Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まもなくアメリカ戦 山郷選手のインタビュー
JFAの女子サッカーサイトに、山郷選手のインタビュー記事が載っていました。(JFA)
アメリカに渡っていた山郷選手ならではの感覚なんでしょうね。確かに、アテネ五輪のときは、勝つことができる内容でした。アメリカを後一歩まで追い詰めたなでしこジャパンですが、逆に言うと後一歩足りないところがあるということだと思います。
今度の、アメリカとの2試合は、この2年間でどれだけ差が詰められたか、また、差が開いてしまったのか、腕試しになると思います。楽しみに見たいと思います。
また、アメリカの来日メンバーが発表されていました。アテネ五輪のときのメンバーも入っており、期待できるメンバーだと思います。ところで、アメリカ選手の所属が全員大学になっていましたが???何でかな?本当に全員大学生?
スポンサーサイト
なでリーグオフィシャルサイトのスペシャルトーク
なでしこリーグオフィシャルサイトのスペシャルトークは、日本女子代表の大橋監督です。
今年に掛ける意気込みや、リーグに期待することなどが述べられていました。
大橋監督といえば、リーグ戦に良く視察に来られていて、サポータの間でも今日は来ている、来ていないが話題になります。時には、一般のお客さんにまぎれて観戦されていて、分からないようなときもあります。
大橋監督の今年のミッションは、来年度の女子W杯出場権を得ることだと思います。とにかくがんばって欲しいと思います。
がんばれ!なでしこジャパン
ちなみに、次週は、なでしこスーパーカップの見所を語ってもらえるようですので期待して待ちましょう。
EminhaのLOVE FOOTBALL
TASAKIペルーレの山本絵美選手がBlogを開設されました。題して

EminhaのLOVE FOOTBALL

女子サッカー選手のBlogはいくつかありますが、ペルーレの選手は初めてだと思います。
山本選手らしい楽しいBlogになりそうなので非常に楽しみです。リーグが始まったらリーグ戦のことやペルーレのこと、はたまた、日本代表のことなど期待を言い出すときりがありませんが、本当に楽しみです。
2006なでしこリーグ ペルーレの日程を考えてみる

今日は、TASAKIペルーレの日程を見て感じたことを書きたいと思います。

第1節  5/21(日)  (H) FC高槻   明石
第2節  5/28(日)  (A) 岡山湯郷   美作
第3節  6/ 4(日)  (H) 浦和レッズ  五色     ※
第4節  6/11(日)  (H) マリーゼ   三木防災   ※
第5節  6/18(日)  (H) 伊賀FC   加古川    ※
第6節  6/25(日)  (A) INAC   神戸ユニバ  ※
第7節  7/ 2(日)  (H) ベレーザ   神戸ウイング
第8節  9/ 3(日)  (A) FC高槻   高槻総合   ※

第9節  9/10(日)  (H) 岡山湯郷   加古川    ※
第10節  9/16(土)  (A) 浦和レッズ  駒場
第11節  9/18(月・祝)(A) マリーゼ   等々力
第12節  9/24(日)  (A) 伊賀FC   伊賀上野
第13節 10/ 9(月・祝)(H) INAC   五色
第14節 10/15(日)  (A) ベレーザ   西が丘
※は1会場2試合になります

前半と後半のホームアウェーのバランスが悪いですね。前半戦はホーム5試合、アウェー2試合、後半戦はその逆です。特に、関東遠征はすべて後半戦です。
INACが昇格してきたことにより、神戸ダービーが実現します。初対決は、神戸ユニバでの戦いになります。盛り上がると良いですね。
10節と11節の中1日の連戦ですが、ペルーレは、関東連戦になります。大きな移動がない分、かえっていいのかもしれません。この日程は、「関西サポは3連休を関東で過ごせ!」と言わんばかりですね(笑)実際に計画中ですが(笑)
10月の3連休のアスパ五色は、昨年のGWの悪夢がよみがえりそうですが(爆)
最終節はベレーザとアウェーで対戦です。プレーオフに向けてどのような位置で対戦できるかが楽しみです。
私が初めてとなるスタジアムは、三木防災と神戸ウイングです。双方とも新しいスタジアムなので非常に楽しみです。
フル参戦を計画中ですが、大人の事情によりいけなくなる可能性もあり予断を許しません。しかし、開幕戦とその次の美作は行ける予定です。
でもやっぱりウイング決戦は楽しみだなぁ


なでしこリーグ2006の開催スタジアムを考えてみる

なでしこリーグ2006で利用されるスタジアムを眺めての感想をすこし。
と、言ってもたいしたことではないのですが、今シーズンは、Jリーグチームのホームスタジアムが多いなという印象です。以下に列挙してみます。

さいたま市駒場スタジアム : 大宮
埼玉スタジアム2002メインピッチ : 浦和
フクダ電子アリーナ : 千葉
川崎市営等々力陸上競技場 : 川崎
平塚市総合公園平塚競技場 : 平塚
日本平運動公園球技場 : 清水
神戸ウイングスタジアム : 神戸
東平尾公園博多の森球技場 : 福岡
鳥栖スタジアム : 鳥栖
※ひたちなか市総合運動公園 : 水戸

なんと10会場にのぼります。(ひたちなかはこじつけでしょうか?、駒場はあえて大宮のホームにしました)
この中でびっくりは、埼スタのメインピッチです。う~んこれはなかなかすばらしいですね。さすが、レッズといったところです。そして神戸ウイングも楽しみです。両会場とも2002W杯の会場ですから。(ウイングは改修がはいっていますが)
そのほか、フクアリや川崎、博多の森、鳥栖など昨年は無かった会場が目白押しです。
個人的に楽しみにしているのが、神戸ウイング、実はまだ行ったことがありません、対戦カードもGoodです。フクアリは、なでしこスーパーカップで行きたいと思うので楽しみです。なにせ新しいスタジアムですから。
それにしても、開幕が楽しみです

新装なでしこリーグについて考えてみる

日本女子サッカーリーグは、今年からmocなでしこリーグとして新装しました。
スポンサーがついた今年のリーグについて少しチェックしたいと思います。
1.mocがスポンサーに
リーグに冠スポンサーがつきました。これにより、いろいろな面、特に金銭面でサポートが得られると思います。普段、遠征費を選手が自己負担しているチームも多い中、非常にありがたいことだと思います。冠スポンサーが今後どのように表に出てくるかは分かりませんが、しっかりサポートしていただければと思います。ちなみに契約年数は3年のようです。
2.プレーオフ導入
Div1において、レギュラーシーズン終了後プレーオフが行われます。上位4チームと下位4チームで1回戦総当りで、その結果をレギュラーシーズンの勝点に上乗せして最終成績を決めます。
これは、4位と5位で天国と地獄の差があります。4位は上へ上がるだけですが5位はいくら勝っても上には上がれません。厳しいですね。
これを、昨年の結果に当てはめてちょっと考えて見ます。3回戦総当りなので勝ち点差はあまり参考になりませんがあえてシュミレーションしてみます。
2位と3位の勝ち点差が12、5位と6位の勝ち点差が18あり、プレーオフに関係なく順位は入れ替わりません。4位と5位の差が勝ち点差1にもかかわらず前述の通り天国と地獄です。もっとも少ない勝ち点差が5で、1回戦総当り3試合でひっくり返すのは難しい状況です。
ところが、2回戦総当りだった2004シーズンで見てみるとプレーオフが面白い状況になります。1位と2位の勝ち点差が1、3位と4位の勝ち点差が3、5位から7位までの勝ち点差が1。こんな状況でプレーオフをやったら盛り上がるだろうなぁ。特に5位から7位まで間は、入れ替え戦にまわらないためにすさまじい戦いになりそうです。協会の狙いはおそらくこのあたりでしょうね。
3.入れ替え戦の導入
Div1とDiv2の入れ替えは、D1最下位とD2優勝チームは無条件に昇降格しますが、D1・7位とD2・2位のチームは1試合の入れ替え戦を行います。
実は、昨シーズンすでに入れ替え戦が行われています。と言うのは、全日本女子選手権で、L1・7位の高槻とL2・2位の新潟が対戦しています。(入れ替え戦じゃないよっ!って誰か突っ込んで)このゲームは観戦しましたが、結構、力の差があったように感じました。(高槻が好調だったと言う面もあったと思いますが)
しかし、これで下位プレーオフも盛り上がりそうです。

こう考えてみると、昨年と変わったことで楽しみが増えそうです。
リーグ開始が待ち遠しいです。

忍びの里の日本学生選抜チーム

昨日、忍びの里レディーストーナメントの記事をアップしましたが、この大会に参加するJFAチーム日本学生選抜のメンバーが発表されました。(JFA)
なでリーグ(なでしこリーグのことです(笑))所属の選手が7名選ばれています。その中に、ペルーレの2選手が選ばれています。河上恵美子選手(武庫川女子大)、清原万里江選手(立命館大)の2選手です。そのほかのなでリーグの選手は、高槻の庭田選手・奥田選手、くノ一の那須選手、ベレーザの南山選手、浦和の岩倉選手が選ばれています。
昨日は、都合がつけば見に行こうかなと書いていましたが、これは、行きたい気持ちが大きくなってきました。
それにしても、ペルーレは、ゴールデンウィークは、日本代表に7選手、学生選抜に2選手を送り出して、チームに残るのは10選手となります。これは、ゲームもできないではありませんか。

忍びの里レディーストーナメント

今年も、伊賀上野で伊賀市長杯女子サッカー大会「忍びの里レディーストーナメント」が開催されます。(YOU)
5月4日~6日まで開催されます。出場チームに、なでリーグ(なでしこリーグのことですが(笑))所属の4チーム(伊賀FCくノ一、バニーズ京都SC、福岡Jアンクラス、スペランツァFC高槻)が出場します。今年は、TASAKIペルーレは不出場です。そうですよね、5月2日から始まる日本代表トレーニングに7人も選出さfれていると、残り12人ではいくらなんでも参加できませよね。少し残念ですがしょうがないですね。しかし、ペルーレは出場しませんが、都合がつけば見に行きたいと思います。見に行ったときは報告します。(まだ未確定ですので期待しないで下さい)
是非とも見たいのは、主力選手の何人かが入れ替わった伊賀FCです。特に宮本選手です。昨年は、上野でゲームがあったときにしばしば見かけましたが、今度はピッチの上の姿を見たい気がします。
あとは、新しくなでリーグに参戦するアンクラスを見てみたい気がします。いずれにしても、都合がつけばの話ですが(笑)連休は道も込むしなぁ...どうしようかな。(作者注、昨年のゴールデンウィークは、大渋滞でアスパ五色に大遅刻をしています)

なでしこリーグオフィシャルサイトのコラム

なでしこリーグオフィシャルサイトのコラムが更新されました。
リニューアルしたオフィシャルサイトで、アンクラスも参加、バニーズも名称が変わって、内容も...いやいや、内容は今までのように選手の素顔が出る内容ですね。
ペルーレの今回の当番は白鳥選手ですが、お花見ですか...いいですねぇ。今年は花見に行っていないなぁ。昨年は、Lリーグ2節が高槻高萩であって、桜満開だった記憶があります。
ところで、ペルーレは、前回が秋山選手、今回が白鳥選手と来たら、ちょっとして背番号順かな...
今シーズンも選手のコラムを楽しみにしたいと思います。

AFC女子アジアカップの組み合わせが決定

7月16日からオーストラリアで始まるAFC女子アジアカップの組み合わせが決まりました。

Aグループ
中華人民共和国
日本
ベトナム
チャイニーズタイペイ

Bグループ
朝鮮民主主義人民共和国
大韓民国
オーストラリア
タイ
ミャンマー


この大会は、来年、中国で行われる女子ワールドカップのアジア予選も兼ねています。出場権は、中国を除く順位で、上位2チームに無条件に与えられ、3位チームは、北中米カリブ海予選3位チームとのプレーオフで出場権を争うことになります。
各組の上位2チームが決勝トーナメントに進むことになると思いますが、A組とB組ではチーム数が違うので、決勝トーナメント進出条件がどうなるのかはまだ分かりません。
日本は、中国と同じAグループに入りました。正直言って、Bグループに比べれば楽なグループに入れたと思います。でも、U-19の時もそうでしたけどオーストラリアが不気味です...と言うか正直言って怖い存在です。本当にB組に入らなくて良かったという感じです。良く考えてください、北朝鮮・韓国・オーストラリアの内、最低1チームはグループリーグ敗退になるわけですから。
とにかく今回は、プレーオフにまわることなく一発でW杯出場を決めて欲しいと思います。
日本の日程は次の通りです。

7月19日 日本 × ベトナム
7月21日 チャイニーズタイペイ × 日本
7月23日 中国 × 
日本
7月27日 準決勝
7月30日 決勝


がんばれ!なでしこジャパン!

女子代表戦をG+で放送
5月に行われる日本女子代表×アメリカ女子代表の親善試合と、5月14日に行われる、なでしこスーパーカップが、CS放送のG+でオンエアされます。

5月7日(日)日本女子代表×アメリカ女子代表 → 放送日:5月10日 17:30~
5月9日(火)日本女子代表×アメリカ女子代表 → 放送日:5月10日 19:30~
5月14日(日)なでしこスーパーカップ 日テレ×TASAKI → 放送日:5月15日 17:30~
上記以外に再放送もあります

今回は、男子のキリンカップの放映権を日テレが持っているようです。その関係で、女子代表戦も日テレが放送するのだと(勝手に)思います。さすがに地上波では女子代表戦をやらないでしょうけど...
なでしこスーパーカップは昨年もG+で放送されました。こちらは、ベレーザが出場するので親会社ががんばっておられます。
いずれにしても、女子のゲームをTVで見られる(=録画できる)と言うことは嬉しいことです。
日テレさんありがとう!


日本代表メンバー発表

5月7日(熊本)5月9日(大阪)に行われる、日本女子代表×アメリカ女子代表の親善試合のメンバーが発表されました。

GK 山郷 のぞみ  浦和レッズレディース
   秋山 智美   TASAKIペルーレ
   福元 美穂   岡山湯郷ベル
DF 磯崎 浩美   TASAKIペルーレ
   四方 菜穂   日テレ・ベレーザ
   下小鶴 綾   TASAKIペルーレ
   安藤 梢    浦和レッズレディース
   矢野 喬子   神奈川大学
   豊田 奈夕葉  日テレ・ベレーザ
   岩清水 梓   日テレ・ベレーザ
   宇津木 瑠美  日テレ・ベレーザ
MF 酒井 與惠   日テレ・ベレーザ
   澤 穂希    日テレ・ベレーザ
   柳田 美幸   浦和レッズレディース
   山本 絵美   TASAKIペルーレ
   大野 忍    日テレ・ベレーザ
   宮間 あや   岡山湯郷ベル
   中岡 麻衣子  TASAKIペルーレ
FW 大谷 未央   TASAKIペルーレ
   荒川 恵理子  日テレ・ベレーザ
   鈴木 智子   TASAKIペルーレ
   丸山 桂里奈  東京電力マリーゼ
   永里 優季   日テレ・ベレーザ




ペルーレからは7人が選出されました。そして、なっなんと、ベレーザからは9人選出されています。ベレーザの選手だけで1チームできてしまいそうな勢いです。
安藤選手はDFで大野選手はMFで選出されています。大橋監督の考えがこのあたりで見えてきそうな感じですが、どしろうとは静かにします。
親善試合が2試合あるので、いままで出番のかなった選手はチャンスがあれば大いにアピールして欲しいものです。そうです、秋山選手!初キャップを期待しましょう!
親善試合の相手は強敵アメリカですが、女子アジアカップの腕試しとして思いっきりぶつかっていって勝利をもぎ取って欲しいと思います。
がんばれ!ニッポン

【AFC U-19女子選手権】 日本代表、3位決定戦で敗れる
準決勝で敗れて3位決定戦にまわった日本代表が、オーストラリア代表に敗れました。

日本代表 2×3 オーストラリア代表

残念ながら、3決定戦で破れ、FIFA U-20女子選手権への出場権を獲得することはできませんでした。しかし、代表選手はかけがえの無い経験を得たと思います。この経験を、自分のクラブやフル代表(なでしこジャパン)で活かして欲しいと思います。
選手、スタッフのみなさん、現地で応援されたサポータの皆さん、ほんとうにお疲れ様でした。
Lリーグの日程が発表されました

Lリーグの日程が発表されました!
ようやくです、これで年間スケジュールが立てられます。(笑)
日程に関しての感想は後日じっくりを検証をした後に述べたいと思います。
リーグ開幕は、5月21日ですが、その1週間前の5月14日(日)になでしこスーパーカップがあります。日テレ・ベレーザvsTASAKIペルーレFCの一戦はフクダ電子アリーナであるようです。気合を入れてくぞ!久しぶりの蘇我だ!って乗り換えしかしたことが無いけど(笑)
なんか、気持ちが高ぶってきましたが、いまからハイテンションでは長いシーズンが持たないんで、今日はこれくらいにしておきましょう!

【AFC U-19女子選手権】 日本代表、準決勝で中国に惜敗
AFC U-19女子選手権の準決勝で、日本代表は、中国代表に惜敗しました。

日本代表 1×1 中国代表
  PK(3-5)

延長戦およびPK戦の末惜しくも敗れました。この結果、18日に行われる3位決定戦において、世界選手権への出場権の獲得を目指すことになりました。
残念な結果でしたが、気持ちを切り替え3位決定戦に臨んで欲しいと思います。
がんばれ!ニッポン!
【AFC U-19女子選手権】 日本代表の準決勝の相手は中国
マレーシアで行われているAFC U-19女子選手権の準決勝に進出した日本代表の相手は中国に決まりました。
準決勝は、明日行われます。日程的なアドバンテージもありますし、是非とも勝利し、FIFA U-20世界選手権への切符を手に入れて欲しいと思います。
【AFC U-19女子選手権】 日本代表、インド代表に快勝
AFC U-19女子選手権のグループリーグ最終戦で、日本代表がインド代表に快勝し、グループリーグ1位で突破しました。

日本代表 6×0 インド代表
得点者:不明

日本代表が、インド代表を一蹴しグループリーグ1位通過を果たしました。2桁得点はなりませんでしたが、大幅にメンバーを入れ替えているようでした。
グループAのもう一つのゲームは、 北朝鮮2×1韓国 となり、北朝鮮が準決勝進出を決めました。なんと、前回優勝の韓国がグループリーグで姿を消してしまいました。
日本代表は、15日に行われる準決勝でグループB2位のチームと戦います。
中2日ありますので、ゆっくり英気を養って欲しいと思います。
がんばれ!ニッポン
【AFC U-19女子選手権】 日本代表、準決勝進出

マレーシアで行われているAFC U-19女子選手権において、日本代表が韓国代表を破り準決勝進出を決めました。

日本女子代表 2×1 韓国女子代表
得点者:上辻祐実(18分)、鮫島彩(30分)、チャ・ユンイー(89分) (AFC公式サイトより)

日本代表やりました!前回優勝の韓国を破りグループリーグ突破1番乗りを果たしました。今回は、マリーゼコンビの得点で勝利を呼び込みました。
グループリーグで残る試合は、対インド戦のみ。実力から見ると勝利は間違いないと思いますので、1位突破は確実かと思います。インドは、過去2ゲーム2桁失点で敗れており、この際日本も思いっきり得点を取ってほしいと思います。1位抜けなら、Bグループの2位との対戦ですが、どうも中国になりそうな気配です。これまた強豪です。
ともあれ、グループリーグ残り1試合をきっちり勝って、準決勝へつなげて欲しいと思います。がんばれ!ニッポン

【AFC U-19女子選手権】 日本が北朝鮮に快勝!
マレーシアで行われているAFC U-19女子選手権のグループリーグが始まり、日本は北朝鮮と第1戦を行い、3×0で快勝しました。

日本代表 3×0 北朝鮮代表
得点:阪口×2(37分、67分)、永里(89分) (AFC公式サイトより)

U-19日本代表やってくれました。強豪・北朝鮮相手に圧勝です。今春からペルーレでプレーする阪口選手が大活躍です。1点目は、コーナーキックからの得点で、2点目はPKのようです。終了間際には永里選手がゴールを挙げ、なでしこジャパンの2人の得点で日本が快勝しました。
この勢いで次のゲーム、前回チャンピオンの韓国にぶつかっていって欲しいと思います。韓国は、同日に行われたインド戦で11×0で圧勝しています。厳しい相手だと思いますが、これに勝つとグループリーグ突破がほぼ決まります。がんばれ!ニッポン
JFAの女子サッカーサイトに秋山選手の記事
JFAの女子サッカーサイトに秋山選手のインタビュー記事が載っていました。
記事を読んでいて、確かにGKコーチが居ないと練習も自分で考えてやらないといけないし、若いGKには大変だということを知らされました。
秋山選手は、2004シーズンまでペルーレのゴールマウスを守っていた大西めぐみ選手にかわり2005シーズンは全試合に出場しリーグ2位に貢献しました。2005シーズン当初はぎこちなさがあったのですが、経験と言う自信を身につけて大きく成長した選手です。
これからも日本代表で身に着けた自信を糧に大きく飛躍して欲しいと思います。
是非とも、S選手がびびるくらいのオーラを発するようになってください。
Lリーグオフィシャルサイトのコラムが更新されています
Lリーグオフィシャルサイトのコラムが更新されています。
ペルーレの担当は秋山選手でした。なかなかな寝顔でしたが、Sさんとイニシャルトークにしながら、その後で鈴木さんと書いちゃイニシャルトークの意味がないよう(笑)
あとは、秋山選手、食べ過ぎに注意しましょう(笑)
ところで、新しいリーグ編成でのコラムはシーズン開幕後かな?
なでしこジャパンの親善試合が大阪であります
日本女子代表 × アメリカ女子代表
5月9日(火)16:00 KO  大阪 長居スタジアム

なでしこジャパンの試合が大阪で行われます。5月9日に行われるキリンカップ(男子)の日本代表×ブルガリア代表の前座で行われすようです。
関西でなでしこジャパンのゲームを見られると思ったのですが、なんと平日ではないですか(涙)これは厳しいぞ(涙)仕事を休まないと行けないぞ(涙)
もう少し何とかならなかったのかなぁ、相変わらず関西が軽く扱われているようにしか思えません。(まぁ、観客動員や視聴率など関西は良くないですからねぇしょうがないか)
【Happy Birthday】 大石沙弥香選手

本日、4月5日は大石沙弥香選手のお誕生日です。
大石選手おめでとうございます。

大石沙弥香選手といえば、昨シーズン第9節(6月12日)の対スペランツァFC高槻戦においてリーグ戦初ゴールを上げたあと、もう一つゴールを挙げ、合計2ゴールを挙げています。初ゴールの時は、本人のみならずチームメイトたちが自分ことのように喜んで祝福していたシーンを覚えています。
また、全日本選手権では、先発出場で2ゴールを挙げるなどぐんぐんと力をつけてきました。ペルーレではスーパーサブ的な存在で、残り少ない時間帯で相手にとってやっかいなプレーヤーだったと思います。全日本選手権を含めシーズン後半ではブレークの予感がありました。
先輩サポ曰く「沙弥香は足がきれいなんや、別にいやらしい意味ちゃうで、ストライカーとしてすばらしい足を持っているといいたいいんや」だそうです。
ペルーレは日本代表のツートップがレギュラーをはっているので、そこに割り込むには厳しいと思いますが、この偉大な先輩たちに追いつけ追い越せでがんばってほしいと思います。
2006シーズンには大いに期待します。

なでしこジャパントレーニングキャンプ

本日4月3日から8日までの日程で、なでしこジャパンのトレーニングキャンプが始まりました。
情報が少ないのでキャンプの模様を知りえることはできませんが、選手の皆さんは7月に行われるAFC女子アジアカップ制覇を目指してがんばって欲しいと思います。
今回は親善試合などは組まれていませんが、充実したキャンプをすごして欲しいと思います。
ところで、AFC女子アジアカップはオーストラリアが加わり、ますます激しさを増すでしょう。アジアの2強、中国と北朝鮮、そして実力をぐんぐん伸ばして昨年の東アジア選手権では優勝した韓国、身体能力を生かしたプレーでアジアに無いサッカーを繰り広げるであろうオーストラリア、いずれも簡単に勝てる相手ではありません。しかし、それらに打ち勝てるチームとなるように仕上げていって欲しいものです。ガンバレ!なでしこジャパン!

U-20日本女子代表メンバー
4月8日にAFC U-19女子選手権マレーシア2006が開幕します。
8月に行われるFIFA U-20女子選手権の出場権のかかった大会になります。
代表選手は次のメンバーです

GK 岸 星美   早稲田大学
   小林 詩織  日テレ・メニーナ
DF 田中 景子  武蔵丘短期大学
   井関 夏子  日テレ・ベレーザ
   豊田 奈夕葉 日テレ・ベレーザ
   岩清水 梓  日テレ・ベレーザ
   佐藤 芽衣  日テレ・ベレーザ
   磯金 みどり 鳳凰高校
MF 松田 望   スペランツァFC高槻
   伊藤 美菜子 日本体育大学
   鮫島 彩   東京電力マリーゼ
   阪口 夢穂  TASAKIペルーレ
   有吉 佐織  日本体育大学
   田中 明日菜 常盤木学園高校
   宇津木 瑠美 日テレ・ベレーザ
   原 菜摘子  日テレ・メニーナ
FW 山口 麻美  フロリダ州立大学
   保坂 のどか 浦和レッズレディース
   永里 優季  日テレ・ベレーザ
   上辻 佑実  東京電力マリーゼ

日程は次の通りです
4月8日 対 朝鮮民主主義人民共和国
4月10日 対 韓国
4月12日 対 インド
4月15日 準決勝
4月18日 決勝、3位決定戦

1次リーグは、北朝鮮と韓国と言う強豪と同グループになっています。上位2チームがセミファイナルに進出できるので、どちらかのチームには絶対に勝たない決勝トーナメントに進めません。厳しい戦いになると思いますが、是非とも世界大会出場を勝ち取って欲しいとともに、それ以上(優勝)の成績を目指して欲しいと思います。
4月です 春です でも...

4月になりました。
エントリーもすっかりサボってしまっていました。(忙しさを言い訳にしておきます(笑))
春になり、野球も始まりいよいよ本格的なスポーツの季節になりましたが、Lリーグはと言うとまだ日程も発表されていません。
年間の休日のスケジュールをLの日程に合わせて組む者(偉そうに言いましたが最近2年間だけですけど)にとっては未だスケジュールが未決定のまま(涙)
女子サッカーにとっては、女子アジアカップ(兼女子ワールドカップ予選)が開催される年なので年間スケジュールを代表を中心に組まれると思います。女子サッカーを応援している者としては、とにかく女子代表の強化を願っていますので、しっかりとスケジュールを組んで欲しいと思います。
でも...早く日程を知りたいよう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。