Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFC女子アジアカップ2006 最終日

AFC女子アジアカップ2006 最終日結果
日本 2×3 北朝鮮
オーストラリア 2(2PK4)2 中国

この結果、優勝:中国、2位:オーストラリア、3位:北朝鮮、4位:日本となりました。
オーストラリアと北朝鮮がワールドカップへの出場権を獲得しました。
残念ながら、われらが日本代表は、北中米カリブ海予選第3位チームとのプレーオフへまわりました。まさに、オーストラリアがAFCに転籍して割を食ってしまった形になりました。(U-20といい何とも言葉がありません)
ただ、まだ出場できないわけではありません、プレーオフに勝利すればワールドカップに出場できます。だぶん前回同様ホームアンドアウェーの戦いになると思いますので、また大変な戦いが待っています。

【公式記録】
日本 2×3 北朝鮮
得点者:RI,Un Suk(23分)、RI,Un Gyong(33分、39分)、安藤(43分)、永里(89分)

日本代表メンバー
GK 福元
DF 磯崎、下小鶴、矢野、安藤(46分→大谷、81分→阪口)
MF 酒井、柳田、澤、宮間、大野(46分→荒川)
FW 永里

プレーオフまではまだ時間があると思います。選手選考も含めて立て直して欲しいと思います。
これは、大橋監督だけでなく、サッカー協会挙げて対策を練って欲しいと思います。是非とも、敗戦の検証を!川淵キャプテンお願いします!

スポンサーサイト
最終日前夜
AFC女子アジアカップ2006も残すところ、3位決定戦と決勝戦のみとなりました。
日本代表は、3位決定戦で北朝鮮と戦います。ただの3位決定戦ではなく、ワールドカップ出場をかけた決戦になります。
準決勝の敗戦からの切り替えは大変だと思いますが、百戦錬磨のベテラン中堅選手を中心に是非とも盛り返してもらいたいと思います。(試合終了後、磯崎キャプテンと澤選手、酒井選手が話し合ったというニュースもあります)

なでしこジャパン、オーストラリアに破れ、3位決定戦に本大会出場を懸ける
2002World.comに準決勝のオーストラリア戦のレポートがアップされていました。いつも女子サッカーをレポートされている西森氏のレポートですが、西森氏も、ターンオーバーについて少し疑問を投げかけられていました。日程的にも圧倒的に優位だっただけに悔やまれます。
しかし、済んだことを悔やんでも仕方ありません。
とにかく、明日の決戦に全力でぶつかっていって欲しいと思います。
がんばれ!なでしこジャパン!
AFC女子アジアカップ2006 情報

27日の準決勝で中国に敗れた北朝鮮の選手で、3位決定戦への出場停止になった選手が出ました。(AFC公式サイト)
ゲーム終了後に、レフェリーに暴力をふるってレッドカードを受けていたGK以外に、DF2人も出場停止になりました。ニューズで映像を見ましたが、非常に残念な気持ちになりました。昨年の男子のワールドカップ予選を思い出されるようなシーンでした。
ただ、日本代表は、この出来事に関係なく全力で戦って、是非ともワールドカップの切符を手に入れて欲しいと思います。

AFC女子アジアカップ2006 9日目(準決勝)
AFC女子アジアカップ2006 9日目結果
日本 0×2 オーストラリア
北朝鮮 0×1 中国

残念ながら、日本代表はオーストラリアに敗れました。ゲームのTV観戦ができていないので、感想がかけませんが、選手達は精一杯戦った結果だと思います。
切り換え!切り換え!北朝鮮が敗れたので、3位決定戦に勝てばまだ出場権を獲得できます。2年前の国立を思い出して、是非ともこのゲームでワールドカップの出場権を獲って欲しいと思います。今、ニュースを見ましたが、北朝鮮×中国戦で事件があったようです。北朝鮮選手で3位決定戦に出場できない選手が出そうです。

【公式記録】
日本 0×2 オーストラリア
得点者:MUNOZ(10分)、PETERS(45分)
日本代表メンバー
GK 福元
DF 磯崎、下小鶴、矢野、安藤(75分→大谷)
MF 柳田、澤、中岡(46分→酒井)、宮間(46分→阪口)、大野
FW 永里

AFC女子アジアカップ2006 8日目
AFC女子アジアカップ2006 8日目結果
タイ 0×5 オーストラリア
北朝鮮 1×0 韓国

グループB順位表
           勝点 得失点差
1位 北朝鮮     10  13
2位 オーストラリア 10  11
3位 韓国       6   8
4位 タイ       3 -24
5位 ミャンマー    0  -8

オーストラリアがタイに圧勝しましたが、北朝鮮も韓国に勝ったため、得失点差で、北朝鮮の1位、オーストラリアの2位が決まりました。
これで、準決勝の対戦は
日本 × オーストラリア
北朝鮮 × 中国
となりました。
日本代表の準決勝の相手がオーストラリアになりました。
U-20女子アジア選手権で、悔しい敗戦を喫した相手です、特に、永里選手、阪口選手、岩清水選手にとっては、負けられない相手だと思います。またもや、世界大会への切符をかけた戦いになりますが、臆することなく挑んでいって欲しい思います。
次のゲームは地上波TV観戦ができるので嬉しいのですが、19時台の放送は録画だと思いますので、すでに結果を知って上での観戦は微妙かな...
なんにしても、後一つだ!頑張れ!なでしこジャパン!
AFC女子アジアカップ2006 7日目

AFC女子アジアカップ2006 7日目結果
中国 0×1 日本
チャイニーズタイペイ 0×1 ヴェトナム

日本が勝って1位でグループリーグ突破を決定しました。
最近勝ててなかった中国に勝っちゃいましたねぇ。日本代表は順調に準決勝へ進みました。あとは、準決勝の相手はどこかと言うことですが、相性と言う点ではオーストラリアの方がいいかもしれませんが、オーストラリアにはホームアドバンテージがあるので、何とも言えませんねぇ。どこが来ても思い切ってた戦って欲しいと思います。

【公式記録】
中国 0×1 日本
得点:宮間(18分)
日本代表メンバー
GK 福元
DF 磯崎、下小鶴、矢野、安藤
MF 柳田、澤、中岡、宮間
FW 大谷(25分→大野、92分→阪口)

日本代表が前半に宮間選手が挙げた虎の子の得点を守りきり勝ちました。
映像を見ていないので何ともコメントができませんが、大谷選手の交代が早すぎたのが少し気になります。最後の阪口選手の交代は時間稼ぎ?
メンバー構成を見ると3戦とも、微妙に代えてきて、このゲームでは酒井選手を休ませて中岡選手がフル出場しています。どうも、大橋監督は、あからさまなターンオーバーを使わずに、少しずつメンバーを入れ替える方法をとっているように思えてきました。
さぁ、次は準決勝です。ワールドカップ出場権のかかる大一番です。
がんばれ!なでしこジャパン!!

AFC女子アジアカップ2006 6日目
AFC女子アジアカップ2006 6日目の結果
韓国 3×1 ミャンマー
オーストラリア 0×0 北朝鮮

オーストラリアと北朝鮮はスコアレスドローでした。
これで、最終節まで準決勝へ勝ち抜けるチームは決まりませんでした。
グループBの順位表
            勝点  得失点差
1位 北朝鮮       7    12  
2位 オーストラリア   7     6
3位 韓国        6     9
4位 タイ        3   -19
5位 ミャンマー     0    -8

オーストラリアは、最終戦がタイなのでおそらく準決勝進出は硬いと思います。
北朝鮮と韓国は勝ったチームが準決勝へ進出します。ドローだと北朝鮮の勝ち抜けです。
いずれにしても、激しい最終節になりそうです。
AFC女子アジアカップ2006 5日目

AFC女子アジアカップ2006 第5日目結果
チャイニーズタイペイ 1×11 日本
ヴェトナム 0×2 中国

日本代表は大勝をかざりました。しかし、また何とも11点とは...調整にもならないのではと思ってしまいます。ただ、1失点が気になりますが、これは、また映像で確認したいと思います。と言っても、まだ先の話ですが(笑)
中国も勝ったことにより、日本と中国が準決勝進出が決まりました。

【公式記録】
チャイニーズタイペイ 1×11日本
チャイニーズタイペイ:I.L.HSIEH(35分)
日本:大野(9分)、永里(29分、33分、46分、71分、92分+)、澤(38分、80分)、阪口(48分、89分)、柳田(68分)
日本メンバー
GK 福元
DF 磯崎、下小鶴、矢野(74分→四方)、安藤
MF 酒井(62分→中岡)、柳田、澤、宮間(46分→阪口)、大野
FW 永里

永里選手は5点ですか...いやぁ、すごいですね。澤選手も2得点、そして、そして、前のゲームでA代表デビュー2ゴールを成し遂げた阪口選手がまた2得点です。豪快な勝ち方をしましたが、少し気になることが...素人の戯言としてきいてください。
気になったのは、1失点のことではありません。私はてっきり、ターンオーバーを使ってくると思っていたのですが、大きくメンバーをいじることなく第2戦を戦いました。大橋監督が、あくまで準決勝にピークを持っていく戦いをしていくのでれば、逆算してターンオーバーを使って、選手を休ませるだけでなく、出番の少ない選手に経験を積む場を作ってもよいのでないかと思います。それと...いや、言いたいことはまだありますが、ここは、代表が勝ち進むことだけを信じて声援を送ることにします。
次の中国戦は、怪我することなく乗り切って、そして、準決勝で最高のパフォーマンスを見せて欲しいと思います。
がんばれ!なでしこジャパン!

AFC女子アジアカップ2006 4日目
AFC女子アジアカップ2006 4日目結果
グループB
北朝鮮 3×0 ミャンマー
韓国 11×0 タイ

11対0とは...何とも、韓国が豪快な勝ち方をしました。北朝鮮も確実に勝っています。
でも、この実力差が、アジアの女子サッカーの現実だと思います。
FIFAランク上位5チームの実力が抜きん出ている状況で、それ以外のチームは、まだまだ発展途上でこれからのチームが多いと言うことだと思います。
ただ、ここ2試合大敗しているタイにとっても、貴重な経験になっていると思います。

さぁ、明日は日本代表がチャイニーズタイペイと戦います。日本が勝って、中国も勝つと、この2チームの決勝トーナメント進出が早々に決まります。明日、決めてしまいましょう!
AFC女子アジアカップ2006 3日目

AFC女子アジアカップ2006 3日目結果
中国 2×0 チャイニーズタイペイ
日本 5×0 ヴェトナム

うん、快勝です!幸先よしです。
このゲームで、阪口選手がA代表デビューを果たしました!で、その上、2得点をたたき出し、最高のA代表デビューです!

【公式記録】
日本 5×0 ヴェトナム
得点者:澤×2(39分、52分)、阪口×2(65分、78分)、永里(81分)
日本代表メンバー
GK 福元
DF 磯崎
DF 下小鶴
DF 矢野
DF 岩清水
MF 酒井
MF 柳田
MF 澤
MF 大野(→77分・宮間)
FW 荒川(→46分・永里)
FW 大谷(→62分・阪口)

AFC女子アジアカップ2006 2日目
AFC女子アジアカップ2006 2日目の結果
タイ 0×9 北朝鮮
ミャンマー 0×2 オーストラリア

北朝鮮の初戦ですが、9点とはすごいですね。
ミャンマーはオーストラリア相手に善戦したようですが、オーストラリアはメンバーを落としていたのかな。
さぁ、いよいよ明日は、わが日本代表の初戦です。ベトナム相手に爽快に勝って欲しいと思います。
がんばれ!なでしこジャパン
女子アジアカップ2006 第1日目

女子アジアカップ2006が昨日開幕しました。
昨日の結果
グループB
ミャンマー 1×2 タイ
オーストラリア 4×0 韓国

昨年の東アジア大会で優勝した韓国が、今シーズンからAFCに転籍してきたオーストラリアに完敗しました。やはり、オーストラリアは不気味な存在でした。これで、韓国は決勝トーナメント進出には北朝鮮に勝たないといけない状況になってきました。
つくづく、日本はAグループでよかったと思います。かと言って、グループリーグは、気を抜けるわけでもありません。日本は、19日にベトナムと初戦を戦います。がんばれ!なでしこジャパン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。