
甲斐選手が堂々のアシスト王です。右サイドを突破してあげるクロスに正確性が増してペルーレの大きな武器になっていました。山本選手と阪口選手が上位に入っているのはうなずけますね。甲斐選手の逆サイドの翼である佐野選手も4アシストで気を吐いています。
個人的に、両サイドバックにアシストが多いサッカーが好きなので2008シーズンもどんどんサイドからクロスを挙げてゴールをアシストして欲しいと思います。

とりあえず、2007シーズンの振り返りは今日で終わっておきます。
スポンサーサイト

テーマ:★☆女子サッカー☆★ - ジャンル:スポーツ

ペルーレの2007シーズンを振り返る その2

2007シーズンを数字で振り返るシリーズの今回はここの出場時間をピックアップします。

       出場時間 出場試合
1 磯崎浩美   1,980       21
1 山本絵美   1,980       21
1 下小鶴綾   1,980       21
4 白鳥綾    1,977       21
5 甲斐潤子   1,971       21
6 佐々木香織  1,764       20
7 大谷未央   1,760       21
8 佐野弘子   1,747       21
9 阪口夢穂   1,710       20
10 鈴木智子   1,637       20
11 大石沙弥香  1,043    16
12 清原万里江    793       20
13 坂井優紀     269       13
14 田中明日菜    181       13
15 齋田由貴     125        2
16 河上恵実子    104        6
17 中岡麻衣子     90        1
18 田頭陽子      75        6
19 朝日麗華      31        3
20 澤田由佳     7     2

全試合フルタイム出場は、磯崎選手、山本選手、下小鶴選手の3選手が達成しています。
白鳥選手と甲斐選手もほぼフル出場と言ってもいいですね。この5選手に、大谷選手、佐野選手を含んだ7選手が全試合出場を果たしています。
清原選手も、途中出場、途中交代ながら20試合に出場しています。
そして何といっても、今シーズンは登録20選手全員が出場しているということです。選手層が厚くないということもあってだとは思いますが、ルーキーの4選手も非常にいい経験が積めたのではないでしょうか。この経験を来るシーズンに活かして欲しいと思います。

2008シーズンユニフォーム通信販売
先日発表された2008シーズンのユニフォームの内デザインが新しくなったホーム用ユニフォームが通信販売されます。詳しくはTASAKI公式サイトをご覧下さい。
今回は、開幕前に手元に届くようです。希望者には№も入れてもらえます。(有料ですが)3月に新しい背番号は発表になるようです。
さぁ、早速新シーズンに向けて準備を始めないといけませんね。
ペルーレの2007シーズンを振り返る その1
遅きに失した感じですが、ペルーレの2007シーズンのリーグ戦を数字で振り返りたいと思います。
まずは、チーム成績から
ペルーレの2007リーグ戦の成績
17勝1分3敗 勝点52 2位 得点43 失点22
終わってみれば優勝のベレーザとは勝点差1という僅差でした。
4位以下の5チームに対しては、15戦全勝というすばらしい結果を残しています。
3位の浦和とは1勝1敗1分、優勝のベレーザとは1勝2敗
特にベレーザに対しては、得点4失点11(シーズン全失点の半分に上ります)と言う結果で、やはりここを縮めないといけない差だと思います。
シーズン通しての印象ですが、下位チームに対して圧倒的に強いという印象は無かったのですが終わってみれば勝っていたという感じです。課題は守備かなと言う印象も受けました。来るシーズンは、とにかくベレーザに勝たないといけません。ベレーザに勝つことにより優勝が見えてくると思います。2008シーズンこそ優勝を勝ち取って欲しいと思います。

次回は、個人成績を振り返りたいと思います。
TASAKIペルーレ 2008シーズンユニフォーム

TASAKIペルーレの公式サイトで2008シーズンのユニフォームが発表になりました。(TASAKI公式
メーカーは引き続きミズノで、ホームとアウェーでデザインが異なるようです。
ホームは、今までと違ったどちらかと言うとシャープな感じのデザインで、アウェーは昨年と一緒なか?
レプリカユニの販売はあるのかな?久しぶりのデザイン変更で資金を準備しておかないといけませんね(笑)

【Happy Birthday】 鈴木智子選手

本日、1月26日は鈴木智子選手のお誕生日です。
鈴木選手おめでとうございます。

鈴木選手といえば、2007年リーグ戦で10得点を挙げて大谷選手と並んでチーム最高得点を挙げています。しかし、本人にとってはまだまだ納得の行くシーズンではなかったと思います。全日本選手権も怪我により思うような活躍も出来ませんでした。是非とも、来るシーズンは、得点王を争うような活躍をするとともに、日本代表(北京五輪)も目指して欲しいと思いいます。

なでしこチャレンジプロジェクト トレーニングキャンプメンバー発表
2月4日から始まるなでしこチャレンジプロジェクト トレーニングキャンプメンバーが発表されました。

GK 海堀 あゆみ   スペランツァFC高槻
   菅原 未紗    吉備国際大学
DF 岩倉 三恵    浦和レッズレディース
   佐藤 衣里子   早稲田大学
   内堀 律子    福岡J・アンクラス
   長船 加奈    豊津女子FC
   櫻本 尚子    常盤木学園高等学校
MF 庭田 亜樹子   浦和レッズレディース
   中岡 麻衣子   TASAKIペルーレFC
   川澄 奈穂美   日本体育大学
   中野 真奈美   岡山湯郷Belle
   鮫島 彩     東京電力女子サッカー部マリーゼ
   有吉 佐織    日本体育大学
   田中 明日菜   TASAKIペルーレFC
   熊谷 紗希    常盤木学園高等学校
FW 清水 由香    ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
   窪田 飛鳥    浦和レッズレディース
   上尾野辺 めぐみ アルビレックス新潟レディース
   奥田 亜希子   スペランツァFC高槻
   永里 亜紗乃   日テレ・ベレーザ
   山崎 円美    ASエルフェン狭山FC
   後藤 三知    常盤木学園高等学校

さまざまなカテゴリーから選出されています。次世代のなでしこ候補でしょうが、何人かは実際にフル代表でプレーしています。年齢から見るとU-23といったところですかね。
ここから、フル代表へステップアップしていって欲しいと思います。
それにしても、FC高槻の奥田亜希子選手がFW選出って...本職はDFのはずですが...
女子日本代表トレーニングキャンプメンバー発表
2月4日から始まる日本女子代表候補 トレーニングキャンプメンバーが発表されました。

GK 山郷 のぞみ   浦和レッズレディース
   福元 美穂    岡山湯郷Belle
   松林 美久    日テレ・ベレーザ
DF 池田(磯崎)浩美 TASAKIペルーレFC
   山岸 靖代    INACレオネッサ
   中地 舞     日テレ・ベレーザ
   近賀 ゆかり   日テレ・ベレーザ
   矢野 喬子    浦和レッズレディース
   豊田 奈夕葉   日テレ・ベレーザ
   岩清水 梓    日テレ・ベレーザ
   宇津木 瑠美   日テレ・ベレーザ
MF 加藤(酒井)與惠 日テレ・ベレーザ
   澤 穂希     日テレ・ベレーザ

   宮本 ともみ   伊賀FCくノ一
   原 歩      INACレオネッサ
   柳田 美幸    浦和レッズレディース
   下小鶴 綾    TASAKIペルーレFC
   安藤 梢     浦和レッズレディース
   宮間 あや    岡山湯郷Belle
   阪口 夢穂    TASAKIペルーレFC
FW 荒川 恵理子   日テレ・ベレーザ
   丸山 桂里奈   東京電力マリーゼ
   北本 綾子    浦和レッズレディース
   大野 忍     日テレ・ベレーザ
   山口 麻美    フロリダ州立大学
   永里 優季    日テレ・ベレーザ

26名が選出されました。ベレーザからは11人選出されています。ジャパンブルーが随分緑色っぽく見えてしまいます。
山岸選手、下小鶴選手、丸山選手というアテネ五輪メンバーが久しぶりに選出されています。中地選手も久しぶりの選出です。前任監督と違って本職のSBが結構選出されています。(中地選手も本職はSBですよね)ペルーレの下小鶴選手が念願の(?)MFで選出されています。
このメンバーで合宿を行って、東アジア選手権のメンバーが絞られるようです。
磯崎浩美選手から池田浩美選手へ

TASAKIペルーレの磯崎浩美選手が、ホームズスタジアム神戸で結婚をあげられました。
来シーズンより、池田浩美選手として戦われます。(TASAKI公式サイト
来シーズンは、応援歌や横断幕を変えないといけませんね。でも、このあたりは、先輩サポ頼りです。
それにしても、写真のドレス姿は素敵ですね。

2002World.comに全女決勝の記事

サッカー応援サイト2002World.comに、全女決勝戦のレポートがアップされていました。

日テレ、元日決戦でライバルを降し、シーズンタイトルを総ナメ(2002World.com)

決勝戦のレポートですが、一つだけ気になった箇所がありました。
松田監督のコメントなんですが、以下原文そのまま引用

「こうして4つのタイトルをとれましたけれども『このままで良いのか?』という疑問もあります。判断を良くすれば、もっとやれると思いますし、もっともっと高めていきたいです。今日も、ピッチレベルで見ていると不満がたくさんありました。前座試合でしたけれども1万人を超えるお客さんがいましたし、もっと女子サッカーの上手さ、強さをアピールしたかった。もうちょっとやりたかったというのが正直な感想です」(松田監督)

これは、ベレーザが、相手チームを圧倒してベレーザの思うようなゲームで大勝すれば、女子サッカーのアピールになるということでしょうか?

全日本大学女子サッカー選手権 決勝戦 結果
本日、全日本大学女子サッカー選手権の決勝戦が行われました。

大阪体育大学 1-3 日本体育大学

大阪体育大学と日本体育大学の間で行われた決勝戦は、日本体育大学が勝利し優勝しました。
スタッツだけを見てみると、シュート数など日体大が圧倒して勝ったようです。日体大の選手関係者のみなさんおめでとうございます。
これで、200シーズンの女子の主な大会はすべて終了しました。(たぶん)
本格的なシーズンオフでいよいよBlogネタに困ってくると思いますので、ちょこちょことオフ企画をやっていきます。
【Happy Birthday】 清原万里江選手

本日、1月12日は、清原万里江選手のお誕生日です。
清原選手、お誕生日おめでとうございます。

清原選手といえば、2年目の2007シーズンは、リーグ戦全21戦中20試合に出場し、ペルーレの中心選手として主に右SHのポジションで活躍しました。ただ、20戦すべてが途中交代もしくは途中出場でした。
そして、何といっても、2007シーズンのリーグ戦開幕ゴールをあげたのも清原選手でした。
ユニバーシアード代表にも選出されて一皮も二皮もむけた感じでした。
来る新シーズンでは、レギュラー、フルタイム出場を目指して頑張って欲しいと思います。
私個人としても、滋賀県出身アスリートとして大谷選手とともに大いに応援していきたいと思います。

全日本大学女子サッカー選手権 準決勝 結果
昨日、全日本大学女子サッカー選手権の準決勝が行われました。

大阪体育大学 3-1 武蔵丘短期大学
日本体育大学 1-1 早稲田大学
    PK(4-3)

大阪体育大学と日本体育大学の間で決勝戦が行われます。決勝戦は、1月13日 11:30より国立霞ヶ丘競技場で行われます。
【Happy Birthday】 坂井優紀選手

本日、1月10日は、坂井優紀選手のお誕生日です。
坂井選手、お誕生日おめでとうございます。

坂井選手といえば、初ゴールが、リーグ戦第3節の雨の神戸ユニバで行われた岡山湯郷戦で逆転ゴールという鮮烈なデビューを果たしました。その後も、伊賀戦でドリブル突破からの豪快なゴールをあげるなどして、今シーズンは2得点を記録しています。リーグ戦出場も13試合と半分以上に出場し、チームの大きな戦力として活躍しました。来シーズンは、もっと多くのゴールを狙って頑張っていって欲しいと思います。

スポーツナビに女子サッカーの記事
スポーツ専門サイト、スポーツナビに女子サッカーのレポートがアップされていました。
日本女子サッカー、大いなる可能性への挑戦(スポーツナビ
全日本女子サッカー選手権のレポートを中心に、女子サッカーの現状などが書かれていました。
【Happy Birthday】 齋田由貴選手
本日、1月8日は、齋田由貴選手のお誕生日です。
齋田選手、お誕生日おめでとうございます。

齋田選手といえば、2007シーズンにペルーレに加入したルーキーです。ただ、ゴールキーパーと言うポジションの特性上なかなかすぐに出番はまわってこないかなと思って見てきました。しかし、レギュラーGKの佐々木選手の退場と言う思わぬ事で出場機会がありました。しかも、ベレーザ戦です。さすがに、この時は、大変だったと思います。しかし、次節の新潟戦では先発フル出場し無得点に抑えています。(相手チームのシュートが0だったこということは黙っておきます)
次シーズンは、是非とも佐々木選手と正GKの座を争って切磋琢磨して欲しいと思います。
なお、ニックネーム”ごまちゃん”の理由は判っておりません。
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権 決勝戦 結果
本日、全日本女子ユース選手権の決勝戦が行われました。

常盤木学園高校 2-1 日テレ・メニーナ
得点者:[メニーナ]木下栞(14分)、[常盤木]熊谷紗希(71分)、後藤三知(79分)

常盤木学園が、終了間際の2得点で逆転勝利し、大会2連覇を達成しました。
常盤木学園の選手・スタッフ・関係者の皆さんおめでとうございました。
両チームとも有能な選手が多く、来シーズンなでしこリーグで活躍する選手も出てくることでしょう。楽しみです。
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権 準決勝 結果
本日、全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権の準決勝が行われました。

常盤木学園高校  1-0 浦和レッズジュニアユースレディース
日テレ・メニーナ 2-1 神村学園高等部

常盤木学園は、2連覇への挑戦権を手に入れました。昨年のメンバーも多く残っており連覇への期待は高くなります。対する、メニーナも、姉貴分ベレーザに続いて日本一を手にしたいところだと思います。

全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権決勝戦
1月8日(火) 12:00キックオフ 三木総合防災公園陸上競技場
常盤木学園高校 × 日テレ・メニーナ
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権 グループリーグ結果
兵庫県三木市で行われている全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権のグループリーグが終了し、明後日から決勝トーナメントが行われます。
決勝トーナメント準決勝の組み合わせは次のとおりです。

常盤木学園高校  × 浦和レッズジュニアユースレディース
日テレ・メニーナ × 神村学園高等部

常盤木学園とメニーナは、グループリーグ全勝の圧倒的な強さでグループリーグを突破しています。
浦和JYLと神村学園は同勝点ながら得失点差で勝ち上がってきました。
準決勝は、クラブチーム対高校チームの対照的な対決になりました。
中1日ありますので、充分英気を養って準決勝に挑んで欲しいと思います。
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権開幕
本日、第11回全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権が開幕しました。
ユース年代の日本一を決定する大会です。場所は三木総合防災公園内の各施設で行われています。
高校3年生にとっては最後の大会になります。(チームによっては新チームで臨んでいるチームもあるかもしれませんが)悔いの残らないように頑張って欲しいと思います。
この中からどれだけなでしこリーガーが出てくるな楽しみです。
ちなみに、今シーズンペルーレで活躍した田中明日菜選手は、昨年の優勝チーム、常盤木学園のメンバーです。
【雑感】第29回全日本女子サッカー選手権 決勝

全女決勝の録画を見ました。
ペルーレがベレーザと戦うときの常套手段で戦っていたように見えますが、いかんせん攻撃の手が少なかったように思います。
やっぱり、ペルーレツートップOS砲が揃っていないと厳しいのでしょうか。今シーズンは、若手もたくさん起用して育ってきているかとは思いますが、まだまだOS砲を脅かすまでには至っていないということでしょうか。
あと、放送を見ていて、終了間際だったと思いますが、甲斐選手が右サイドを駆け上がって、ベレーザDFの裏街道を取って抜いたと時スタジアムがどよめいたの見ていて、思わず「かっこいい!」と唸ってしまいました。来シーズンはもっともっと「勝負師!」を見せて欲しいと思います。
それにしても、いつもながらですが、あの中継放送は何とかならないのでしょうか。日テレの放送だと分かっていても、日テレを贔屓にしていると分かっていても、あまりにも....(以下自粛)

昨日のゲームでペルーレはシーズンのオフに入ります、このBlogもシーズンオフ突入と言うことで、しばらくはぼちぼちをシーズン回顧でもやっていくことにします。(女子サッカーはシーズンオフはあまりネタが無いので大変です(笑))

謹賀新年

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします


2008年はオリンピックイヤーです。
私が、女子サッカーをペルーレを応援し始めたのは前回のアテネ五輪の年からです。とうとう丸4年がたち、今年は5シーズン目に突入します。
と言っても、今日の全女決勝戦が終わっていきなりシーズンオフに突入してしまいました。(大学やU-18の選手権がまだあるのでそちらの応援を兼任しているサポータはまだまだ忙しいお正月ですけれども)
シーズンオフには、いろいろ過去を振り返り反省しながら今年の思いを考えて行きたいと思います。
本年も本Blogをご愛読いただけますようよろしくお願いいたします。

第29回全日本女子サッカー選手権 決勝戦 結果
第29回全日本女子サッカー選手権 決勝戦 結果

TASAKIペルーレ 0×2 日テレ・ベレーザ
 

ベレーザがシーズン4冠を達成し、ペルーレの連覇はなりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。