Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとうTASAKIペルーレFCの選手の皆さん
今回は、私が応援するようになってからペルーレでプレーした選手の皆さんに一言メッセージを送りたいと思います。
 
川上直子さん
私がペルーレを応援し始めたときのキャプテンでした。アテネ五輪の影響で川上さんをお目当てにスタジアムへ足を運んだ人も多くいました。引退するときの最後のゲームが全女準決勝で湯郷に敗れたゲームでしたが、会場が神戸ユニバであったことも何かの縁だったと思います。ゲーム終了後、残っていたペルーレサポにあいさつをしてくれたことが忘れられません。
早坂優さん
早坂さんのプレーは、ペルーレではほとんど見た記憶がありません。そのプレーは、マリーゼで見た記憶が多く、ペルーレ戦では得点を挙げたこともありました。中盤での存在感は抜群でした。
渡邉千尋さん
渡邉選手の印象は、INACでのプレーが多く残っています。その抜けに明るいそのキャラクターで皆に愛されるプレイヤーでした。INACが初めてベレーザに勝ったゲームで挙げた決勝ゴールは本当にすばらしいものでした。
大西めぐみさん
存在感抜群のゴールキーパーでした。引退後チームの運営を手伝っていられる姿を多く見かけましたが、そこでも存在感はありました。
岩田久美さん
岩田さんのプレーはほとんど記憶ない無いので申し訳ありません。ただ、あの雪の西が丘全女準決勝でピッチに送り出されたということは期待の大きさがうかがわれました。
柳田美幸選手
柳田選手の移籍は本当にびっくりでした。まさかと言う感じでした。味方だと本当に頼りになるレフティーでしたが、敵に回ると非常に厄介な相手でした。これからも浦和をそして日本代表を引っ張っていく存在であって欲しいと思います。
薬師寺良子さん
2005年のホーム開幕戦で途中出場ながらも痛んですぐに交代したことが印象に残っています。移籍後、バニーズでプレーする姿を何度か見かけましたが、スピード豊かなFWという印象が残っています。
土橋優貴選手
颯爽と右サイドを駆け上がってクロスを挙げるその姿は本当「かっこいい!」の一言でした。右サイド奥に放り込まれたパスに追いついてしまうそのスピードはすばらしく、右サイド奥をサポの間で勝手に「つっちーエリア」と呼んでしました。浦和に移ってからも非常に危ない選手でした。
鈴木理沙選手
ペルーレではサブGKが多かったのですが、高槻では正GKとして戦って見事にDiv1昇格を掴み取りました。2008年の入替戦でのPK戦の活躍が目に焼きついています。
秋山智美さん
大西さん引退後ペルーレのゴールマウスを守ることになったのですが、シーズン当初は、危なっかしくてひやひやしていたものです。しかし、シーズンが進むに連れて押しも押されぬペルーレの守護神へと成長していきました。そして、とうとう日本代表にまで呼ばれまでになりました。スーパーカップでベレーザに勝利したときのスーパーセーブの数々が忘れられません。
東依里選手
プレーと言うよりそのキャラクターが飛びぬけて印象に残っています。大原学園移籍後も、松本平でのゲームでペルーレサポのところにやってきてしっかりと愛嬌を振りまくところはさすがでした。
今は、吉備国際大学の選手として頑張っていることと思います。元なでしこリーガーの誇りを持って戦っていって欲しいと思います。
新甫まどか選手
100試合連続出場など、小さな巨人と呼ばれていましたが、大原学園への移籍には驚きました。昨年は、高槻で活躍しDiv1昇格へ貢献されました。2009年シーズンは再びDiv1で勇姿を見せて欲しいと思います。
鈴木智子選手
大谷選手とのツートップは得点力抜群の名コンビでした。INACへの移籍にはびっくりしましたが、INACではしっかりと3トップの一角を担って活躍されていました。これからも神戸のサッカーを盛り上げていって欲しいと思います。
齋田由貴選手
そのリーグ戦デビューは突然やってきました。相手はベレーザ、場面はPK、本当に厳しい場面でのデビュー戦でした。翌週は先発出場でしっかりと0点で抑えて自信になったことと思います。日本代表にも選ばれるポテンシャルを秘めた選手だと思っています。JEFでも正GKの座を奪ってチームの躍進に貢献して欲しいと思います。
朝日麗華選手
ピッチ上で戦う姿をほとんど見ることがありませんでしたが、出場したときは、ほかの選手からいろいろな声をかけられていました。選手の間でも気になる選手だったのでしょう。
河上恵実子選手
その明るいキャラクターでチームでもサポの間でも人気者でした。リーグ戦で挙げた得点は1点でしたが、その1点はベレーザから挙げたものです。なでしこリーグでの戦いを自信にして、武庫川女子大学でも活躍して欲しいと思います。
甲斐潤子選手
土橋選手が抜けたあとの右サイドがどうなるのかと思っていたのですが、その穴を見事に埋めてくれたのが甲斐選手でした。最初は、右サイドの厳しいパスに追いつけなかったのですが、徐々に追いつけるようになり、右サイドからすばらしいクロスを供給するまでになりました。2007年シーズンの開幕2戦であげた5つのアシストは本当の強烈な印象を与えてくれました。INACでは、右サイドバックのポジションでしっかりとその存在感を示して欲しいと思います。そして、未だに本職が起用されていない日本代表の右サイドをいつかは駆け巡ってほしいと思います。
池田浩美さん
何も言うことはありません。本当に、ペルーレそして日本代表の精神的支柱として支えられてこられました。引退はされましたがこれからも日本女子サッカーを支えていって欲しいと思います。
佐野弘子さん
左サイドのスペシャリストとして、2008年シーズンはキャプテンとして活躍されましたが、今回、引退されました。怪我も多く満身創痍で戦っている姿を見るのは辛いところもありました。今は、ゆっくりと体を休めて欲しいと思います。
山本絵美選手
ペルーレのファンタジスタといえば山本選手です。数々の魅惑溢れるプレーの中でも忘れられないのが、2005年シーズンの開幕戦で、前年度女王の浦和を相手に見せたスーパーフリーキックです。あれは本当にすごかったフリーキックです。まだ、次の所属先は発表されていませんが、またそのプレーで我々を魅了して欲しいと思います。
大石沙弥香選手
入団当初は、スーパーサブでの登場が多かった大石選手ですが、2008年シーズンではその才能を開花させゴールを量産しました。新潟という未知の世界への旅立ちになりますが、その天性のFWとしての才能を新潟の地で開花させて欲しいと思います。
大谷未央さん
大谷さんへのメッセージは1月17日にエントリーさせていただきましたのであらためて申し上げることはありません。本当にお疲れ様でした。
阪口夢穂選手
阪口選手がペルーレに入団するニュースを聞いたときはいったいどんなプレーをするのか楽しみでしたが、期待にたがわないすばらしいプレーを見せてくれました。とにかく、「えっ?どこへパス出すの」と思ったらそこにチームメイトが駆け込んでいたなど、本当に驚かされるプレー多くありました。その中で、印象的なのが、アスパ五色でのINAC戦でしたが、攻める方向から見て右のコーナーキックを右足で蹴ったのですが(俗に言うアウトスイング)、右足で蹴るので普通は直接入らないのが、直接ゴールを決めてしまったことです。やっぱり天才です。
田頭陽子選手
それほど多くプレーを見られなかったのですが、その力強いシュートは魅力的でした。ただ、残念なのがリーグ戦でゴールを挙げられなかったことです。Div2にはなりますが、故郷の福岡で是非ともリーグ戦初ゴールを挙げて欲しいと思います。
中岡麻衣子選手
中盤でのその堅実なプレーで日本代表に選出されましたが、W杯シーズン開幕時のスーパーカップで大怪我をさせられてしまいシーズンを棒に振ってしまうことになりました。ただ、その頑張りで見事に復帰してきました。次は、高槻でその粘り強さを発揮して再び日本代表の呼ばれるようにがんばってほしいと思います。
島村裕子選手
今シーズン新加入でプレーを見る機会は少なかったのですが、その少ないプレーは我々を魅了してくれるものが多くありました。DFをまた抜きで抜いたりしたプレーにはびっくりさせられました。
地元の大阪でプレーすることになりますが、是非ともリーグ戦での初ゴールを挙げて欲しいと思います。
清原万里江さん
滋賀県出身と言うことで、ペルーレ入団年にあった忍びの里に学生選抜で出場していたときに、帽子にサインをいただきました。結局、チームがなくなる最後までずっとこの帽子をかぶって応援し続けることになりました。2年連続開幕戦ゴールを挙げるなど何かを持っている選手だったと思います。
今回、第一線を退いて高校の先生になるということで少し驚きはしましたが、自分自身の次の目標に向かって進んで言ってほしいと思います。神村学園中等部出身の選手が年代別代表やなでしこリーグに出てくることを楽しみにします。
下小鶴綾さん
今回の引退には驚かされました。その明るいキャラクターは本当にチームには欠かせないものだったと思います。下小鶴選手で思い出されるのが、伝説の2006年全女準決勝お浦和戦での2ゴールです。2度のロスタイムでの同点ゴールは本当に感動させられるとともに、ペルーレの最後まで諦めない戦いぶりを体現してくれました。引退されますが、いつかは女子サッカーの舞台に何らかの形で戻ってきてくれることを願います。
佐々木香織選手
秋山選手の突然の退団によりいきなり守護神の役回りが廻ってきた格好になった2006年シーズンですが、最初から堂々としたゴールキーピングやコーチングを見せて驚かされました。たまには、イージーミスをしたりしますが、ゴールポストやクロスバーも味方にするそのプレー振りは充分我々を堪能させてくれました。次は地元の京都でのプレーになりますが、そこでもしっかりと正GKの座を掴み取ってDiv1昇格を目指してほしいと思います。
白鳥綾選手
中盤での存在感は抜群で、攻守にすばらしい働きを見せてくれました。ずっと、レギュラーを張っていたということは無かったのですが、選手の怪我などのピンチでは必ず白鳥選手の力が必要になりました。次は、Div1初挑戦のチームに移るわけですが、そのDiv1での経験はチームには必要になるはずです。ゲームで再びその存在感を見せて欲しいと思います。
田中明日菜選手
入団当初は、途中出場が多かったのですが気が付けばしっかりとレギュラーの座を掴んで活躍するまでになりました。U-20W杯では、全試合に出場し、初戦でのゴールは本当にすばらしかったと思います。あの時の笑顔は本当にまぶしかったです。INACには多くの代表経験者がおり中盤にもすばらしい選手が多くいます。この競争に勝って是非ともレギュラーの座を掴み取って欲しいと思います。
坂井優紀選手
ルーキーのときは、ゲームに出ると周りの先輩からいろいろと怒られながらのプレーが多かったのですが、徐々にペルーレにはなくてはならないプレイヤーに成長していきました。U-20W杯の代表に選ばれたときは、我々も本当に嬉しかったのですが、本番では思うようなプレーが出来なかったと思います。この悔しさは是非もう一つ上の代表で晴らせるように頑張ってほしいと思います。INACのFW争いは大変ですが、鈴木先輩を追い抜いてください!
澤田由佳選手
小さな体で思いっきりプレーする姿は我々に勇気をくれました。リーグ戦初アシストのときは、チームメイトから手荒い祝福を受けていました。リーグ戦初ゴールは劣勢な展開ながらベレーザから挙げたゴールでした。高槻では、そのアグレッシブなプレースタイルでチームに貢献して欲しいと思います。
佐伯彩選手
佐伯選手のプレーは結局見ることが出来ませんでした。新潟では一からの出直しになりますが、チャンスはあると思いますので是非ともリーグ戦のピッチにたってほしいと思います。
福場也実さん
国体予選のゲームでプレーを見ましたが、中盤でスピード豊かなプレーを見せてくれました。今回は、引退と言う道を選んだわけですが、サッカーで培ったガッツをこれからの道で活かして欲しいと思います。
 
最後になりましたが、皆さんのますますの活躍をお祈りいたします。
 
スポンサーサイト

テーマ:★☆女子サッカー☆★ - ジャンル:スポーツ

TASAKIペルーレ選手の移籍先発表
TASAKIペルーレの選手の移籍先が発表されました(TASAKI公式pdf)
注目の日本代表・阪口選手と元日本代表・山本選手のみ発表されていません。

 大石沙弥香アルビレックス新潟レディース
 佐伯彩アルビレックス新潟レディース
 白鳥綾ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
 齋田由貴ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
 中岡麻衣子スペランツァF.C.高槻
 朝日麗華スペランツァF.C.高槻
 島村裕子スペランツァF.C.高槻
 澤田由佳スペランツァF.C.高槻
 甲斐潤子INACレオネッサ
 田中明日菜INACレオネッサ
 坂井優紀INACレオネッサ
 佐々木香織バニーズ京都サッカークラブ
 田頭陽子福岡J・アンクラス
 河上恵実子武庫川女子大学
 清原万里江神村学園 高等部 社会科教員

ほとんどの選手がDiv1チームへ移籍しています。佐々木選手と田頭選手は地元へUターンしての移籍になります。印象としては、どのチームも2009年シーズンは戦力を大幅に補強して挑まないといけない状況のチームです。
河上選手の大学サッカー部への移籍は予想できましたが、清原選手の学校の先生は驚きでした。でも良く考えるとありうる選択ですよね。引退は少し残念な気がしますが、次世代のなでしこを育てていって欲しいと思います。中等部のコーチのようです。

どの選手の、NEXTステージで大いに活躍して欲しいと思います。
前略 大谷未央様
大谷選手を初めて見たのは、女子ワールドカップ2003アメリカ大会のアルゼンチン戦でした。あのハットトリックは強烈なインパクトを私に叩きつけてくれました。
そして、アテネ五輪の予選、北朝鮮戦で活躍する大谷選手を見て、女子サッカーを見に行こうと思いました。大谷選手が私と同じ滋賀県出身と言うことで、大谷選手が所属するチームのゲームを見に行くことに決めました。これがTASAKIペルーレとの出会いになります。
実際にLリーグのゲームを見に行って、ますます女子サッカーにのめりこむことになり、気が付けばコアなサポータになってしまっていました。
№9のゲーフラを作って、№9のレプリカユニを着て応援をし、リーグ通算100ゴール、リーグ得点王、リーグ通算150ゴールに立ち会うことも出来ました。
引退されるのは本当に寂しいのですが、次のステージに向かって新たなスタートを切られるわけですので、しっかりと送りたいと思います。
本当にお疲れ様でした。そして、私を女子サッカーの世界に導いてもらって本当にありがとうございました。
最後になりましたが、大谷さんの未来に幸多からんことを祈念いたします。
                                              早々
TASAKIペルーレ 引退選手
TASAKIペルーレから引退選手が発表されました(TASAKIプレスリリース

引退を発表した選手は、№5 池田浩美選手、№9 大谷未央選手、№15 下小鶴綾選手、№6 佐野弘子選手、№23 福場也実選手の5名です。

池田浩美選手は、いろいろなメディアで引退を示唆するような発言が出ていて、ここに来て正式発表されたという感じです。ただ、今後もサッカーに携わって生きたいようなコメントもあり、いつか現場に戻ってきてくれることと思います。
大谷未央選手に関しては、シーズン終盤の言動を見ていて、ひょっとすると引退もありうるのかなと感じていましたが、実際に正式発表されるとやはりショックでした。
下小鶴綾選手は、もっとびっくりしっました。まだまだ、日本代表復帰も考えられる年齢であり実力もあったので惜しい気がします。しかし、ご本人が考えられたことですので、次のステージで頑張って欲しいと思います。
佐野弘子選手は、2008年シーズンはキャプテンとしてチームを引っ張っていましたが、怪我が多くなかなかベストな状態で臨めなかったと思います。本当に満身創痍で頑張っていたので、今回のチーム休部の件で引退もあり得るのかなと思っていました。
福場也実選手は、加入1年にしての引退になりますが、まだまだ若いのでこれからのスタートになると思います。

引退する皆さん本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。NEXTステージもサッカーで培った力を発揮してがんばって行ってほしいと思います。

ありがとうTASAKIペルーレ
本日行なわれた全日本女子サッカー選手権準決勝でペルーレはINACに敗れてチーム歴史に終止符を打ちました。
選手の皆さん、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
今は、1年間の戦いで疲れた体を休めて、今後の事をゆっくりと考えていって欲しいと思います。

本Blogですが、いろいろと整理したいところもありますのでもう少しだけ続けたいと思います。また、その中で、いろいろと思うところを書いていきたいと思います。もうしばらくお付き合いください。
ペルーレのPlenusなでしこリーグ2008を振り返る その2
今日は、2008リーグ戦のゴールに関する記録を見てみます。

【ゴールランキング】
  ゴール数

1

大谷未央

13

2

大石沙弥香

9

3

山本絵美

5

4

阪口夢穂

4

5

白鳥綾

2

5

甲斐潤子

2

5

清原万里江

2

5

田中明日菜

2

9

下小鶴綾

1

9

澤田由佳

1

9

坂井優紀

1


大谷選手がさすがのトップです。最終節にしっかりと通算150ゴールを決めるあたりはすごいです。
2位の大石選手は、1ゲーム2ゴールを挙げるなど、今年は一皮向けたといった感じでした。
澤田選手と田中選手がリーグ戦初ゴールを挙げています。

【アシストランキング】
  アシスト数

1

大谷未央

6

2

山本絵美

5

2

阪口夢穂

5

2

甲斐潤子

5

5

大石沙弥香

3

5

澤田由佳

3

7

白鳥綾

2

8

佐野弘子

1

8

清原万里江

1

8

中岡麻衣子

1

8

坂井優紀

1

8

池田浩美

1


アシストも大谷選手がトップでした。2位は、中盤のファンタジスタ2人と右サイドの”勝負師”甲斐選手の3人が並びました。澤田選手のアシストはリーグ戦初になります。池田選手のアシストも珍しいかもしれません。
※アシストに関しては、公式記録から引用しているだけで、あくまで個人的な基準ですのでありからずご了承ください。
ペルーレのPlenusなでしこリーグ2008を振り返る その2

今日は、2008リーグ戦の個人の出場記録を見てみます。

【2008シーズン出場記録】

 氏名

出場
時間

出場
試合数

1

池田浩美1,890 21

2

甲斐潤子1,885 21

3

大谷未央1,879 21

4

阪口夢穂1,740 20

5

山本絵美1,638 19

6

下小鶴綾1,620 18

7

佐野弘子1,600 19

8

白鳥綾1,383 18

9

大石沙弥香1,372 21

10

田中明日菜1,184 19

11

中岡麻衣子1,003 15

12

佐々木香織990 11

13

齋田由貴900 10

14

坂井優紀580 16

15

澤田由佳464 14

16

清原万里江398 13

17

河上恵美子114 5

18

島村裕子100 5

19

田頭陽子49 3

20

朝日麗華1 1

21

佐伯彩0 0

21

福場也実0 0

全試合フル出場は、池田選手のみでした。続くのは、甲斐選手、大谷選手が全試合出場ですが、ほぼフル出場に近いです。田中選手がU-20W杯で抜けた2ゲームのみ欠場しただけです。
今シーズンは、2年目カルテット(齋田選手、田中選手、坂井選手、澤田選手)が多く出場しています。
ルーキーでは、島村選手が5ゲーム出場です。残念ながらリーグ初ゴールは挙げられませんでしたが、FWとして光るものは充分見せてくれたと思います。残り2名のルーキー、佐伯選手と福場選手は出場機会はありませんでした。

ペルーレのPlenusなでしこリーグ2008を振り返る その1

ペルーレの2008リーグ戦を数字から振り返ってみたいと思います。
【戦績】
21試合 11勝9敗1分 勝点34  得点42 失点38 得失点差4
昨年の成績と比較すると、2007年の得点は43点、失点は22でした。レギュラーFWが移籍で抜けて得点力が心配でしたが。得点は昨年と1点しか減りませんでした。しかし、失点が大幅に増えてしまっています。今シーズン苦戦の要因はこのあたりでしょうか。

【チーム別対戦成績】
日テレ・ベレーザ   ×2-4 ×0-5 ×1-4
INACレオネッサ  ×3-7 ×1-2 ○2-1
浦和レッズレディース ×1-2 ○2-1 ×0-2
岡山湯郷ベル     △1-1 ×1-2 ×0-2
東京電力マリーゼ   ○2-0 ○2-0 ○1-0
アルビレックス新潟L ○3-0 ○4-2 ○3-0
伊賀FCくノ一    ○5-0 ○5-2 ○3-1

下位3チームにはしっかりと全勝しましたが、湯郷からは結局勝ち星を挙げられませんでした。
ベレーザには、今シーズンは歯が立たなかったといった感じです。

大谷未央選手 リーグ通算150ゴール達成!
大谷未央選手が最終節のベレーザ戦でゴールを挙げて、リーグ通算ゴール数が150になりました。
大谷選手、150ゴールおめでとうございます!
今シーズンは、137ゴールで始まったのですが、残り13ゴールは、大谷選手にとっては時間の問題だと勝手に思っていました。しかし、ゴールはそう簡単に量産できるものではありません。残り2試合であと2ゴールだったので厳しいかなと思っていましたが、そこはやはり大谷選手でした、きっちりと最終戦に決めてくれました。そうです、ペルーレの所属している間に決めてくれたのです。
通算出場試合数180試合で150ゴール、1試合当たりのゴール数は0.83点、1.2試合に1点をとっている計算になります。実に、すばらしい決定力です。
通算100ゴールの時に続いてカウントダウンゲーフラを作って応援していましたが、今回も遅まきながら148ゴールのあとからカウントダウンゲーフラを作成しました。

ゲーフラ 

このゲーフラの数字の部分はシールになっていて148からカウントアップしていきました。
ゲーム前とゲーム後に数字が変わっていることも選手の皆さんに気づいてもらっているようでした。
で、ゲーム後に、時間が無い中、大谷選手にサインをいただきました。当然今日の日付入りです。これで、このゲーフラも殿堂入りです。(笑)大谷選手が2005年に得点王をとった時に美作でサインをもらったゲーフラ続いて2つ目の殿堂入りです!
100ゴールに続いて、150ゴールにも立ち会えて本当に良かったです。
本当に大谷選手150ゴールおめでとうございます!
リーグ公式サイトでペルーレの件が発表
リーグ公式サイトでペルーレの件について発表されていました。(リーグ公式
移管先は見つからなかっということです。
これで、現在のペルーレの選手達がそのまま他のチームで戦うことはなくなりました。
いよいよ、全日本女子選手権が今のペルーレのメンバーが同じチームで戦う最後の大会となります。
キリンチャレンジカップ2008 ~ALL FOR 2010!~ 国歌斉唱、およびスタジアムイベントについて
明日、ホームズスタジアム神戸で行なわれる男子日本代表戦の国歌斉唱とイベントがJFAサイトに載っていました。(JFA公式

国歌斉唱ですが...JFAの意図が分かりません...
当日明らかになるのでしょうか...
TASAKIペルーレFC 休部およびリーグから退会
TASAKIペルーレFCの休部及び日本女子サッカーリーグからの大会が発表されました。(TASAKI公式

田崎真珠本体の経営に関して本Blogでは触れてきませんでしたが、これが企業チームの実態なんだと思います。
本当なら、Blogもエントリーせずにひたすら落ち込んでいるところだと思います。しかし、そんな時間はありません。こうなった以上は残りのTASAKIペルーレFCの姿をしっかりと目に焼き付けていかなければなりません。

そして、チームがなくなるということはこのBlogも終わらなければならないということです。
最後までこのBlogも頑張りたいと思います。
なでしこリーグDiv1第12節 浦和レッズレディースvsTASAKIペルーレ ゲームレポート

ゲームレポートと言っても、私は現地へ応援に行けておりませんので、サポ仲間のBlogをリンクします。若手サポ渾身のレポートですのでぜひご覧下さい。
このゲームは、ペルーレサポにとってはたまらないゲームだったようです。齋田選手のPKストップや坂井選手の決勝ゴール、田中選手と澤田選手の先発出場と、07年入団組の大活躍でした。坂井選手の決勝ゴールのときはスタジアムは静まり返ったことでしょう。アウェーサポとしては至高の瞬間です、一緒にいたかったなぁ。
次節は、今年初めての淡路島上陸です。(チームは2試合目ですが私は今年初なんです)気合を入れていくぞ!

なでしこオールスター2008 ペルーレブースで4選手が販売・サイン会
8月31日に行なわれるなでしこオールスター2008のペルーレブースにおいて、山本絵美選手、白鳥綾選手、田中明日菜選手、澤田由佳選手が販売およびサイン会を行います。(TASAKI公式
昨年に続き、選手がグッズ販売を担当します。今年はサイン会も行うようです。白鳥選手と澤田選手は昨年に続いての登場です。山本選手と田中選手は初登場です。ペルーレでは、リーグ戦の会場でのグッズ販売を選手が担当しますが、さすがにレギュラー選手がグッズ販売することはありません。なので、山本選手や田中選手と直接お話できる機会はそうありません。いい機会だと思います。人気の高い山本選手ですのでたくさん人が集まりそうです。
他チームのブースにも選手が登場すると思いますが、どんな選手が来るのかも楽しみです。
リーグ前半戦を振り返って(ペルーレ編その2)
今日はゴール・アシストの記録を見てみます。
ゴール数ランキングは以下のとおりです。

氏名

ゴール数

 大谷未央10
 大石沙弥香5
 山本絵美5
 白鳥綾2
 阪口夢穂1
 甲斐潤子1
 清原万里江1
 下小鶴綾1
 田中明日菜1
 澤田由佳1

さすがの大谷選手が10ゴールで最多です。この時点で前人未到のリーグ通算150ゴールまであと3っつです。
大石選手が頑張って山本選手とともに2位です。白鳥選手の2ゴール以下は1ゴールの選手が並びますが、田中選手と澤田選手はリーグ戦初ゴールになります。清原選手は、2シーズン連続で挙げた開幕ゴールのみとなっています。坂井選手が今シーズンまだゴールがありませんので後半戦に期待したいとも思います。

アシストランキングは以下のとおりです。(あくまでアシスト数は私見です)

氏名

アシスト数

 山本絵美5
 阪口夢穂5
 大谷未央4
 甲斐潤子2
 大石沙弥香2
 佐野弘子1
 清原万里江1
 澤田由佳1
 中岡麻衣子1
 坂井優紀1

山本選手と阪口選手がトップです。さすがに中盤の起点にある選手ですね。甲斐選手と佐野選手のアシスト数が増えてくると攻撃の幅が増えて必然的にゴール数も増えるような気がします。
澤田選手のアシストはリーグ戦初アシストになっています。このときは、まわりからずいぶん称えられていました。

ゴール数もアシスト数も後半戦はもっともっと積み上げて、巻き返しを図って欲しいと思います。
リーグ前半戦を振り返って(ペルーレ編その1)
ペルーレの前半戦を振り返りたいと思います。
前半戦成績
11試合5勝1分5敗  勝点16
得点28 失点22 得失点差6
なかなか厳しい成績で前半を折り返しました。
11試合すべてで得点を挙げており0封で負けていることはありません。ただし、失点が多く勝ち星を挙げることができていません。
出場選手を見てみると、なかなか先発メンバーが落ち着かず色々と選手をやりくりしているように見えました。
以下、各選手の出場時間

氏名出場時間出場試合数
池田浩美990 11
阪口夢穂990 11
甲斐潤子985 11
山本絵美982 11
大谷未央979 11
佐野弘子884 10
下小鶴綾810 9
中岡麻衣子708 11
大石沙弥香652 11
佐々木香織630 7
白鳥綾616 10
田中明日菜502 11
齋田由貴360 4
坂井優紀330 8
清原万里江252 6
河上恵美子114 5
澤田由佳78 5
島村裕子20 1
田頭陽子8 1
朝日麗華0 0
佐伯彩0 0
福場也実0 0

フルタイム出場は、池田選手と阪口選手の代表組みのみです。
フルタイムではありませんが、全試合出場は、甲斐選手、山本選手、大谷選手、中岡選手、大石選手、田中選手の6選手です。
そして、今シーズン新加入の島村選手がデビューを果たしています。
大谷選手 ジャンクSPORTSに出演
ペルーレの大谷未央選手がフジTV系の「ジャンクSPORTS」に6月15日出演します。(ジャンクSPORTSサイト
今までなら、山本選手が出演しているのかなといった感じですが、今回は大谷選手です。フジTVもなかなか渋い選択だと思います。(代表選手がアジアカップで居ないので必然的に絞られてくるのだと思いますが)
くしくも、リーグ戦中断後の再開第1戦のベレーザ戦がある日です。是非とも勝利を見た後に、TVでも楽しめればと思います。
ペルーレのリーグ序盤戦を振り返る
今日はペルーレの序盤戦の成績を数字で少し振り返ってみたいと思います。
今シーズンのペルーレは、6節まで成績が 3勝1分2敗 勝点10 です。昨シーズンは、ご存知のとおり破竹の勢いで連勝街道ばく進中でした。6勝負けなし 勝点18の成績です。
得失点数を見てみると
昨シーズンは、17得点7失点の得失点差は+10
今シーズンは、15得点10失点の得失点差は+5
の成績です。確かに数字が成績を物語っていると思いますが、得点数だけ見てみると昨シーズンと遜色ないような気がします。レギュラーFWが抜けて心配されたところですが大谷選手の好調などで得点はそこそこ取れているようです。失点数を見てみると、増えているようですが、その内訳では、INAC戦だけで7失点しているのでそれ以外のゲームでは頑張っているように見えます。

あまり意味がない比較だったかもしれませんが少し気になったので個人的に調べてみました。
ペルーレの2008シーズンを展望
リーグ全体の展望や各チームのプレビューはしましたが、肝心のペルーレについてもう少し掘り下げて考察してみます。
今シーズンの変化として、レギュラーFWが移籍で退団したことでしょうか。今までも、レギュラーのツートップのどちらかが不在の時期はありましたが、このときも、フォーメーション変更で対応したり、新戦力が出てきたりしてしのいできました。ただ、今回は、単純に抜けたFWの後に別の選手をはめ込むだけではすまないと思います。ここは、チームとしてどのように取り組んでいくのか注目するとともに非常に楽しみです。
中盤より後ろはメンバーが変わることは無いと思いますが、昨シーズンを棒に振った中岡選手がどのように起用されるか見てみたいです。山本選手をボランチから一つ上げて、そこに中岡選手が入るか、それとももっと違ったサプライズがあるかは明日分かります。昨年は中盤で起用されていた大石選手がFWへ復帰するかそれともMFでブレークするか注目したいですね。
DFラインの4人は不動でしょう。若手がどれだけのこDF陣に食い込むか期待します。
GKは、今シーズンも高校の先輩後輩の争いになりますが、齋田選手が佐々木選手にどこまで迫れるか、それともいきなり開幕から先発の座を射止めるか、明日を待ちましょう。

いろいろとメンバー及びフォーメーションを考えてみましたが、ここで発表すると明日恥をかくだけですので自分のメモに書いておくだけにしておきます。

昨年、勝点1に泣いた悔しさを忘れずに、Andiamo a vincere!!!
2008シーズンユニフォーム
2008シーズンのレプリカユニフォームが着ました。

新ユニ

今回もしっかりと№9をつけさせていただきました。
ペルーレ 2008シーズン日程

ペルーレの2008年リーグ戦の日程をみて感想を書きたいと思います。

第1節  4月13日(日)H 伊賀FC 11:30 三木総合防災公園陸上競技場
第2節  4月20日(日)A 新  潟  12:00 ビッグスワンスタジアム
第3節  4月26日(土)H 浦  和 13:00 アスパ五色
第4節  4月29日(火) A INAC 13:00 神戸ユニバ総合運動公園競技場
第5節  5月 3日(土) H 湯郷ベル 13:00 神戸ユニバ総合運動公園競技場
第6節  5月11日(日) A マリーゼ 13:00 Jヴィレッジスタジアム
第7節  6月15日(日) H ベレーザ 11:30 ホームズスタジアム神戸
第8節  6月22日(日) A 伊賀FC 12:00 上野運動公園競技場
第9節  6月29日(日) H 新  潟 11:30 神戸ユニバ総合運動公園競技場
第10節  7月 6日(日) A 湯郷ベル 13:00 美作ラグビー・サッカー場
第11節  7月13日(日) H INAC 13:00 姫路市立陸上競技場
第12節  9月 7日(日) A 浦  和 13:00 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
第13節  9月14日(日) H マリーゼ 11:30 アスパ五色
第14節  9月21日(日) A ベレーザ 13:00 夢の島陸上競技場
第15節 10月12日(日) H 伊賀FC 11:30 ホームズスタジアム神戸
第16節 10月19日(日) A 新  潟 12:00 胎内市陸上競技場
第17節 10月26日(日) H 湯郷ベル 14:00 アスパ五色
第18節 11月 2日(日) H INAC 13:00 アスパ五色
第19節 11月 8日(土) H 浦  和 11:30 ホームズスタジアム神戸
第20節 11月16日(日) A マリーゼ 13:00 Jヴィレッジスタジアム
第21節 11月23日(日) A ベレーザ 13:00 駒沢公園陸上競技場

今シーズンも3回戦総当りの全21節 ホーム11試合、アウェー10試合となっています。
開幕戦は、三木防災に伊賀FCを迎えますが、今シーズンの三木防災はこの1試合のみです。
会場別に見ると、ホームは、三木防災 1試合、アスパ五色 4試合、神戸ユニバ 2試合(アウェー1試合)、ホームズスタジアム 3試合、姫路 1試合、となっています。ホムスタは、すばらしいスタジアムなんですが、あまりいい印象が無いのです...そして、対戦相手およびそのサポにとって脅威のアウェーとなるアスパ五色で4試合もあります。神戸ダービーは、ユニバ、姫路、アスパ五色で開催されます。
アウェーの会場に目を移すと、第2節にビッグスワンでの戦いがあります。これは、楽しみです。今から遠征する気満々ですが、昨年このビッグスワンでベレーザが思わぬ苦戦を喫しているので油断なりません。(第2節の新潟遠征は現在詳細計画立案中です。)そして新潟とはもう1試合アウェーが待っています。胎内ってどこ...って、地図を見てみると、山形が目の前じゃないですか!昨年の新発田より遠いではないですか。厳しいアウェーです。厳しいウェーといえば、Jヴィレッジで2試合あります。今まで行った事がないJヴィレですが、今年はいっちょ行きますか!(って本当にいけるのかな)上野と美作は行き慣れたところなのでOK!浦和との唯一のアウェーは熊谷です。これまた、遠いところです。1昨年の試合では、前泊で行って、埼玉在住の後輩と一杯やった事を思い出します。ベレーザ戦の2試合は、夢の島と駒沢です。夢の島はJで何回か行っています。駒沢はスーパーカップ以来かな。
仮に全会場に行けたとすると、初めてのスタジアムは、ビッグスワン、Jヴィレ、胎内となります。(夢の島は、女子サッカーでは初めてです)

こうやって、新シーズンを楽しみにしていますが、もう来週には開幕です。今年は、例年より開幕が早いので準備がばたばたです。(笑)(でもゲーフラは今日作りましたよ)

TASAKIペルーレFC 2008年度背番号
TASAKIペルーレFCの2008年度の背番号が発表されました。(けーちゃんずわーるどより)

 1 GK 齋田由貴
 2 DF 朝日麗華
 3 DF 河上恵実子 
 4 DF 甲斐潤子
 5 DF 池田浩美
 6 MF 佐野弘子  キャプテン
 7 MF 山本絵美
 8 FW 大石沙弥香
 9 FW 大谷未央
10 MF 阪口夢穂
11 FW 田頭陽子
12 MF 中岡麻衣子 副キャプテン
13 FW 島村裕子  新加入
14 MF 清原万里江
15 DF 下小鶴綾
16 GK 佐々木香織
17 DF 白鳥綾   副キャプテン
18 MF 田中明日菜
19 FW 坂井優紀
20 MF 澤田由佳
22 MF 佐伯彩    新加入
23 MF 福場也実   新加入

新チームのメンバーと背番号が発表されました。(と言いましても、先輩サポサイトより引用させていただきました)
キャプテン、副キャプテンも発表されました。
キャプテンは、佐野弘子選手。副キャプテンは、白鳥綾選手、中岡麻衣子選手です。
1名退団し、3名入団で計22選手で2008年シーズンを戦うことになります。
背番号11は田頭選手が背負います。空いた13番は新入団の島村選手がつけます。
新入団選手は、佐伯選手が22番、福場選手が23番をつけます。
それ以外の選手は昨年と同じ背番号で戦います。
さぁ、背番号も発表され、キャプテン、副キャプテンも発表されました。徐々にシーズン開幕が近づいてきています。
TASAKIペルーレFC 2008年度スローガン
TASAKIペルーレFCの2008年度のスローガンが発表されました。(TASAKI公式

「Andiamo a Vincere(勝利に向かって行こう)!!!」
(アンディアーモ ア ヴィンチェレ)

文字通り優勝を目指して勝利に向かって行こう!!!
サポータも一緒に勝利に向かって行こう!!!
TASAKIペルーレ 新入団選手
ペルーレの新入団選手が発表されました。(TASAKI公式

島村裕子(しまむらゆうこ) FW
生年月日:1985.5.22
大阪・大阪体育大学

佐伯彩(さえきあや) MF
生年月日:1989.4.15
静岡・藤枝順心高校

福場也実(ふくばなりみ) MF
生年月日:1989.10.22
広島・山陽女学院高等部 

そろそろ、発表の時期かなと思っていたのですが、今年は3人の新入団のようです。
島村選手は大体大で11番を背負っていた選手です。今年抜けた11番の変わりに活躍できるように頑張ってほしいものです。佐伯選手は藤枝順心高校ですので、全女や忍びの里でたぶんプレーを見ているはずなんですが、すみません印象に残ってないです。これは、島村選手にもいえるのですが...
福場選手は広島の山陽女学院からの入団ですが、すみません、こちらは高校名すら知りませんでした。
昨年入団した4人は、しっかりと1年目でリーグ戦に出場しました。3人も負けずに頑張って欲しいと思います。
鈴木智子選手 INACへ移籍
TASAKIペルーレのFW・鈴木智子選手のINACへの移籍が発表されました。(TASAKI公式
なっなんと、今年もレギュラー選手が移籍をしてしまいます。
鈴木選手といえば大谷選手とのツートップでペルーレで多くの得点を挙げていて、中心選手として活躍していました。それだけに、この移籍は非常に驚きです。しかもINACという神戸のライバルチームへの移籍です。
ぼちぼち、ペルーレの移籍選手情報が出てくるかなと思っていたのですが、なんとも驚きの移籍情報です。
ペルーレサポータの中には、トモファンが多いだけに...大変です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。