Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲームレポート 第9節(2005.06.12) TASAKIvsFC高槻
TASAKIペルーレ 4 × 0 スペランツァFC高槻
得点:鈴木(智)、土橋、大谷、大石
天候:晴れ
観衆:約200人
 
梅雨入りしたにもかかわらず、いきなり梅雨の一休みの晴れ。しかし、湿度が高く、風も強くなく、じっとりと暑い気候の中で行われた第9節。
立ち上がりから、高槻が積極的に中盤からボールを奪い、前線へ送り込む展開で、ペルーレは一時、防戦一方の時間帯が続いた。そんな中、前半35分過ぎ、ディフェンダーとゴールを背にボールを受けた鈴木智子選手が、強引に(力技で)体を使って前を向き、シュート!これがゴールネットを揺らし先制点!これぞフォワードと言う力強いパフォーマンスでペルーレが先制点を挙げる。この後も、3トップ気味で攻め込む高槻とそれをこらえるペルーレDF陣という様相が続く中、前半戦を終了。
後半になり、ペルーレは、両サイドの選手が高い位置を保ち、波状攻撃をかける。そんな中、後半10分過ぎ、左サイドの佐野選手から上げられたセンタリングが、ゴール前のペルーレFW陣、高槻DF陣の頭上を越え、ファーサイドでフリーの土橋選手のところへ。これを土橋選手が落ち着いて決めて2点目をゲット!土橋選手の阿波踊りパフォーマンスが出るかと思いきや!飛行機ポーズで喜びのパフォーマンス。
その1分後、ペルーレDFのクリアボールが、高槻DFの裏を取った大谷選手のところへ!飛び出してきたキーパを良く見て、ふわりとループシュート!これが、高槻ゴールへ飛び込み3点目をゲット!これは、思わず「うまい!」とサポータ一同唸ってしまいました。大谷選手も会心だったのか、ガッツポーズで喜びを表現!
このあたりになると、さすがに高槻の選手の運動量が減り、ペルーレが一方的に攻め込み、高槻はカウンターを仕掛けるという展開になってきた。
残り時間が少なくなってきた時、ペルーレはFWの大石選手を投入。この采配があたり、終了10分前頃、右サイドを突破した土橋選手がゴール前にふわりとセンタリングを上げ、このボールに対して、DFに競り勝って大石選手がヘディングシュート!GKの手先を抜け、ゴール左に飛び込む!
これが、大石沙弥香選手リーグ戦初ゴールです!おめでとうございます!!ちなみに、大谷選手は、今日のゴールでリーグ通算93ゴールです。大石選手もこれからゴールを積み上げていって欲しいものです。
ゲームはこのままタイムアップ!前半は、高槻がシュート数で上回っていましたが、自力に勝るペルーレが後半は圧倒し、勝利を収めました!
蒸し暑い中、選手は最後まで戦ってくれたと思います。おじさんサポータは、試合終了後の横断幕の片付けで息が上がっていました。あらためて選手のすごさを実感(笑)
 
最後になりましたが、伊賀FCのサポータの方にお礼を申し上げたいと思います。非常に助かりました、ありがとうございました。(サポータしか、わからない件なのですが)
スポンサーサイト
【速報】 Lリーグ L1第9節
Lリーグ L1第9節 速報
浦和   2×2 マリーゼ
TASAKI 4×0 FC高槻
伊賀FC  2×0 バニーズ
湯郷ベル 0×7 ベレーザ
 
☆順位表(第9節終了)☆
         勝点
1 ベレーザ   23
2 TASAKI   20
3 伊賀FC   20
4 マリーゼ      16
5 浦和      16
6 湯郷ベル       6
7 FC高槻         3
8 バニーズ       0
 
上位3チームは下位チームを相手に順当に勝利しました。
う~ん、ベレーザ強し!この決定力は何なんでしょうか。大野選手がまたハットトリックを達成したようで、また、澤選手もリーグ通算100ゴールを達成したようです。
上野公園の2試合は、この後ゲームレポートします。
浦和とマリーゼの上位生き残り戦線は、お互いに譲らずドローでした。
順位は前節と変わりませんが、上位と下位の勝ち点差が広がりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。