Forza!TASAKIペルーレFC
女子サッカーなでしこリーグに所属するTASAKIペルーレFCを応援しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャレンジ大分国体 女子サッカー最終日 結果

チャレンジ大分国体女子サッカー最終日結果

【3位決定戦】
岡山県 2×0 三重県
【決勝戦】
兵庫県 0×2 埼玉県 


この結果
優勝:埼玉県 準優勝:兵庫県 3位:岡山県となりました。
どのチームも4日間連戦で体力的にも大変だったと思います。
選手の皆さん、関係者の皆さん、そして大分国体をサポートされた皆さんお疲れ様でした。

スポンサーサイト

テーマ:★☆女子サッカー☆★ - ジャンル:スポーツ

チャレンジ大分国体 女子サッカー準決勝 結果
大分国体女子サッカー 準決勝結果

【準決勝】
兵庫県 3×2 岡山県
埼玉県 3×0 三重県

兵庫県が開始直後に失点しましたが逆転で勝利しています。
埼玉県は三重県相手に快勝しています。
この結果、明日の決勝戦は兵庫県と埼玉県の戦いになります。

【3位決定戦】
岡山県 × 三重県
【決勝戦】
兵庫県 × 埼玉県 
チャレンジ大分国体 女子サッカー2回戦 結果
大分国体女子サッカー2回戦結果

【2回戦】
兵庫県 2×1 新潟県(延長)
北海道 0×3 岡山県
埼玉県 4×0 福岡県
東京都 0×1 三重県

なでしこリーグDiv1チーム同士の戦いは、延長戦の末兵庫県が勝利しました。
そのほかは、なでしこリーグDiv1チームが順当に勝ちあがっています。
いよいよ明日は準決勝ですが、この辺りから連戦の影響が出てくるころだと思います。

【準決勝】
兵庫県 × 岡山県
埼玉県 × 三重県
チャレンジ大分国体 女子サッカー1回戦 結果
チャレンジ大分国体女子サッカー1回戦結果

【1回戦】
兵庫県 2×0 鹿児島県
高知県 0×7 新潟県
北海道 5×0 佐賀県
福島県 1×2 岡山県
埼玉県 2×1 愛知県
宮城県 1×3 福岡県
大分県 0×2 東京都
広島県 0×2 三重県

なでしこリーグDiv1のチームや選手中心で臨んでいるチームが順当に勝っています。
兵庫県は、若手選手のゴールで勝っています。
岡山県の得点で杉本選手がゴールを挙げていますが、おそらく吉備国大の杉本恵理選手だと思います。マリーゼの選手が多い福島県を相手に活躍しているようです。

【2回戦】
兵庫県 × 新潟県
北海道 × 岡山県
埼玉県 × 福岡県
東京都 × 三重県

いよいよ、なでしこリーグチーム同士の戦いが始まります。特に、兵庫県と新潟県の戦いはDiv1チーム同士の戦いになります。ただ、いつもと、メンバーは違うしレギュレーションも違うのでレギュラーシーズンの対戦がそのままになるとは限りません。





明日から国体女子サッカー開幕

明日からチャレンジ大分国体の女子サッカー競技が始まります。
1回戦の組み合わせは次のとおりです。
【1回戦】
兵庫県 × 鹿児島県
高知県 × 新潟県
北海道 × 佐賀県
福島県 × 岡山県
埼玉県 × 愛知県
宮城県 × 福岡県
大分県 × 東京都
広島県 × 三重県

4日間連続の過酷なトーナメントが始まります。
各チーム頂点を目指して頑張って欲しいと思います。

国体 女子サッカー兵庫県代表メンバー

大分国体の女子サッカーに出場する兵庫県代表メンバー(TASAKIペルーレ単独チーム)が発表されました。

1 DF 白鳥綾
2 DF 朝日麗華
3 MF 中岡麻衣子
4 DF 甲斐潤子
5 DF 池田浩美
6 DF 佐野弘子
7 MF 山本絵美
8 FW 大石沙弥香
9 FW 大谷未央
10 MF 阪口夢穂
11 FW 田頭陽子
12 GK 齋田由貴
13 MF 佐伯彩
14 MF 澤田由佳
15 DF 下小鶴綾

昨年までは、監督で登録した選手が出場できたので16名エントリーできましたが、今年からは監督に登録できるライセンスが変わったため、選手が監督登録できなかったようです。また、田中選手、坂井選手がU-20フランス遠征メンバーに選ばれているのでここには入っていません。
それにしても、勝ち続けると4日間連続で試合を行なうことになります。これを15人で戦うこと自体無理があるような気がします。確かに、国体をコンパクトにする必要はあると思いますが、ちょっと選手には過酷なレギュレーションのような気がします。

【国体予選】大分国体 近畿地区代表決定
大分国体女子サッカー 近畿地区代表決定戦
兵庫県 2×0 京都府
得点者:山本 大谷

ペルーレ単独チームで挑んでいる兵庫県チームが京都府を下して大分国体本選への出場を決めました。
昨日は、若手を試しているような感じでしたが、今日はエース大谷選手が出場し得点もあげて勝利しました。
【国体予選】大分国体 近畿予選2回戦
今年大分で行なわれる国体のサッカー競技の近畿予選が滋賀県のビッグレイクで3カテゴリー行なわれています。
今日は、2回戦に兵庫代表でペルーレが出場するので応援に行きました。
結果は、 兵庫県5×0滋賀県 で兵庫県が勝利しました。
国体予選は初めてだったんですが、兵庫県代表としてペルーレが出場しているのですが、相手が滋賀県だったので小さな葛藤がありつつも兵庫県を応援していました。
普段のリーグ戦とは違う35分ハーフで途中に給水タイムある独特のレギュレーションで戦われています。
明日は決勝戦が行なわれますので、また応援に行きたいと思います。
それにしても、今日初めてビッグレイクへいきましたが、なんともすばらしいサッカー練習場でした。滋賀県としてはあとは1万人以上収容できるスタジアムがあればサッカーが盛り上がるのでしょうけれども...
わか杉国体 サッカー女子 最終日結果
わか杉国体サッカー女子最終日結果

【3位決定戦】
埼玉県 3-1 岡山県

【決勝】
兵庫県 2-0 三重県


兵庫県が、三重県を破って、昨年、地元開催で果たせなかった優勝を成し遂げました。
3位決定戦は、埼玉県が岡山県を破っています。
これで、連戦続きの国体が終わりました。ひょっとすると、なでしこリーグの選手、チームが参加する国体はこれが最後になるかもしれません。(スポニチ
さぁ、来週の月曜日にはリーグ戦が再開します。
国体で優勝を飾ったペルーレは、早々に、浦和・ベレーザと強豪との連戦になります。ここを乗り切らないと優勝が見えてきません。我々サポータも気合を入れて頑張ります。
わか杉国体 サッカー女子 3日目結果
わか杉国体サッカー女子3日目結果

【準決勝】
三重県  3-1 岡山県
兵庫県  2-1 埼玉県

伊賀FCくノ一のメンバーで固めた三重県と、ペルーレのメンバーで固めた兵庫県が決勝へ進出しました。兵庫にとっては、昨年の地元国体で三重県に苦杯をなめているのでそのリベンジを果たしたいところです。でも、兵庫の大谷選手の得点力はさすがですね。
わか杉国体 サッカー女子 2日目結果
わか杉国体サッカー女子2日目結果

【2回戦】
三重県  3-1 新潟県
岡山県  2-0 福岡県
兵庫県  4-1 福島県
埼玉県 10-2 北海道

なでしこリーグDiv1所属チームで固めた県が順調に勝利を挙げています。
三重県は連覇に向けて順調に勝ち進んでいます。
埼玉県は2試合連続の2桁得点で勝っています。
わか杉国体 サッカー女子 1日目結果

秋田県で行われている、わか杉国体は、サッカー女子競技の初日・1回戦8試合が行われました。
わか杉国体サッカー女子1日目結果

【1回戦】
三重県  4-0 千葉県
新潟県  1-0 秋田県
福岡県  4-1 高知県
岡山県  3-0 大阪府
兵庫県  9-0 神奈川県
福島県  4-0 熊本県
北海道  2-1 福井県
埼玉県 10-0 徳島県

なでしこリーグ所属チームで固めた県が順調に勝利を挙げています。2回戦以降は、そのチーム同士の戦いになります。

秋田わか杉国体開幕
秋田わか杉国体が今日開幕しました。
サッカー女子競技は、10月1日から4日まで行われます。休み無しの4日間連続でゲームが続きます。いつもの事ながら、もう少し余裕を持った認定にならないものかのかなと思います。(おそらく、宿泊費など滞在にかかる費用や運営費用の問題もあるのでしょうが)せめて決勝戦は土日にするとか出来ないのでしょうか。
のじぎく国体 成年女子サッカー 最終日 結果
のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 最終日結果

<決勝戦>
三重県  1×0  埼玉県
 【得点者】≪三重≫小野
<3位決定戦>
兵庫県  3×0  岡山県
 【得点者】≪兵庫≫OG、山本、大石

三重県が優勝を果たしました。リーグ戦では、苦戦が続いていた伊賀FCですが、国体で意地を見せました。これで、弾みをつけて降格争いから早く抜け出たいところですね。
3位決定戦は、地元兵庫県が勝利をおさめました。この2チームは、リーグ戦でも、まだ、対戦が残っています。ペルーレとしては、良いイメージで望めそうです。

国体に挑まれた選手・スタッフの皆さん、大会運営のスタッフの皆さん、そしてサポータの皆さん、お疲れ様でした。
さぁ、これで、国体が終わりました。次は、リーグ戦の終盤です。気持ちを切り替えて、再スタートを切りましょう!




【プレビュー】のじぎく兵庫国体 最終日
明日、いよいよ、のじぎく兵庫国体成年女子サッカーの最終日を迎えます。

<3位決定戦>
兵庫県  ×  岡山県  11:00
<決勝戦>
三重県  ×  埼玉県  13:30

3位決定戦は、今年の国体開催県と昨年の国体開催県の戦いになりました。地元優勝を狙った兵庫県は、最低でも3位には入りたいところです。この両チームは、もう一度、なでしこリーグの上位リーグで対戦します。その、前哨戦としても注目です。
三重県と埼玉県の決勝戦は、今年、リーグ戦ではいまひとつの三重県が巻き返しを図るか、埼玉県がプロ選手抜きでも強いところを見せるかが注目です。
のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 準決勝 結果

のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 準決勝結果

兵庫県  0×2 三重県
 【得点者】≪三重≫小野×2
岡山県  1×4 埼玉県
 【得点者】≪埼玉≫北本×3、若林
      
≪岡山≫宮間

※のじぎく兵庫国体公式サイト参照

ベスト4が出揃いました。
地元での優勝を狙った兵庫県は、三重県の前に敗れ去りました。お互いに、なでしこリーグの単独チームで出場しているのでお互いに手の内を知っているもの同士だと思いますが、リーグ戦の結果とはうらはらの結果となりました。
もう一つの準決勝は、埼玉県・北本選手のハットトリックで勝ちました。なでしこリーグの上位リーグで再度戦う相手ですが、埼玉県が強さを見せました。

【プレビュー】のじぎく兵庫国体 準決勝

明日の、のじぎく兵庫国体成年女子サッカー準決勝の組み合わせです

<加古川運動公園陸上競技場>
兵庫県  × 三重県   11:0
0
岡山県  × 埼玉県   13:30

いよいよ、セミファイナルです。どのチームも、なでしこリーグDiv1チームを中心に(あるいは単独で)チームを編成している県です。
兵庫vs三重は、何の因果か、なでしこリーグの前節で直接対戦しています。このときは、TASAKIが3×0で伊賀FCに快勝しています。ただ、明日は、国体です、選手の疲労度やモチベーションの違いがあるので一概にリーグ戦の結果はあてにならないでしょう。
岡山県vs埼玉県は、両チームとも昨年の雪辱を晴らしてベスト4へあがってきました。岡山県は、ほぼ湯郷ベルの選手で固めている反面、埼玉県は、浦和のプロ3選手が居ません。この辺りがどの様に影響してくるかが注目です。
いずれにしても、リーグ戦に負けない熱い戦いになるでしょう。

のじぎく国体 成年女子サッカー 2回戦結果

のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 2回戦結果

埼玉県  1×0 大阪府
 【得点者】≪埼玉≫岩倉
鹿児島県 1×2 岡山県
 【得点者】≪岡山≫城地、福原
兵庫県  2×1 新潟県(延長戦)

 【得点者】≪兵庫≫阪口、田頭
      ≪新潟≫野村
三重県  4×0 千葉県
 【得点者】≪三重≫小野×2、OG、四宮

※のじぎく兵庫国体公式サイト参照

ベスト4が出揃いました。
埼玉県は、接戦の末大阪府を下し、昨年の屈辱を晴らしました。
岡山県も、接戦をものにして、昨年のリベンジを果たしました。
兵庫県は、延長戦にもつれ込み苦戦を強いられましたが、延長後半に、ルーキー田頭選手の公式戦初ゴールでベスト4進出を決めました。さすが、Div2首位のアルビレックス新潟恐るべしです。
三重県は危なげなく、千葉県に勝利をおさめました。

【プレビュー】のじぎく兵庫国体 2回戦

明日の、のじぎく兵庫国体成年女子サッカー2回戦の組み合わせです

<日岡山公園グラウンド>
埼玉県  × 大阪府   11:00
鹿児島県 × 岡山県   13:30
<加古川運動公園陸上競技場>
兵庫県  × 新潟県   11:0
0
三重県  × 千葉県   13:30

いよいよ、ベスト4をかけての戦いになります。
日岡山の2ゲームは、因縁の対決です。2カードとも、昨年の岡山国体の準決勝の組み合わせと同じです。優勝を狙っていた埼玉が、若い選手中心の大阪府に破れ、また、地元での優勝が義務付けられた岡山が、これまた若手で固めた鹿児島県に苦杯を喫しています。埼玉、岡山のリベンジなるか注目です。
加古川の2カードは、順当だとDiv1チーム単独の、兵庫県と三重県が優位だと思います。

のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 1回戦結果

のじぎく兵庫国体 成年女子サッカー 1回戦結果

新潟県  3×1 大分県
 【得点者】≪新潟≫藤巻、田辺、野村
      ≪大分≫田畑
 
兵庫県  4×0 広島県 
 【得点者】≪兵庫≫大石、大谷×2、鈴木
山形県  0×4 千葉県
 【得点者】≪千葉≫吉岡、清水×2、山下実 
福岡県  1×3 三重県
 【得点者】≪三重≫小野、井坂、那須
      ≪福岡≫松窪 
北海道  1×6 埼玉県
 【得点者】≪埼玉≫若林、岩倉、保坂×2、北本、田代
      ≪北海道≫高橋 
静岡県  0×2 大阪府
 【得点者】≪大阪≫伊丹、高橋 
鹿児島県 4×0 高知県 
 【得点者】≪鹿児島≫成合、堂園×2、井出上
福島県  0×1 岡山県(延長戦)
 【得点者】≪岡山≫田中
 

※のじぎく兵庫国体公式サイト参照

大方の予想通りといった結果だったと思います。
福島県と岡山県の対戦は、いずれもなでしこリーグDiv1チームの選手を中心に編成しているだけに、両チームとも譲れない戦いだった思いますが、延長戦で、岡山が勝利を挙げています。
ペルーレの単独チーム兵庫県は、FWそろい踏みで快勝しました。大石選手がまたゴールを挙げています。
今年も、鹿児島県は目が離せない存在ですね。

【プレビュー】のじぎく兵庫国体 1回戦
明日から、のじぎく兵庫国体の成年女子サッカー競技が始まります。
1回戦の組み合わせは以下のとおりです

<日岡山公園グラウンド>
新潟県  × 大分県    9:30
兵庫県  × 広島県   11:30
山形県  × 千葉県   13:30
福岡県  × 三重県   15:30
<加古川運動公園陸上競技場>
北海道  × 埼玉県    9:30
静岡県  × 大阪府   11:30
鹿児島県 × 高知県   13:30
福島県  × 岡山県   15:30

なでしこリーグのチームがすべて出場するわけでもありませんし、なでしこリーグのチームがない道県も出場しており、実力のほどがほとんど分かりません。
ただ、なでしこリーグDiv1所属チームが中心の、兵庫県、三重県、福島県、岡山県、埼玉県、大阪府が上位候補かなといったところくらいです。
今年は、昨年優勝の東京都(ベレーザ単独チーム)が出場していないので、どこも優勝のチャンスがあると思います。特に、兵庫県は地元開催ですので気合充分だと思います。
4日間連戦のハードスケジュールですが、皆さんがんばって欲しいと思います。

のじぎく兵庫国体開会式
のじぎく兵庫国体の開会式が今日行われました。
普段は、国体の開会式を見るよう事はないのですが、今回の国体は他人事でないような気がして、思わずTV観戦をしました。
見慣れた、神戸ユニバでの開会式で、オーロラビジョンの操作は大丈夫かななどと心配しながら見ていました。
兵庫県代表の旗手を、磯崎選手がつとめていたので、意識してみていたのですが、あまりTVには映りませんでしたね。そして、炬火ランナーを大谷選手がつとめました。大谷選手は、名前の紹介入りでした。
磯崎選手、大谷選手の両選手とも、大役お疲れさまでした。次は明後日の本番に向けてがんばって欲しいと思います。
明日、のじぎく国体開幕
明日から、兵庫のじぎく国体が開幕します。
ペルーレサポータも、昨年から、兵庫県内などで行われたLリーグの会場などにおいて、はばたん(のじぎく国体のキャラクターです)グッズなどを配ってPR活動を行ってきたので、開幕を迎えると思うと、感慨深いですね。(ちなみに、私は、兵庫県民ではありませんが(笑))
2日~5日にかけて行われる、成年女子サッカー競技には、ペルーレをはじめ、なでしこリーグのチームや選手や各県の代表として挑みます。残念ながら、昨年優勝の東京都(ベレーザ)は出場しません。
そして、一番の驚きは、成年女子サッカーの決勝戦が、全国ネットで放送されるではありませんか。

10月5日(木) 15:30~16:30 NHK教育

録画放送だとは思いますが、普段は、女子サッカーは、深夜枠かCSぐらいでしか見られないので、楽しみです。
国体 決勝戦のレポート

サッカー応援サイト2002World.comに西森氏の国体決勝戦のレポートがアップされていました。
☆勝つためにやって来た東京。最大のライバルを下して国体女王へ
両チーム監督(国体ではコーチ)の心境などが書かれてあります。
レポートの最後に書かれてあった「日テレ・ベレーザに戻り、さらにパワーアップする彼女たちを止められるのは...」のくだりですが、確かに、今のベレーザと互角に戦えるのは、ペルーレくらいのように思われますが、第1クールでは伊賀FC、第2クールではマリーゼがあわやを演じています。
第3クールでもペルーレ以外のチームにもサプライを起こす可能性があると思います。
来週再開のLリーグが楽しみです。

国体を振り返って

12日で終了した晴れの国おかやま国体成年女子サッカーですが、大方の予想通り、決勝戦は東京(日テレベレーザ単独チーム)vs兵庫(TASAKIペルーレ単独チーム)となりました。
ただし、1回戦からの勝ち上がりに関しては、いくつかのサプライズがありました。
特に、活躍が目立ったのは3位決定戦を戦った、大阪と鹿児島です。
大阪は、平均年齢が19歳の若手主体チームを編成して挑み、準々決勝では見事に前年度の覇者、埼玉を破る金星を上げました。
鹿児島も、同じく準々決勝で開催県の岡山(湯郷ベル)を破る金星を上げました。鹿児島は、若い世代の日本代表を中心に、格上を相手に大いにチャレンジャー精神で打ち破りました。
大阪や鹿児島の若い世代の選手のこれからの活躍が楽しみです。

サッカー応援サイト2002World.comの西森氏の準決勝のレポートがアップされていました。
☆若きチャレンジャーを退け、東京、兵庫がファイナルへ進む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。